Tokyo Days 番外編

自由が丘交番

事件ね。事件。駒沢公園から気分良く帰路へ。横浜のFabricへ行く用事があったので、自由が丘から電車乗って行こうと思ってたんですが、、、、

駒沢公園~自由が丘は緩い下り道が続いて、上手にプッシュとブレーキを使い分けて自由が丘駅へ。数年前にも来たなー何てことを思い出しながら、交番前の自販機でジュース飲んでた訳ですよ。やたら若い警官と目が合うなーと思ってたら「すいませーん、お兄さん?」と。正直心斎橋とかは何もなくても声かけてくる警官も沢山いるんで何も考えず、はいー?なんて言うてたんですが。

「ブレーキ付いてないですねー」「付けてますよー、フレームの下側にあるんで表からは見えないんですよね」

冒頭にも書きましたが、俺はブレーキつけてるんですよ、BMXには。ただ後ろだけ、前には付けてませんが。

「前はないんですよねー、ちょっと交番の中で話聞かせてもらえますかねー」

ここらへんで俺は罰金を覚悟した訳です。BMXの片側ブレーキレスで罰金。そう思うと冷静に、且つ良い経験だと思い色々聞いてみようと考えをシフトしました。

「お兄さんのピストもねー、片側ブレーキ付いているとは言え、道路交通法上は両側付けるように決められてるんですよね。法律上は軽車両だからねー。前は自分で取ったのかな?お店の人は何か言わなかった?」

そうかー、渋谷原宿の交番ならまだしも、微妙に中心街から離れた交番に配属されてる警官なんてその程度の知識だわなー。たぶんに上から言われたがままに該当者に声をかけ、連行しまくってるのかなーと言う印象。ただ面倒なので「えー初めて知りました。自転車始めてまだ一年経ってないくらいで。すみません。自転車のパーツも海外から輸入して買ったりしているので良くわかりません」と適当にあしらってみる。

とりあえず向こうは切符きる気満々なので、免許証提出などで話を進めてくる。けど現住所兵庫県・・・・速攻で兵庫県警に電話で確認するも、向こうでは取り締まる術がないとか。えーなんなのそれ?そしてトドメがこの一言。

「さすがにこっちに出頭してもらうのも大変だと思うし、今回は誓約書にハンコ押してもらったらそれで良いです。兵庫県では取り締まられるか分からないけど、気をつけて」

さっき散々道路交通法とか言いまくって、場所違ったらOKかもってどういうことやねん?道路交通法は条例か?

もう何か良く分からないことに翻弄され時間取られ、結局田舎モンということで無罪放免みたいな感じになってしまったということです。ただ言い方次第では地方から出てこようが出頭も無きにしもあらず。ピストに限らずライダーの皆さん気をつけてね。

Follow me!

Tokyo Days 番外編” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ピンバック: VH-LG - Tokyo Days

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA