快晴の阪神間。<ノー ガソリン デイ>と称して、六甲山牧場へ<電気自動車>のドライブへ出かけてきました。

写真-2014-10-19-12-47-31

六甲山牧場では、新しい事業として電気自動車=EVのレンタカーを用意しているのです。車種は日産 ”ニューモビリティコンセプト”、開発したルノーだと”Twizy”というモデルとなります。

ウリボーライドと名付けられたこのレンタカー事業、Twizyは極端に小さなボディの為衝突安全面で問題があり、保安上定められた場所しか走れないのです。なので、あくまで <六甲山でEVを体験しよう>、そんなコンセプトであります。

ノーガソリンなので、六甲山までの道中は無論自転車です。

2

牧場までの2.5時間を堪能し足がプルプル震える中、受付へゆくとEVたちが綺麗に並べられていました。走行して良い場所、クリープがない、ルノー製ゆえにウインカー/ワイパーのレバーが国産車と逆、など15分程簡単な使い方の説明を受けて、いよいよ走行開始です。走行可能なのは、神戸の森林植物園~山頂一軒茶屋の約17km。

スクリーンショット-2014-10-20-10.35.00

写真-2014-10-19-12-38-50

とりあえず絵になりそうなところで一頻り撮影を済ませます。頂上なんかで止まると、ハイカーの方からやたら声掛けられますね。山頂は新車発表会さながらの撮影会と化していました。

leaf

実は以前に尼崎整備振興会さんのご好意で<日産リーフ>に試乗したことがありまして、初動はブレーキングが不安になるくらいの加速。モーターはトルクが凄いって話を幾度も聞いていましたが、FFで充分ホイルスピン出来る程です(実際は制御があるので難しいと思いますが)モーターの過度な出力は、zeroemissionなリーフのイメージと似つかないし、何だったらユーザー層的にも危ないよなぁなんてことも考えていました。

写真-2014-10-19-12-49-29

一方、このウリボーライド。かなりモーターがマイルドに設定されているのか、加速はそうでもないです。それこそドノーマルのカプチーノ程度です。リーフが3Lクラスの加速と言われることを考えれば非力です。ですが、リヤ駆動なんですね。バッテリーがシート下なので低重心で前後バランスもいい感じ。制御と言う制御も皆無、タイヤほっそいので限界値も極端に低くて・・・。これ以上はご想像にお任せしましょう。

写真-2014-10-19-12-39-45

なにせEVはフィーンというモーター音以外は路面から伝わる音しかしないので、車体にタイヤが4つ付いていて転がってる感覚がダイレクトに分かる。それを操ることこそが楽しい。以前乗った<Lotus Seven>に近いモノすら感じ取りました。

三菱 i-MiEV、日産リーフ、TESLAモータースなど、EVも新車購入の選択肢に仲間入りしてから久しいですが。実際に運転したことがある人、というとレシプロに比べればまだまだ少数派でしかありません。

故にイメージ解釈が先行してしまい、いわゆるクルマ好きと呼ばれる層からは比較的ネガティブなイメージを植えられている現状です。

特に僕ら普段レシプロのエンジンと格闘していると、どうしてもエンジンの性能至上主義というか、やれ過給器がついてるかついてないか、グレードが違うって言っても排気量は同じじゃあねぇ、など。本来自動車が持つうるイメージがズレて来ていた気がします。

写真-2014-10-19-12-50-37

無音でタイヤを転がすEVを前に堂々とした佇まいのマセラティを眺めて、僕らがあの手の車種を安易に讃えることには気を付けねばと思うのでした。

六甲山牧場ウリボーライド http://www.rokkosan.net/uriboride/uriboride/

日産 ニューモビリティコンセプトhttp://www.nissan-global.com/JP/ZEROEMISSION/APPROACH/NEWMOBILITYCONCEPT/

2014年10月21日 Car, Diary, Gadget, Trip

11502397935_4ec23d5294_b

THE SOULBOWL BATTLEも終わり、燃え尽きた感ありまして。年末までこのダラダラした雰囲気を楽しもうと、ブログも総まとめと称してサボり内容でお送りしたいと思います。

我がブログも、春のエンジョイからコンスタントにポストし続けて9ヶ月目。この間86ポスト。3日に1回ブログ書いてた計算です。大体は夜寝る前か朝早めに起きてダーっと書き上げてるんですが、よくもまぁ継続出来たと自分を褒めてやりたいです。

ということで、アクセス数もボチボチ増えて来ていい集計も出来たのでアクセスの多かったポストをランキングしてみたいと思います。

せっかく仕事でSEOやらSEMやってるので「自然検索部門」と「SNS部門」に分けたいと思います。
自然検索はポストしてから長い時間掛けてアクセス稼ぐので、SNSでのリンクを辿ってのアクセスと一緒くたにし難いんですね。

「自然検索部門」
いわゆる検索によるアクセスです。Google / Yahooその他諸々。僕のブログは比較的Googleからの検索が多いですが、その辺りをひとまとめにしてみました。どうぞ。

2

3位 【大阪、大正区に新たなランプが】http://vh-lg.com/?p=1367
8月の終わりにポストしたこれ、スケートパークが枯渇している大阪に室内ランプが出来たぞー!ということで遊びに行った時のそれです。RIDE-Gさんオープンの時もそうでしたが、なかなか情報が回らず「どんなところなんだ?」というハナシがローカルで噂されていましたね。店舗も絶賛営業中。BMXのパーツも結構増えて来てええ感じになってる模様。

 

9d597436cd1611e29a9022000aa82198_7

2位 【サードウェイブって?コーヒーの美味しさって?】http://vh-lg.com/?p=1159
今年、流行語大賞にも輝きそうな「カルチャー寄り」という言葉がありましたが、カルチャーしている彼ら彼女らの必須アイテムはクールなCXバイクとオシャレな旧車、クラフトビールにそしてサードウェイブコーヒーだったんじゃないでしょうか。いや、これには賛否両論ありそうですが、何しか爆発的に流行ったサードウェイブコーヒーをざっくりひとまとめに。やはり凄いアクセスを稼いでいました。個人的にも結構時間を掛けて作ったポストだったので嬉しい限り。

 

Mercedes-Benz-A-45-AMG-Edition-1-and-Usher-at-2013-Geneva-Motor-Show-1

1位 【A45 AMGが国内マーケティング上優れている3つの理由】http://vh-lg.com/?p=1078
何故このネタが??という程検索アクセスを集め、今なお伸び続けているのがこちら。4WD TURBOという国産車御家芸なレイアウトをAMGブランドでローンチしたメルセデスですが、他のポストも含め、何しかクルマネタ、それもちょっと旬なものはとてつもなくアクセスを稼ぐようです。CarviewをYahoo!が買収して久しいですが、本来クルマ好きは多くが影を潜めどこかで出番を待機していて、いつしか自動車産業が改めて日の目を見る日が来そうです。

 
「SNS部門」
ブログをポストした時、必ずTwitter、Facebookにて紹介していますが、そこからのリンク指数。2013年前半はTwitter/FBのアクセスが半々と言ったところですが、後半はFBのアルゴリズムの大きく改善されたのか、大幅にFBがリードするカタチとなっています。

 

1231691_10201396481828249_34130251_n

3位 【中津川 THE SOLAR BUDOKAN、BMXセッション無事終了しました】http://vh-lg.com/?p=1452
番外編も含めると今年3回も開催されたENJOY BMX CONTEST。中津川THE SOLAR BUDOKANというロックフェスに入り込み、半分ショー半分コンテストというような形態で行なったときのレポートポストがこちら。ライダーは全員が招待選手ということで、その分実際の内容への注目度も高かったんだと思います。特にyuyことヨシダカメラマンの写真を交えての投稿で、非常に見応えもあります。改めて是非どうぞ。

 

IMG_9618

2位 【ペルージャカップでも活躍したTakaにインタビュー】http://vh-lg.com/?p=1528
10月開催のBMXコンテスト”ペルージャカップ”。そのハイエアーバトルで大活躍をしたTakaこと杉坂崇之へのインタビュー記事です。地元同じく尼崎、長年662トレイルにてスキルを蓄積していった彼が、遂に県外の大会で名を轟かした。これからローカルシーンはおろか、全国区での活躍を期待される彼に対するエールみたいなもんです。THE SOULBOWL BATTLEでも予選5位。彼に負けたと分かった時には、、、そりゃー悔しかったですよ。これからも頑張って欲しいですね。

 

fb5c49a85a8511e3a749121f6b9a245b_8

1位 【RIDE FAST DIVE TOUGH】 http://vh-lg.com/?p=1658
さて引っ張りましたが、BEST OF BESTはこれでした。まさかの、ほぼ写真のみのポスト。僕は何の為に長々と文章を書き続けていたんでしょうか。
マイメンであり、ENJOY BMXのスタッフ。BMX/CXライダーのデイブにまつわるポストです。長年BMXライダーとしてトレイルを愛しディグ&ライドを続ける彼が、昨シーズンからシクロクロスへ参戦。1シーズン目でC2昇格を果し、そのゆるキャラぶりから関西シクロの人気者に。「Tシャツにカットデニム、絶対剃らないすね毛、バイザー付きメット」が彼です。

 

番外編

4
【BMXストリートライダーがPOLARの心拍計を導入した話】http://vh-lg.com/?p=1426
何故今更こんなマイナーポストを引っ張り出して来るかと言えば、結果が出たからです。心拍計を導入し、定期的にトレーニング。これを続けたお陰で、今回の大会中も殆ど息切れすることなく、そして更に8kg痩せました。
自分でも半信半疑ですが、久しぶりに会う人の殆どが「痩せたな!」と言ってくれるのでマジだと思います。このトレーニングと、晩飯を週4くらいで「生野菜、アボカド、コーヒー」に変えたお陰だと思います。
僕はコンテストラブなライダーなので、結構大事な部分確信付いてると思えるポスト、是非チェックしてみてください。

 

dcf66c545ce811e3b74b1270dd981a11_8

ということで、今年のブログはこんくらいでしょうか。来年はどのくらいの頻度でお目にかかれるでしょうか?長ったらしく分かり難い文面で申し訳ないですが、来年もお付き合いくださいませ。よろしくお願いします。

2013年12月28日 Bicycle, BMX, Car, Coffee, Gadget, Project

週末は各地で様々なイベントがありましたね。

先ずはDH、一里野で行われたレースはあいにくの天気の為、とんでもないコンディションだったよう。事前にTLを賑わしていた急角度のセクションもあいまって波乱のレース展開だった模様。ここを制したのがカナダ遠征から帰って来たらばかり、NinjyaTVの九島サンタ。初優勝らしいですが、これ。


またDHのリザルトチェックする楽しみがひとつ増えました。

さて、以前からここでも幾度となく取り上げていたペルージャカップですが、僕は諸事情により参加することが出来ませんでした。
結果はトシオが三連覇、二位大地。ここまでは事前の予測に沿ったものでしたが、まさかのリムが三位!この目で見たかったです。

特筆すべきはハイエアー。662/みなとのもりローカルであるTakaがやってくれました。このエアー。半端じゃないですね。
タカユキについてはまた後日このブログで触れたいと思います。
参加出来なかったのは非常に残念だったのですが、仲のいいライダーが活躍したことはとても嬉しいのです。

気を取り直して。最近素敵な車を街で見かけます。

6c56edf030da11e390de22000a1f97ef_8

ジャグワーEタイプ。唯一無二の存在感。ふわっと天満の駐車場に止まっていましたが、とても良いコンディションでした。たぶんV6かな?ここ数年迷走気味のジャガーですが、この時代をあえて今フィードバックする必要があるんじゃないでしょうか。

1394033_534286013312704_2072025828_n

ホンダS800 HONDA四輪を語る上で外すことの出来ない一台。これ、実はiPhone5sで撮影、iPhoneアプリのPhotoshopで加工してこんな感じです。今時のスマートフォンアプリは良く出来ていますね。撮影は少し離れた位置から、ズームして撮ると良いです◎

最後は、以前も取り上げたG-SHOCK Bluetoothの最新作。音楽のボリュームを上げるグズグズ感など、製品としてどうなのか?という点もありますが、主人公であるNigel、普段からRRS乗ってるんでしょうか?純白のボディーを有するRRSからいかつい黒人さんが降りてくるってのがしびれますね。

2013年10月14日 Bicycle, BMX, Car, Internet

スクリーンショット-2013-08-19-10.58.58

遊び倒しのお盆休みが明けて働いています。が、今週は仕事始めてまたすぐ週末。休みの最終にお誘い頂いていたSuper GT Round5 Suzukaを観戦してきました。

写真-2013-08-18-18-47-42

SuperGTは国内最高峰と称される4輪レースで、GTカー、要は市販車をベースとした改造車のレースです。F1と違って実際に街で走っている車種が全開でストレートを駆け抜ける姿は、クルマ好きとしては胸が熱くなりますね。今回はポッカサッポロ1000kmということで、1000km、コースを170周以上するんですね。

写真-2013-08-18-10-57-16

そう、GT500クラスを来期走る新モデルがデモ走行を行っていました。残念ながらLexusのISは完成度が低いのか登場しませんでしたが、Nissan GT-Rと、期待のHONDA NSXのお披露目。NSXはハイブリッドですね。
ハイブリッドのマシンも既に何台か走っていてGT300のプリウスに至っては市販車と同じく走り出しモーター→数秒後エンジンスタートというレースカーとしては何とも奇妙な機構になっていました。

で、レースは超炎天下の中。お昼のスタート時にはお日様が完全に上ってメチャメチャ熱い。屋根のない席での観戦は10分と持たないくらい、けど実は今回パドックへも入れて貰えて、お陰で暑さしのぎながらウロウロとピットやブースなど見学していました。
その時の一コマ。

写真 2013-08-18 17 45 02

やられました。このコピーを見れただけでもここに来た価値があった。そう思えるほど心を打たれました。本田宗一郎の哲学などなんだ知らない自分ですが、大会やったり色々動いたりしていることは「何か面白きことを!」の一心であって、それを大企業HONDAがこうやって提示してくれていることは、自分にとって強い支えになりました。

これだけでなく、SuperGTというスキーム自体観る者を非常に楽しまれる要素が多くて、イベントやる上で勉強になりました。各ブースの催し事も羨ましいですよね。

写真-2013-08-18-9-43-43

気になったのがこのチームです。車種はイギリスのスーパーカー、McLaren MP4-12CのGT3仕様ですが、見て分かる通りエヴァンゲリオンカラーがあしらわれています。チーム名もEVA Racingです。この他にも痛車っぽいデザインの車両がレースを行っていましたが、どうでしょうか?
賛否両論ありそうですが、現実は、エヴァブースの周りには凄い数のファンが並び、多くの人がキャンギャル写真撮ったりグッズ買ったりしていました。そこでファンが落としたお金がレース費となり、マシンやドライバーに更なる投資が出来る。実際他のアニメインスパイアなチームにも物凄い多くのファンが付いていて、新たな車好きを創出しているように感じました。
オートバイの方にもEVAカラーのチームが存在していて、Kawasaki ZX-10Rに乗って9月にはルマンへ出場するそうです。こういう文化が国境を越えるの、面白いですよね。

終始興奮しっぱなしの一日、あっという間に過ぎてしまいました。レース結果はGT500がウイダーホンダレーシングのHSV-010GT、GT300はスバルBRZが共に優勝でした。特にBRZは86と共に酷評を結構浴びているように思いますが、こういった純粋なレースで勝つことで非常に良いイメージをファンに植え付けられるように思います。

お誘いくださったTonzras早越さん、本当にありがとうございました!

その他写真・動画はInstagramをどうぞ。http://instagram.com/vhlg/

2013年8月19日 Car, Party, Trip

Lexusフラッグシップ、LSがFMCして少し経ちましたが、あのグリルもちょっとずつ見慣れてきたように思います。

91-850-10

各社、特にプレミアムグレードを用意しているブランドは、そのアイデンティティーを何とかデザインに落とし込めようと必死です。BMWのキドニーグリル、アルファロメオの楯形グリル、アウディのシングルフレームグリルなどなど。

もう伝統ともなっているアルファやBMWにおいては、逆にこの意匠をどうやって今までと違う雰囲気に持っていこうかとする努力が垣間見れますし、audiは良い感じで定番付いてきていて、Lexusは絶賛迷走中と言った感じでしょうか。あればあったで、無ければ無いで悩みは尽きないですね。

結局、スピンドルグリルは酷評浴びまくり、一緒に登場したクラウンへの批判と共に良いイメージはあまりありません。

LSGS  IS

LSに関して言えば非常に作りが繊細で、「見慣れない」という点を除けばLexusのフラッグシップに相応しいデザインになっていると思います。GSもLSと比較すれば悪く無い感じ。

HS LS

しかしながらHSとの比較、ヤバくないですか?サイズ感もあるんでしょうが、これはいくら何でも差別化が図れて無さ過ぎ・・・。何で今更マイチェンしたんだという感じもあるのですが、正直街で見間違えました。

しかし逆もしかり、加工が難しそうなスピンドルグリルを上手く車の個性と合わせてデザイン出来た一例がESじゃないでしょうか。

ES

国内では古くウィンダムとして販売・現在はラインナップから外れているモデルですが、海外ではLexus ESとして非常に人気を博しているモデルですね。スピンドルグリルが漏れなく採用されていますが、非常にフォーマルなデザインになっていて、印象も良さそうです。

どこかでアナウンスもされていましたが、たぶんこの世代でLexusのスピンドルグリルは無くなると思われます。けど、それはそれ、どちらでも良いと思うんですね。BMWやメルセデスを運転した時に、モニターや細かい部分で明らかに勝手の悪さや全体的な挙動の硬さを感じる。しかしLexusにはそれがなくて、本当に自然なフィーリングを演出出来ていると思うんですね。ブランドを維持する為にはイメージやビジュアルも大事ですが、実際トヨタの技術力はそんな簡単に他社が越えられるものではないと思いますし、今Lexusが大きく思い悩まなくとも、数年経てばハッキリとプレミアムブランドの最先端と認識されると思いますね。

2013年7月9日 Car

せっかくクルマ屋なので、たまにはそれっぽいことでも書いてみよう思います。

メルセデスベンツが今季投入する新型Aクラス。メルセデスの中ではスマートを除けば1番小さなモデル、それに初のAMGモデルである”A45 AMG”が用意されるということで、そのA45が国内のマーケティング的にいかほど考えられた存在か紐解いてみたいと思います。(あくまで僕の勝手な想像ですが)

Mercedes-Benz-A-45-AMG-Edition-1-and-Usher-at-2013-Geneva-Motor-Show-1

前にも何かで書きましたが、円安や海外での日本車販売や信頼度が再度加熱していて、国内各社スポーツモデル開発にも力を注いでいます。NSX、新型WRXなどなど。対してA45は2000cc、ターボ、そして4駆という形式で販売されます。

 

1.AMGグレードではなくモデルだと言う点

Jed Leceister Audi Q3 White blue

LexusのIS-Fが登場したのが2007年なので、もう6年。F-SPORTSのようなグレード設定はあるものの、いっこうにGS-Fや、LS-Fなどの正規モデルとしての影を見ない日本のシーンで、A45はプレミアムカー部門でまた他社を引き離す存在になりますよね。もちろんE63など、1000万以上するクルマなんて誰も買えないんですが、それでもそのクラスにAMGモデルが存在することで、ユーザーにメルセデスの本気度をアピール出来るはずなんですね。A45が在るというだけで、Aクラスの存在価値が高まります。

 

2. 2000ccなのにA45という点

Mercedes-Benz-A45-AMG-engine-1024x640

従来AMGモデルの数字は排気量に合わせて決められていますが、本来それならA20なはずなのにA45となっています。これは63エンジンが6.3L並のパワーを与えられたエンジン(5.5L)だということ流れで4.5L並のパワー(360ps)がある、ということなんでしょうが、エリシオンのプレステージ3.6Lが300psなので多少頷けます。
実際エンドユーザーにすれば小排気量なのはエコの観点からも有利だし、AMGの【45】のハンコが押してあるだけでニーズが高まるのは必至だと思うんですね。若干作為的な感じもしますが、変な維持張って35や40にしなかったのは素晴らしい判断だったと思います。

 

3.まさかの4駆ターボであること

12715

これが1番の要因だと思うんですが、ターボで4駆、しかも2000ccだなんてスバル、三菱などの十八番。それを今更メルセデスが本気でやるって言う点が恐ろしい影響力じゃないでしょうか。性能では同じ値段層のGT-Rがおおよそ上でしょうが、日本人馴染みの駆動方式・エンジンチューンであるだけに、絶対みんな値段くらいはチェック入れそうですよね。レガシーの最上級グレードやレクサスを狙ってた若年層にも、頑張ればAMG新車で乗れるってことで、マジで買う人も現れるんじゃないでしょうか。

この週末、東京お台場で開催されたKen Block氏のエキシビジョン、彼が操る車体も正にこの組み合わせですが、20年前のパルサーGTi-Rみたいなターボホットハッチがまた流行る可能性だってありそうですよね。

正直このA45を引っさげてWRCにメルセデスが参戦することはおおよそないんでしょうが、F1での活動やドイツツーリングカーレースなど、レース活動に力を注いでいるメルセデス/AMGだけに訴求力は確か。

実際走ってもマジで速そうですし、これきっかけで各社ライトウェイトモデルからハイパワーモデルまで幅広いラインナップを用意するいいきっかけになれば楽しいもんです。

 

と、たまにはこんなブログも面白いですよね~。

 

2013/6/28 追記 国内販売価格が640万円というアナウンスがされましたね。この値段なら売れそうですね。気になる。

2013年6月17日 Car

新型、14代目のクラウンが出ましたね。何故こんなグリルにしたのか・・・・。レクサスのスピンドルグリルと言い、
どういう意図なのか是非知りたいです。

同じくシングルフレームのグリルと言えばaudiですが、あれも日本人がデザインしているそうですね。
レクサスも、クラウンも、日本を背負ったブランドだけにクルマの顔でもあるこのグリルが上手く馴染むのか気になります。

via.Carview

 

2012年12月26日 Car, Internet

TOKYOに向かっています。数カ月に一度行われる自社の研修、僻地に隔離され社会の侘び寂びを学ぶと言うものですが、雪の影響で新幹線は遅れ、早速にも隔離社会から逸脱しそうで堪らないので、たまには近況じゃないブログでも。

TLでエコについて話題が上がっていたんですが、これってみんなどう考えているんでしょうか。
パンクと出会って以来、原子力や自給自足生活など、よく判らないお題と格闘することが多かったのですが、ここに来てアンサーみたいなものが若干浮かんでます。
そもそもエコと言うもの自体、環境に配慮していそうなものという曖昧な言語表現ですが、何となく「物事の効率を本質的に良くする」という風潮だと思っています。
どういうことかと言うと、自動車で言えばHV車のように「一定の燃料をより効率よく使用し、より長距離を移動出来る乗り物」がエコとされ、そう考えればEV車の燃費と言うのは燃料車の比にならないほどの効率性があるという話です。EVで燃費と言うのもおかしな話ですが。
また家電ではより電気使用率が少なくても動くモノが、日常生活でもより無駄なモノを排除した人がエコロジストとされる訳です。
しかしながら行き過ぎた税金対策の様に、ガソリンが高くなると聞けば、スタンドの前でアイドリング、燃料吐き出しながら給油待ちするような、それはエコノミストでしかないような話も良くあり、そう考えれば本末転倒していると感じることも多いのが事実です。
話は変わって、ナチュラリスト達が原子力発電なんて人間のすることじゃない、止めろ!と声を大にして言うてると思いますが、あれは何なんでしょうか。日本は敗戦国で、教科書ですら原爆の怖ろしさを伝えています。そんな中で育った我々がそう思うのは仕方ない、正直自分も原爆資料館を幼い頃に訪れ、恐怖のドン底に落とし込まれた(そして震災も経験した。奇しくも今日は117ですが)1人で、原子力の怖ろしさをには随分考えさせられ、前働いていた会社の慰安旅行で原子力発電所見学なんてした時は本気で気分が悪くなり、外で皆を待ちながら疎外感を感じたもんです。
日本人として、原子力の否定肯定に右も左もないと思いますが、しかしながら、似非エコロジスト、エコノミスト達が口を揃えて原子力反対を訴えかけているのにはどうも納得がいかないのであります。
結局のところ、人間が原子力を発電に利用し出したのは分子原子単位での効率性を追い求めた結果であり、方向性は若干ことなるものの、HV開発やEV開発を行っていることとベクトル自体は全く変わらないと思います。
更に言えば、原子力が漏れたら大変だ!と唱えている人々が、必ずしも安全運転に徹しているかと言えば疑問です。要は、人間が自分の力で制御し切れない様なエンジンを積んだ乗り物を、さも得意げな顔でカジュアルに街中を運転している方がよっぽど多くの人を危険に晒すことになるし、エコロジーとはかけ離れた動きだと思います。
宇宙を基準として、原子レベルで言えば人間の存在も不安定甚だしい話で、そもそも消えて無くなれば良い、そんな話をすれば正しく本末転倒なので深掘りしませんが、そんなことよりも、エコロジストでナチュラリストと称して小食になったり、ベジタリアンになったとしても、出されたモノを拒否したり残したり、そんな個人レベルでの物差しが間違ってるのに、本質的な人類の繁栄なんか望めるわけもなく、主体的になるのは大事ですが、もう少し身近なことに物事を置き換えて判断をした方が良いなーと思う次第です。

と、まぁ人間と言うモノはマッチポンプ、本末転倒の繰り返して生きているようなもんですが、ここまで末期的な考えなんかしてる暇あったら人に好かれる方法でも考えた方が良いとも思ってます。こんな感じで座右の銘も晒してますので

2011年1月17日 Car