14379925_1261397157268249_4288618300049323499_o
東海シクロクロス 2016 by KeiTsuji

シーズンを間近に控えたシクロクロス。未舗装の悪路を突破しながら周回を重ねる風変わりなこの自転車競技も、じわじわとその名を広め競技人口も増えて来ました。長時間に及ぶエンデューロレースやMTBレースに比べ、会場への移動や拘束時間など敷居の低さが大きな理由でしょうか。

競技を始めるにあたって、マシン選びもひとつの魅力と言えるでしょう。フレームのカラーリングから材質、ホイル、タイヤ、ブレーキの種類も大事ですね。これら機材の中でも、部品個々ではない、大きな決断として最初に立ちはだかるのが<シングルスピード>という選択肢です。

10606211_952931761399611_8102481142708135453_n
Falconer SSCX by Oguuu

シングルスピードシクロクロス、通称<SSCX>。興味のない人にとっては悩む必要すらありませんが、初期コストの安さや見た目のシンプルさから、これからシクロクロスをやってみようと言う人には使用感など、とても気になるところでしょう。

12902832084_8941070890_z
kossy with sscx by dsk24

SSCXを一台目のマシンとして迎え入れた僕が、購入前に気になっていたこと、走ってみて気付いたことを交えながら、シクロクロスをシングルスピードで楽しむ為の4つのヒントを書き起こしてみます。

【購入前に気になっていたこと】

tumblr_myoqncj1Yg1rr0s4wo1_1280

<ギア付きか?シングルか?に対する迷い> 僕は自転車競技歴16年、MTBはXCにDH、BMXストリート、ピスト、ロードでのロングライドなど一通りの自転車には跨がって来ました。故に何となくSSCXの概要は掴んでいたと思います。シンプルなのと、BMXをバックボーンとしている自分に合っている、そう考えました。

しかし、既にレースへ参加している仲間に相談すると賛否両論。「シングル似合ってるじゃん!」「どうせギア付き欲しくなるよ」「壊れ難そうだね」「少し出せばギア付き手に入るよ」相談すればする程、自分で結論を出す事が難しくなりました。

最終的にはRapha Japan、親愛なるmotogさん鶴の一声「(SSCXでもシクロ)全然いけるっすよ!」に後押しされ購入に至った次第です。ギア付きが良いかシングルが良いかは水掛け論のようなモノで、結局は本人次第でしかありません。特にギア付きしか乗ったこと無い人にアドバイスを求めるのは止めましょう。

最上位クラスのC1でトップを狙うというのであれば最初からギア付きで上級グレードの自転車を用意するべきでしょうが、先ずはレースに出たい、シティユーズも楽しみたい程度であればSSCXで全く問題ないと思います。ギア比さえちゃんと考えればギア付きに対する劣りはそれ程酷くないですし、メリットも沢山あります(レースや週末ライドでの出来事は後述)充分レースを楽しむことが出来ます。

大事なことは、SSCXでシクロクロスにチャレンジするんだ!という本人の想いを尊重することですし、何であれ新しいことを始めようとする気持ちに素直になることです。


【購入時に気付いたこと】

10354500_644114475682171_1763766502_n

<気になるコスト面は・・・?> よっしゃSSCXでシクロクロスを始めてみよう!そう思ってから購入まで、そう時間は要りませんでした。シクロ車であっても、シングルスピードというだけで選択肢の幅はぐっと狭まるからです。思いつくのは、Surly、Fairweather、MASI、ALLCITY、BMXレジェンドTajが作ったFairdaleなんてのも。比較的オシャレでアーバン色が強いブランドばかりですが、どれも10万~20万の幅で完成車を購入出来ます。さすがに各社SSCXにグレード幅は持たせず、大体同じような仕様に仕上がっているのです。

なので、見た目と色合いが気に入りさえすれば、あとはサイズにだけ注意すれば購入、という流れで問題ないと思います。

ちなみに僕は<ALLCITY Natureboy>というマシンを手に入れたのですが、11万円強の完成車に、ペダルはカチャっとはめるクリップタイプのモノ、フロントギアは38Tのモノに交換して貰いました(後述)。

それに、ヘルメット、ジャージ上下、シューズ、サングラスまで付けても5万円程、最終の支払いは16万円くらいでしょうか。あとは<スポーツエントリー>等で3000円足らずのエントリーフィーを支払い、早起きをすればレースに参加出来るでしょう。

tumblr_mzb59y1bhu1t0y1bfo1_1280

ちなみに僕が<ALLCITY>を選んだのには理由があって、TumblrやInstagramで事前にSSCXの画像を掘っていたのですが、その際高級オーダーフレームに混じってALLCITYが美しい写真で紹介されていました。パーツもENVEカーボンを多用したハイエンドなもの、跨がるライダーが身につけているのもRapha。フレームはあくまで安価なクロモリなのですが、玄人からもこうやって愛されるブランドイメージに惹かれたのです。


【レースにて】

12285598494_ebf793f9b7_z
kossy at 桂川 by kikuzo

シクロクロスという競技は、都市近郊から然程距離のない場所で行なわれる周回レースを指します。故にロードやMTBに比べ、競技イベントに参加すること自体が勘所となります。

僕は今日に至るまで関西シクロクロス、東海クロス、讃岐クロスなど、計7戦のレースへ参加しました。全てがウェブでエントリーしてクレジット払い、又は当日払い。当日エントリーはありません。

参加への細かいプロセスは他のブログにお任せするとして、ここではSSCXならではの部分です。エントリー自体、SSCXカテゴリーの場合も時にはありますが、基本的には他のギア付きバイクと同じクラスで走ることになります。

<とっても気になるギア比> SSCXは当然ながら最初に決めたギア比で走りきることになります。SSCX仲間とも話をしますが、レース時は1.9~2.0を基本とすれば良いのではと思います。例えばフロントが38Tならリアは19T~20T。40Tなら20T~21Tという具合。ある程度普段から走り慣れていて脚力に自身のある方は2.2くらいまで大丈夫でしょう。実際僕は2.1111で今までのレースを走っています。しかし油断は禁物、レースで走る30分の間に間違いなく疲労が溜まって後半足が回らなくなるので、最初はギリギリ走れるギアより一個落として出走するのが吉です。なので必ず試走で何周回かしておきましょう。

でもどうやってギアを変えるのでしょう?それはバイク選びの際、リヤハブの形状に注目してみてください。大抵は左右にネジが切ってありフリーのコグが両方に付けられるようになっています。自転車購入の際は、最初付いているフリーに合わせてフロントギアを交換しておき、伴ってハブの反対側にもう一つ異なる歯数のフリーを付けましょう。こうすればホイルをひっくり返すだけでギア比を変更出来ます。

10152227_525d42d41cff9

またはWhite Industriesからひとつのフリーに2枚の歯が付いているアイテムも出ています。僕も愛用していて、フロントは38T、リアは17-19のフリーと反対側に18Tを付けています。

また普通の多段ギア用ハブをシングルスピード用に使うことも可能です。通常のカセットをフリーから抜いて、好みのコグを一枚入れる。空いたスペースにはスペーサーを入れます。この時注意が必要なのは、コグに多段用の物を流用するとトルクが掛かった時チェーンが脱落する場合があります。必ずシングルスピード用のコグを使いましょう

<レースは諦めが肝心> シクロクロスには<乗車率>という言葉があって、シケインや砂浜、階段など、どうしても乗って行けない区間を設けています。ありがちなのは無理にギアを軽くして乗っていこうとするパターン、ミスを誘発してしまいますし、後続車集団に巻き込まれればつっかえて余計にタイムとエネルギーを浪費してしまうのです。SSCXでデメリットとされる「ギアが重くて乗れない」ところは、ギア付き車でも変速にモタツイている場合が大いにあるので、さっさと諦めて担いで走りましょう。シクロクロスでは、乗り降りに対する早めの判断がレースの展開を左右します。ある種、SSCXは早めに僕らを諦めさせてくれる潔い乗り物とも言えます。

また、担ぎは後続車のリズムを崩すので、それはそれでメリットになるのです。担いだ自転車を下ろしたとき、振動でチェーンが落ちる、ギア付きだと良く有るそれもSSCXならありえませんよね。

12436061545_eb133b2a7d_z
さぬきCX by junya662

実際、レースに出てみて感じたこと。購入前に心配していた程ギア有りからのハンデは無いと思います。初心者であれど、どんどん上がっていく心拍の中、バイクコントロールからブレーキング、自転車の乗り降り=クリップペダルの脱着まで、レース中は頭と身体をフル回転させなければいけません。余計なストレスはなるべく少ない方が良いですし、ギアがあったからと言って初めから上手く使いこなせるなんてことはありえないと思うのです。


【週末のライドで】

シーズンを終えて、泥で汚れたバイクを洗っているとき。このバイクで少し離れた隣町までツーリングに出かけたいな、直ぐさまそう感じるでしょう。幸い僕は標高931mの六甲山を有する阪神地区に住んでいます。南北に渡る武庫川サイクリングロードを走れば、宝塚~有馬~六甲山頂と、50kmで1800mの標高を獲得出来ます。次のシーズンで良い成績を残す為にもなるべくこのSSCXで様々な場所に出かけようと考えました。

891473_714999491906781_1149336102_n

<Rapha Club Rideに参加してみて> 日差しが照りつける暑い日、Rapha Cycle Club Osakaが主催するClub Rideに参加しました。Club Rideには水曜開催と土曜開催があって、参加した水曜は割と楽なルートが選ばれています。店舗が位置する福島を起点に、神崎川を上って街を抜け、天満宮に参拝。自宅から自走で行ったので距離は60km弱で200mも登っていません。ギア比は2.23(38T/17T)、平たくは何ら問題ありませんでしたね。ペースを乱すこともなく、楽しく走れました。その時のログはこちら→ http://www.strava.com/activities/179474554

10617115_278918528981979_1981987766_n

<ホームコース 甲山ピクニックロード> 武庫川サイクリングロードから仁川に抜け、住宅地のキツイ登坂を経て自然豊かなピクニックロードへ。そのまま関西学院を横目にまた武庫川サイクリングロードへ。30kmで350m強の獲得標高。その間、信号はたった5つ。正直15%を超える仁川住宅地の登坂は酷く辛いものの、それ以外はゆっくり楽しめます。ギア比は2.111(38T/18T)で走っていますが、殆ど問題はないですね。http://www.strava.com/activities/178681883

10616935_550945601699414_353602492_n

<六甲ループで山頂を目指す> この阪神地区では最高峰の六甲山頂へ。宝殿を通る表ルートは、いくらなんでも急斜度過ぎて登りきれるはずもないので、宝塚から船坂を経て有馬へ抜け、裏六甲を経由するルート。ギア比は僕のバイクでは一番軽い2.0(38T/19T)。正直平地では明らかに物足りなさを感じるものの、それでも登坂はギリギリ。1.9でも良いかなと。アドベンチャー感覚で休み休み登れば問題なさそうですが、グループライドでギア付きのバイクについていくのは難しいかも知れません。http://www.strava.com/activities/187661248

この他、長野は松本で美ヶ原を登ったりと、ギアと事前のルート確認だけしっかりしておけば大概路頭に迷うことはないでしょう。街中での使用であれば全くストレスが無いと言っても過言ではありません。

但し一点だけ。次のシーズンに向けてのロードトレーニングもSSCXでやろうと試みましたが、これは難ありでした。登坂にしても平地にしても、勾配やスピードに応じて負荷を調整する必要がありますが、ギアが固定なので一定の負荷しか掛かりません。ありがちなのは登坂に合わせたギア比チョイスをした為、平地で高ケイデンスになり過ぎ、全く負荷が掛からない、なんてことが。これはギア付きのロードでトレーニングを開始したことで気がつきました。

とは言え、トレーニングという名目を持たずとも、週末のライド~レースまで充分に楽しめるポテンシャルをSSCXは秘めていると思います。

10304635_718681891519079_333300633225261662_n
kossy by 関西シクロクロス

ということで。僕がSSCXでレースを始めるに当たって気になっていたこと、気付いたことを中心に書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。やはり新しいことを、人と違う形で始めるのは勇気がいるもの。少しでもSSCXの魅力が伝わればと思います。

もう今月末からは関西シクロクロスも開幕となります。初戦、琵琶湖マイアミランドでお会いしましょう!

追記

その後、相も変わらずシングルスピードでレースへ参戦し続け、結果、トップカテゴリーへ昇格することとなりました。詳しくはこちらのポストをどうぞ

a few Podium with SSCX

シクロクロスを共に戦う Natureboy853 をご紹介

全日本シクロクロス選手権を走ってきました。

シングルスピードが教えてくれた、レースで「タレない」シンプルな方法

2015.12.02

約10年ぶりに自分のライディングエディットを作ってみました。
ここ数年は殆どパークばっかり。ボールやミニランプが主でリップトリック中心のラインナップです。
BLKMRKTのセイマと何となしにやろうか、という話からスタートしたのですが、イメージしていたら40個くらい技数が浮かびまして。結局3時間で30トリック以上を撮影出来たので、そのままザザザっと編集してアップロードです。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=x7ie4_sUAks[/youtube]

ラストトリック、実は過去一度もメイクしたことなかったのですが、撮影の時に限ってメイク。エライもんです。

合わせて以前のエディットもアップしているので、よければどうぞ。

[vimeo]https://vimeo.com/80980652[/vimeo]

2014年5月31日 Bicycle, BMX, Project

さて、、、もう新年明けてから1ヶ月も経った訳ですが、本年度のブログ一発目ということで、あけましておめでとうございます。

昨年はあれだけ連続してブログを書き続けていたのに、今更感あります。が。
今年はなるべく本読んで、アウトプットよりインプット重視で、と思っていたら今頃なのです。

とりわけ本ばかり読んでいた訳でもなく、相も変わらず新しいことに取り組もうと考えています。
マイメンなデイブをはじめ、近しい仲間もたくさん参加しているシクロクロスを始めようと思っています。

11150002723_9bb7c1e0d0_h 2

シケイン、ケイデンス、ラファ、ノベヤマ、カルチャー寄りなど、、、色々新しい言葉も覚えなくてはいけないのですが、さておき自転車くらいは自分らしく組み上げたいな!と気合いを入れてみました。

2

ベースはALLCITYの”Natureboy”。我らが元祖BMX代理店モトクロスインターナショナルさんの取り扱い商品で、変速機の無いシングルスピードシクロクロス車、通称SSCXなのです。

完成車で購入しましたが、どうしてもこの色にしたくて一回全部バラして塗装しています。

3

わかります、これ? SUBARU インプレッサ派生車として登場した”XV”という車種の、”デザートカーキ”という色をサンプリングしました。都会的なデザインとアウトドアなコンセプトを上手く融合させたこの配色は、自動車のカラーデザインコンテストでグランプリを獲得したそうです。

478520

XVのコンセプト自体が、ALLCITYというブランドのイメージ、そしてシクロクロスのフィールドにとてもマッチしていると思います。本業のクルマ屋らしく、下地作りから仕上げのポリマーシーラントまで余念はありません。

4

リムはお世話になってるcycrocさん取り扱いのH PLUS SON、ARCHETYPEをチョイス。マットブラックが更に引き締めてくれます。

1

この自転車で2月2日の桂川シクロ、2月9日のさぬきシクロ、2月16日の平田シクロを走ろうと思っています。是非応援よろしくお願いします。

 

2月4日【追記】
このポストをTLに放流させてから数時間後、何やらmentionが騒がしいなぁ・・・と。
よくよく見てみると、同時期に同じくこのマニアックな色でindependent fabricationをオーダーした強者が。うっはー。

こんなことってあるんですね。是非いつか2台並べて記念撮影してみたいものです。

ichicoblog : Aco’s IF Steel Crown Jewel Disk

11502397935_4ec23d5294_b

THE SOULBOWL BATTLEも終わり、燃え尽きた感ありまして。年末までこのダラダラした雰囲気を楽しもうと、ブログも総まとめと称してサボり内容でお送りしたいと思います。

我がブログも、春のエンジョイからコンスタントにポストし続けて9ヶ月目。この間86ポスト。3日に1回ブログ書いてた計算です。大体は夜寝る前か朝早めに起きてダーっと書き上げてるんですが、よくもまぁ継続出来たと自分を褒めてやりたいです。

ということで、アクセス数もボチボチ増えて来ていい集計も出来たのでアクセスの多かったポストをランキングしてみたいと思います。

せっかく仕事でSEOやらSEMやってるので「自然検索部門」と「SNS部門」に分けたいと思います。
自然検索はポストしてから長い時間掛けてアクセス稼ぐので、SNSでのリンクを辿ってのアクセスと一緒くたにし難いんですね。

「自然検索部門」
いわゆる検索によるアクセスです。Google / Yahooその他諸々。僕のブログは比較的Googleからの検索が多いですが、その辺りをひとまとめにしてみました。どうぞ。

2

3位 【大阪、大正区に新たなランプが】http://vh-lg.com/?p=1367
8月の終わりにポストしたこれ、スケートパークが枯渇している大阪に室内ランプが出来たぞー!ということで遊びに行った時のそれです。RIDE-Gさんオープンの時もそうでしたが、なかなか情報が回らず「どんなところなんだ?」というハナシがローカルで噂されていましたね。店舗も絶賛営業中。BMXのパーツも結構増えて来てええ感じになってる模様。

 

9d597436cd1611e29a9022000aa82198_7

2位 【サードウェイブって?コーヒーの美味しさって?】http://vh-lg.com/?p=1159
今年、流行語大賞にも輝きそうな「カルチャー寄り」という言葉がありましたが、カルチャーしている彼ら彼女らの必須アイテムはクールなCXバイクとオシャレな旧車、クラフトビールにそしてサードウェイブコーヒーだったんじゃないでしょうか。いや、これには賛否両論ありそうですが、何しか爆発的に流行ったサードウェイブコーヒーをざっくりひとまとめに。やはり凄いアクセスを稼いでいました。個人的にも結構時間を掛けて作ったポストだったので嬉しい限り。

 

Mercedes-Benz-A-45-AMG-Edition-1-and-Usher-at-2013-Geneva-Motor-Show-1

1位 【A45 AMGが国内マーケティング上優れている3つの理由】http://vh-lg.com/?p=1078
何故このネタが??という程検索アクセスを集め、今なお伸び続けているのがこちら。4WD TURBOという国産車御家芸なレイアウトをAMGブランドでローンチしたメルセデスですが、他のポストも含め、何しかクルマネタ、それもちょっと旬なものはとてつもなくアクセスを稼ぐようです。CarviewをYahoo!が買収して久しいですが、本来クルマ好きは多くが影を潜めどこかで出番を待機していて、いつしか自動車産業が改めて日の目を見る日が来そうです。

 
「SNS部門」
ブログをポストした時、必ずTwitter、Facebookにて紹介していますが、そこからのリンク指数。2013年前半はTwitter/FBのアクセスが半々と言ったところですが、後半はFBのアルゴリズムの大きく改善されたのか、大幅にFBがリードするカタチとなっています。

 

1231691_10201396481828249_34130251_n

3位 【中津川 THE SOLAR BUDOKAN、BMXセッション無事終了しました】http://vh-lg.com/?p=1452
番外編も含めると今年3回も開催されたENJOY BMX CONTEST。中津川THE SOLAR BUDOKANというロックフェスに入り込み、半分ショー半分コンテストというような形態で行なったときのレポートポストがこちら。ライダーは全員が招待選手ということで、その分実際の内容への注目度も高かったんだと思います。特にyuyことヨシダカメラマンの写真を交えての投稿で、非常に見応えもあります。改めて是非どうぞ。

 

IMG_9618

2位 【ペルージャカップでも活躍したTakaにインタビュー】http://vh-lg.com/?p=1528
10月開催のBMXコンテスト”ペルージャカップ”。そのハイエアーバトルで大活躍をしたTakaこと杉坂崇之へのインタビュー記事です。地元同じく尼崎、長年662トレイルにてスキルを蓄積していった彼が、遂に県外の大会で名を轟かした。これからローカルシーンはおろか、全国区での活躍を期待される彼に対するエールみたいなもんです。THE SOULBOWL BATTLEでも予選5位。彼に負けたと分かった時には、、、そりゃー悔しかったですよ。これからも頑張って欲しいですね。

 

fb5c49a85a8511e3a749121f6b9a245b_8

1位 【RIDE FAST DIVE TOUGH】 http://vh-lg.com/?p=1658
さて引っ張りましたが、BEST OF BESTはこれでした。まさかの、ほぼ写真のみのポスト。僕は何の為に長々と文章を書き続けていたんでしょうか。
マイメンであり、ENJOY BMXのスタッフ。BMX/CXライダーのデイブにまつわるポストです。長年BMXライダーとしてトレイルを愛しディグ&ライドを続ける彼が、昨シーズンからシクロクロスへ参戦。1シーズン目でC2昇格を果し、そのゆるキャラぶりから関西シクロの人気者に。「Tシャツにカットデニム、絶対剃らないすね毛、バイザー付きメット」が彼です。

 

番外編

4
【BMXストリートライダーがPOLARの心拍計を導入した話】http://vh-lg.com/?p=1426
何故今更こんなマイナーポストを引っ張り出して来るかと言えば、結果が出たからです。心拍計を導入し、定期的にトレーニング。これを続けたお陰で、今回の大会中も殆ど息切れすることなく、そして更に8kg痩せました。
自分でも半信半疑ですが、久しぶりに会う人の殆どが「痩せたな!」と言ってくれるのでマジだと思います。このトレーニングと、晩飯を週4くらいで「生野菜、アボカド、コーヒー」に変えたお陰だと思います。
僕はコンテストラブなライダーなので、結構大事な部分確信付いてると思えるポスト、是非チェックしてみてください。

 

dcf66c545ce811e3b74b1270dd981a11_8

ということで、今年のブログはこんくらいでしょうか。来年はどのくらいの頻度でお目にかかれるでしょうか?長ったらしく分かり難い文面で申し訳ないですが、来年もお付き合いくださいませ。よろしくお願いします。

2013年12月28日 Bicycle, BMX, Car, Coffee, Gadget, Project

11514059975_ceaac72afd_c

さて、THE SOULBOWL BATTLE無事終了しました。オフィシャルなレポートはコチラにて記載しております。是非チェック下さい。
こっちでは少し個人的な視点、主催としてあまり表には出ないハナシでも。

11530087245_3a490129c7_c

そもそも何故ボールだったのか、というところですが、今回イベントを “自らの目で” 見た方は良くご理解いただけたと思います。BMXは体操競技じゃないので、ビックトリックだけではなくてバイクをコントロールするということが重要になりますが、決勝へと駒を進めたライダーの殆どがトリックとバイクコントロールを程よいバランスで兼ね揃えた面々だったと思います。

ましてや広いスケートパークだと、ジャッジが色んなセクションに気を配る必要があり、誰もが認めることの出来る評価というのは非常に難易度が高いはずです。僕もみなとのもりで大会をやっていて、そこは悩みどころでした。

11513841283_22858c23db_c

BMXなんてフリースタイルなので色々な評価があって当然です。THE SOULBOWL BATTLEはその評価のひとつだと思っています。しかし、ジャッジの基準には非常に重きを置き、事細かに基準を設けました。

自分も出走して予選9位と決勝進出をあと一歩で逃して雄叫びを上げましたが、このジャッジでそう評価されたならば文句は一切ありません。そりゃー当たり前なのですが。

何より”g” skates parkのボールで大会やりてーぜ!と思った時、相談したBOSSの安床さん(安床ブラザーズのお父さん)に快く承諾していただき、大会を開催する運びとなりました。非常に感謝しています。

11504845936_00416a0a3d_c

印象に残ったバトルは沢山あったのですが、特筆するのは3つくらいにしておきましょう。

 

先ず一つ目は自分も加わった岡紘希、眞謝大輔、腰山雅大の予選3戦目の組み合わせ。
ヒロキは一番最初のエンジョイBMX中津川にも出場してくれたのですが、彼のお父さんから「これからも是非続けてくださいね!息子出させますんで!」って声掛けられたのを良く覚えていて、けどその時まさか自分の大会でプロクラスを一緒に戦うだなんて夢にも思っていなかった訳ですよ。

11502185225_b5023fdf48_c

正直「上手過ぎて印象に残り難い」というイメージだったのですが、完全にそれを脱却していました。絵になる、突発的な動きにも対応出来る、一個ずつの技の完成度が異常に高い。彼は絶対世界に名を連ねるライダーになるでしょう。なんたって16歳ですし。

そして彼に輪をかけて僕のランを翻弄させたのがマジャくんでした。

11502458586_943a232b84_c

このターンダウン。実はみなとのもりのエンジョイで彼にこれを見せられて火が付き、セコセコエアーターン練習して、やっと今回の大会で僕もエアーターンでのターンダウンが出来るようになったんです。
が、、、やっぱりヤラレました。負けじとタイムアウト後にもう一回TDやりましたが、やっぱり技の深さで彼には到底勝てませんでした。

しかしながら、ルーティーンを回して行く中でヒロキ・マジャくんがペグ有りでウォールにダブルペグをメイクしていき、最後に僕がペグレスでそれをメイクしまして、、、あの時は吠えました。いや声になってなかったかも知れませんが、心の中で叫んでました。

そして2つ目。

準決勝の 岡紘希 vs 勅使河原大地。あの時思ったのはたったひとつ「時計止まれ!!!!」ってこと。

11514000154_c6821d659f_c

2人とも近しい年齢、そしてスキルもほぼ同じくらいだと思います。キャラは全く違いますが、死ぬほど負けず嫌いだという共通点もあるでしょう。

そんな彼らが正しく【バトル】をしてくれていましたよね。吹っかけたのは大地。ヒロキがライディングする中で中指立ててみたり、舌出して彼をおちょくってみたり。けど、それにヒロキが答えたんですね。絶対彼はそんなルーティーン考えてなかったと思いますが、方向性を変えてワザとストール系を繰り出して、停まっては大地を目で威嚇。大地もそれに応えて、明らか意識した技を繰り広げる・・・。最後にはお互いの全開を出していたと思いますし、もう何だろう、、、例えるならば天下一武道会くらいしかないですね、それも悟天とトランクスの戦い辺り。

いや、あの場に居た人でないと伝わり難いかも知れませんが、本当凄いバトル過ぎて・・・僕泣きました。3分のブザーがなった瞬間堪えらんなくなって、トーナメント表に走って行く中でコソッと涙を拭きまして。それくらい感動をしました。ヒロキと大地。彼ら2人には本当今後も頑張って欲しいです。

11504892386_821f34946c_c

最後はあれです。手前味噌ですが、参加したライダー多くが「今日は最高だった!」とわざわざ言いに来てくれたこと。正直、エントリー少ないかなー?さむーくなったらどうしよう、、、、と、直前不安に怯えていました。何せボールのトーナメントバトルなんて、自分も見たことありませんしね。

ですが、大会終えてから直接、またはメール(実はこれ書いてる今もメールきました笑)、電話などでみんな凄くレスポンスをしてくれて、気持ちが晴れました!やってよかったぜ、THE SOULBOWL BATTLE!!!!

僕はあくまでこの場所を用意しただけであって、ライディングをしてくれたみんな、そして遊びに来てくれた観客のみなさんで出来上がった大会だったと思います。ご来場の皆様ありがとうございました。

photo by sgym662, bob_woods, Daisuke Shioyu
次回の内容は年明けにでも・・・。

2013年12月25日 Bicycle, BMX, Party, Project

flyer

あれよあれよと時間が過ぎて、もう今週末の開催となりました!

FBにも書きましたが、開催直前の詳細を・・・。

今週末、12/22(日)
兵庫県神戸市は六甲アイランドに位置する”g” skates parkというスケートパークでBMXのコンテストを開催します。普段行なっている ”ENJOY BMX CONTEST” の番外編としてボールセクションのみを使用したガチンコトーナメントバトル、その名も【THE SOULBOWL BATTLE】です。

朝10時スタートで、夕方まで。今のところ関西だけに留まらず、関東からもアマ・プロのライダーが集結するとアナウンスが入っています。事前エントリーは本日夜までです。よろしくお願いします。

観戦はもちろん【無料】です。スケートパークでライディングされる方は通常の滑走料でOKです。普段、ライダーでなければ少し敷居の高いスケートパークですが、今回はみんなで盛り上がって楽しめるような企画も考えています。是非是非お気軽に遊びに来てもらえればと思っています。

——————-
“g” skates parkへのアクセスは・・・
クルマだと阪神高速5号終点の六甲アイランドを降りて約5分ほど。
電車だとJR住吉駅、または阪神魚崎駅から”六甲ライナー”に乗り換え。終点マリンパーク駅目の前が開催地です。
——————-

ドラマや雑誌、大きなイベント取り上げられ、今注目の”BMX”。是非今週末は”THE SOULBOWL BATTLE”でBMXを体感してください!”g” skates parkでお待ちしております。

ENJOY BMX CONTESTオフィシャルページ:http://enjoy.vh-lg.com/
ENJOY BMX CONTEST facebook ページ:https://www.facebook.com/enjoybmxcontest
“g” skates park オフィシャルページ:http://www.goodskates.com
住所:〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中8-1

 
・・・・と、言うことで、ここまではオフィシャルな内容。
後は自分のことでも。

今年の10月、とっても楽しみにしていたペルージャカップも身内の訃報で参加出来ずでした。それまで気合いも入れて乗っていたのでとても残念でした。しかしその後参加したBigcityJamではナント4位!正直棚ボタな感じでしたが、上のクラスでは過去最高位だったので嬉しかったです。

11028585075_74c44f21e5_b

そして年内、自分としても最後のコンテスト参加がこのTHE SOULBOWL BATTLEということになります。

ご存知BMXはフィギュアスケートなどと同じくジャッジメントで順位が決まる競技。ボールセクションのみを使うとならばジャッジも下し易くなりますし、何よりボールランプを制す為には技のバリエーションと確実なバイクコントロールが必要となります。それって個人的に自分が昔から憧れ、ズバリ目指しているところなのです。当たり前ですが、参加する以上は上位狙ってます。

 

けれど、レースじゃないし所謂スタイルも大事にしたいですよね。

 

 

peglessvibes

最近ちょっと拘ってるのが “#peglessvibes”。インスタグラムでギャグみたいに書いてますが、要はペグを使わずにペグあるっぽい動きをしたいなーと。無きゃ無いで何とかなるもんで、フレームに当てるなり掛けるなり楽しくやってます。

2222

ただ縁石に掛けるとハブがガリガリになってスポーク千切れるので、peglessvibes高めなハブガード作りました。ステンレス製、近所の鉄工所で280円。尼崎感高いです。

 

それとボロボロだった靴を新調しました。

00e58892655511e3814a126964918fbd_8

初のNIKE、モデル名はTOKIです。NIKEは靴の横幅が狭めと聞いていたので、普段履いてるワンサイズ上を狙ったらジャストサイズ。流石に一流ブランドだけあってあんまり馴染ませなくてもすぐライディング出来ました。
ドット柄はオリジナルのモデルではなく、ペイントしてもらっています。以前から大会に協賛してくれている京都のchickennotさん

前回のENJOYでマイヨポアルージュなTシャツをコラボして貰ったのがチキンノットさんです。

写真-2013-04-21-15-41-13

お店はオシャレなセレクトショップですが、店主のタイトーさんがヨナヨナドットペイントを施しています。実はこの靴履いてると、スケートパークだろうが街中だろうがやたら「どこで買ったんですか!?」って声掛けられます。是非こちらでどうぞ。

このジャケットもそうです。

写真-2012-12-23-18-38-06

以前オーダーしました。ちょっと高級なジャケット購入して先ず1シーズン、2シーズン目にはドットペイントお願いすればまた新たな感じで着こなせますよ。

 

そしてこちらも大会へ以前から協賛していただいていますが、個人的に僕のスポンサーでもあるPLAYDESIGNさん。

playdesign_fshop

こんな僕をメッチャ優しくフォローしてくれています。感謝です。

当日はプレイさんのウェアを着て会場をウロウロしていると思います。是非お気軽に「コッシー」とお声がけください。ニコニコしながらENJOY特製ステッカー差し上げます。

f10a1ffe4dae11e386020ef894f0130c_8

ということで、開催直前!主催としても、ライダーとしても全力で楽しみたいと思います。12/22(日)は”g” skates parkでお待ちしております。

2013年12月19日 Bicycle, BMX, Party, Project

記憶の薄れないうちに書いておきます。

10778797885_906fedcf2c_b

5月に参拝した島根の出雲大社に引き続き、先日伊勢神宮へ参拝してきました。

僕は小中高とカトリック、プロテスタントのミッションスクールで過ごしました。なので、所謂戒律というか聖書を基にした教えが必ず存在していました。しかし神道たるやそのような教典はあらず【八百万の神々が見ているぞ】という言葉では表現し難い世界観があり、ブログでも書き記し難いのです。

10778972153_ce1bd49aee_b

クリスチャンの友人によく「君は何を信じて生きているの?」と問われることがあるのですが、正直曖昧な表現しか出来ず、そこに歯痒さすら感じていました。彼らの信じるものは学生時代に痛い程理解したつもりですし、答えられない自分が恥ずかしかったんですね。

でもそれこそが “日本人たる” を美しく説明出来る理由じゃないかと思います。

 

聖書に記してある言葉も大事ですが、僕らが先祖や家族、または様々な出来事から学ぶひとつひとつが、この日本に続く神道の教えそのものであり「先祖は大事にしよう」とか「ご飯残したらバチ当たるで」とか、そういった学びが正に神道たる、日本人たるかと思います。しかしその教えの基準は各家庭様々。でもそれはそれでいいんだと思います。それが日本人の美徳だと感じます。

10779049653_569108ae07_b

伊勢神宮を訪れて、立派に立て直された社殿には全くの言語が表示されていませんでした。教会やお寺には必ず何かしらの言語媒体が記してありますよね、しかしそれがないのです。これってメチャメチャ怖いことで、見ていて妙な不安を覚えました。それは1300年以上続く式年遷宮の歴史を表し、または先述、教典の無い世界観の表現とも言えるでしょう。

何れにせよ、感じることは多くて、今更ながら身近で手に入る書物で神道について改めて勉強し始めました◎

all photos taken by kntr

2013年11月21日 Project, Trip

スクリーンショット 2013-11-18 8.12.20

本当今更ですが、ENJOY BMX CONTESTのFacebookページを作りました。イベントページは毎回作成していましたが、今後はこちらのファンページをメインに動かしていきたいと思います。是非是非みなさま、「いいね」をお願いします。

 https://www.facebook.com/enjoybmxcontest

 

スクリーンショット 2013-11-18 8.15.06

それと、、以前、ここでも紹介したHeroin Skateboardsのチョッパーさん、彼のボーナスパートがThe Berrics(BMXで言えばBakeryみたいな感じ?)で紹介され物凄い数シェアされましたが、今度は彼も所属する三角公園のスケートクルー “Osaka Daggers”がBerricsにてフューチャーされています。

複雑は説明は必要ないですね、とりあえず動画見れば分かると思います。身近な友達がこうやって世界から注目されるなんて、素晴らしいです。

http://theberrics.com/gen-ops/at-triangle-park.html

せっかくなので、The Berricsでの紹介文を翻訳してみました。チェックしてみてください。

“Forget Street League. Forget The Berrics. Forget it all for a second. There is no right way to ride a skateboard. It’s a highly subjective art form open for interpretation. Sure, some skaters choose to push the technical or physical limits, but there’s a whole other movement going on around us. One that ignores all the stair counts, flip ins, flip outs, and points and scores. Meet Chopper and the Osaka Daggers out of Triangle Park in Japan. They’re one of the most interesting and creative skate crews in the world―completely ignoring modern skate convention, and choosing to interpret our favorite art form in a totally different way from anyone else. Remember, skateboarding is meant to be fun. Get out there and use that plank of wood however YOU see fit. These dudes sure did.”

Street League(スケートボードの世界大会)から頭を離してみよう。そしてこのBerricsからも。この瞬間、全ての固定観念を忘れて欲しいのです。スケートボードに乗る上で正しい作法だなんてのはない。この一連のアートを正しく理解をする為には高度な想像力が必要だとも言えます。

確かに、技術的または物理法則的な限界を突き詰めることをチョイスしたスケーターもいます。しかし我々の周りでは違ったムーブメントが動き始めています。彼らは飛び越えたステアの段数や、フリップイン、フリップアウト、または大会でスコアを稼ぐことにすら関心を寄せません。

チョッパー氏を含む、日本の三角公園というスポットで滑るOsaka Daggersを訪ねてみよう。彼らは世界的にも独創的でとても興味深いスケートクルーのひとつ、イマドキなスケートのスタイルに全く捕わず、他の誰とも全く違った方法で我々の関心の的となりました。

思い返して欲しいのは、スケートボードとは”楽しむこと”と表裏一体だということ。外に出て、木の合板を使うだけ。ただし自分たちにマッチするカタチで。彼らはそれを良く理解していると言えます。

WHEV.com
http://whev.com/

2013年11月18日 Bicycle, BMX, Internet, Project, Skateboarding

今更にステッカー作りましたよ。

f10a1ffe4dae11e386020ef894f0130c_8

過去にENJOYのステッカーって大会に合わせて2回作っていて、共にフライヤーのデザインをそのまま落とし込んでいました。結構大量に撒いたので持ってる人も多いかも?でも今回は少し風変わりなモノを。あくまで大会に合わせて、ではなく定番デザインというようなイメージで。

知ってる人はすぐソレだと分かると思うのですが、某アパレル、タグのパロディー。あの当時、Tシャツってそんなにクオリティ高く無かったし、海外のカッコいいブランドのモノをテロテロになるまで着てましたよね。自転車には炎天下で乗るから、肩の辺りとか日に焼けて酷い風合いにもなってた。それでも自分がBMXライダーであることを町中に誇示したくて、それが逆にカッコ良かった。そんな古き良き思い出。

ENJOYOFTHELOOM(RGB)

あと、大会のステッカーとか、大会オリジナルTシャツってナカナカ着にくくないですか?僕だけかも知れませんが、自分で作った大会のステッカーは記念品っぽくてあんまり自転車に進んで貼れない。それが分かってたから前回大会のTシャツはなるべく普段でも着れるように”ENJOY BMX CONTEST”と言う文字を小さくオフセットしました。

そんなことから「定番デザイン」ということで、自転車に貼っても記念品っぽくならないモノにしました。僕自身、ENJOY BMXのステッカーはほぼ初めて自分の自転車に貼りました。

常に持ち歩いているので、欲しい方は是非お声がけください。喜んで差し上げます。

ENJOY BMX CONTEST website

Sumally “ENJOY BMX CONTEST” items

 

2013年11月15日 Bicycle, BMX, Project

やっとこさローンチに漕ぎ着けました。

今年、ENJOY BMX CONTESTをもう一度開催します。但し、形式、場所はいつもと違ったもの、、、
その名も、【ENJOY BMX Presents…. THE SOULBOWL BATTLE at “g” skates park】

神戸は六甲アイランドに位置する “g” skates park。インラインスケートの安床兄弟のホームとしても知られるこのパーク、全面スケートライト張りのスクエアボールセクション、通称 “SOULBOWL” のみを使ったコンテストやります。

soulbowl_004_1024

アマチュア / プロクラスに分かれ、予選を経て各クラス8名が決勝へ。決勝は1on1のトーナメントバトルです。エントリーはアマが3,000円、プロが4,000円。プロは賞金が出ます(優勝者50,000円を予定)

ジャッジ評価は
・技の難易度 30点
・メイク率 30点
・ルーティーンの完成度 40点

日付は 【2013年12月22日(日)】、次の日23日は祝日なので是非関西で連日ゆっくりしていってください。大会として貸し切るのはスクエアボールだけですが、他のセクションは一般の方と共有で誰でも乗って貰えます。(大会エントリー者以外は1500円通常の滑走料がかかります、またBMX以外の方への優先にご協力を!)
大会はアマ&プロクラスだけですが、大会開催中もその他セクションでライディング出来るのと、“g” skates parkではお馴染み、尼崎MIAローカルのTIMくんの名を冠した”TIM JAM”も同時開催予定。バニーホップコンテスト、ジャンケン大会など、キッズから大人まで是非みんなで集まって一緒にライディングしましょう!

flyer

今のところ告知出来るのはここまで。アマプロクラス以外にも、サブボックスだけのワンメイク、その他企画を考えていますよ。今後の追記項目は公式ウェブ&公式のブログを是非チェックください。

では当日、兵庫県神戸市 六甲アイランド “g” skates parkでお会いしましょう。

【ENJOY BMX Presents…. THE SOULBOWL BATTLE at “g” skates park】
2013年12月22日(日)開催

公式ウェブ:http://enjoy.vh-lg.com
公式ブログ:http://enjoybmx.exblog.jp
Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/1377709999139378/

大会協賛: GOODSKATES Inc. / UNIT JAPAN / PLAYDESIGN / Ride2Rock.jp(モトクロスインターナショナル)/ Jykk Japan / TOTAL BMX JAPAN / BETONES / PRO-TEC (ZEN Distro) / CHICKENNOT / I-PATH Japan BMX Team / asai-works / FREE / DECO BMX / tanmenboys / KM4K / SLmedia

2013年11月9日 Bicycle, BMX, Party, Project

1 2 3 4