MMC14

Photo:N.gawa

MMC14 @ 662Trail に行って来ました。

MTBライダーの大島レイジ氏主催、ショートダウンヒルイベントがこのMMC=マジックマッシュルームカップ

今回で通算14回目?凄いですね、個人企画のイベントでこの回数は努力を感じさせられます。

リザルトやレポート的なものは沢山アップされていってるみたいですので、ここはひとつ、俺的MMC14でカッコよかった人BEST5やってみようかと思います。完全に主観です、みなさん鵜呑みにしないように。

では早速・・・・第5位!

Yutaro Miyamoto aka Miya-G by chef-nobuhiro

これ、BackFlipじゃないですよ?FrontFlip!富士見でのトライがあったことをすっかり忘れていたので、ギャラリーのフロントフリップコールに「まさかそんな訳ないっしょ・・・」なんて思ってたんですが、マジでやってくれました。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=N3JUcOyOkLo[/youtube]

メイクはならなかったものの、ほぼ出来る人の動きです。けど本人に聞いたら、富士見以来全くトライしてなかったらしいです。今後、日本人初メイクは彼がさらっていくことでしょう。勿論BackFlip Nohandなど、過激でスタイリッシュな技もメイクしていました。

 

第4位

Masahito Kikuchi by e_san

ライディングも、乗ってるチャリも超カッコよかったんですが、いやーやっぱ決め手はこれかなって思ってます。

ちゃんとネギまで死守してるのが良いです。最近のMTB&BMX Young Gun達は勢いと気合いの入り方がそもそも違います。相当笑かしてもらいました。

 

第3位

FUCKKEN‘s Bike

エアロダイナミクスモノコックフレームに、リジットなのにリアサスユニット(BOSS)がへばり付いてます。クール過ぎる。

 

で、第2位!!!

Kenji Takamatsu by N.gawa

Oakleyのフロッグスキンにラコスバーガーのパーカー、とっても緩いスタイルでINZISTのブースにおられた社長。Young Gun達が悪さしまくるのをニコニコしながら眺めてらっしゃいましたが・・・・・チャリ乗ったら完全に人変わります。

スタート前の表情は真剣そのもの、誰も声かけれたもんやないです。そしてスタートから鬼漕ぎ。この表情。N.gawa氏も呟いておられましたが、あの表情にMTBレースの本質を垣間見ました。そしてブレーキレバーも全く握ってません。マジでカッコイイ。タイムも激速でした。

 

ということで、最後!第1位の発表です。栄えある(?)優勝者は・・・・・。

Mr.koitalow by e_san

実は662到着直前、ラーマで 遭遇していたのですが、完全に何かしらのオーラを放ってらっしゃいました。数十分後、662で再開。3機のカメラを首から提げ、終始ニコニコしながらファイダーを覗いていて、、、、いやカッコよ過ぎでしょ!上下ジッパー開けてるその高さとか、パンツと靴のチョイスとか、もう完全にツボをヤラれました。帰宅後、Flickrチェックしましたが、、、、これです。

思いっきりリョータに嫉妬心を抱いてしまいました。ヤラレマシタ。

まだMMCでの写真は現像してないみたいなので、今後アップされるでしょう・・・・楽しみ!

 

てな感じで、独断と偏見でぶっ飛ばしてみましたが、どうでしょう?結構的を得てたのでは・・・?

最後に、、、、、、662最高!

One Comment

  1. […] 4月、数日を豊田で過ごし、手続きなどを行い神戸市へ引越し。次の仕事が始まるのは6月からってことで、ここから結構色んなことがありました。Kossy by N.gawa, on Flickr僕らのホームでもあるZINKにて緑化活動。要は集まってウダウダしているだけなのですが、こういうのもいいもんです。NiceYourBikeがオープンしたのも4月。 そして西宮662トレイルにもちょくちょく顔を出し始めなんとなく自分もローカル面し出しましたね。かなり長いこと通ってなかったのにありがたい話です。そんな662ではMMCも行われました。koitalow氏に会ったのもこの時。ミアサンゴリ by kossy1986, on Flickrまた、初めて自転車を持って海外にも行きました。本当は沖縄かなーなんても思ってたんですが、どうせ異文化交流するなら言葉も通じないくらいがちょうどいいなーってことで(結果的には英語みんな完璧で普通にコミュニケーションは出来たけど)飯とか街の雰囲気など、とても面白かったのですが、何より同じ自転車乗ってて、しかもノリや考え方が近い人間が、海を越えようが、国境を越えようが、そこには存在しているということがとても印象的でした。JoyfulBMXとStepsBMX、そして一緒に旅をしてくれたりょうたに感謝。 […]

Leave a Comment

2010年4月20日 Diary