【Enjoy BMX Contest】楽しい!をコンセプトにしたBMXコンテスト開催!

開催場所&日時 / クラス分け / ジャッジ基準事前エントリー/ 協賛各社 / 動画 /

※3/8 協賛各社紹介、事前エントリー、KIDSクラスを追加しました。
3/19 大会告知映像を公開しました!是非チェックしてみてください。

2年前、岐阜県は中津川スケートパークにて行われた【Enjoy BMX Contest】を
今年は兵庫県神戸市は”みなとのもり公園”にて行います。

4~5人グループでのJAM形式 + ラストワンルーティーン、
Low/Midには豪華賞品、またHighクラスには賞金を用意。

【楽しい!】をモットーとし、また上を目指すライダーたちにはこのコンテストをひとつの基準として
取り組んでもらえるようジャッジルールを明確にします。
EnjoyBMXと銘打ってはいますが、MTBでのエントリーも可能です。

 

■□■2012年4月8日(日)は、是非神戸へ!■□■

企画内容:【BMX(バイシクルモトクロス)ストリート競技の大会】
名称:【Enjoy BMX Contest (エンジョイBMXコンテスト)】
場所:【兵庫県神戸市中央区 みなとのもり公園内 スケートパーク】

大きな地図で見る

日時:【平成24年4月8日(日) 8時30分開場 ~17時00分終了】

クラス分け:【Kids(小学生以下) / Low(初心者)/ Middle(中級者)/ High(上級者)】
(MTBでのエントリーも可/但しジャッジ基準はBMXに準ずる)
※Low/Mid/Highは4~5人のJAM形式+ラスト1ルーティーンで予選~決勝を行います。
Kidsは同じ形式で直接決勝を行います。

エントリー料:【Kids 1000円 Low/Mid 各2500円 High 3500円】

 

■□■特別賞:■□■
【EnjoyBMX賞】
・EnjoyBMX Contestのコンセプトでもある、「楽しい!」を体現するようなライディングをした人に贈る賞
【Creative賞】
・メイク率、ルーティーンの構成に関わらず、発想力溢れるライディングをしたライダーに贈る賞
【Best MTB賞】
・MTBで参加のライダーが対象、大会中難易度の高い技、ルーティーンをメイクしたライダーに贈る賞
【BEST KID】
・Kidsクラスにおいて、素晴らしいライディングを披露したキッズに贈る賞

ジャッジ基準:
【技の難易度】
・JAM/ラストワンルーティーンにおいて、どの程度難易度の高い技にトライしたか、10点満点で評価
【メイク率】
・JAM/ラストワンルーティーンにおいて、トライした技をどの程度メイクしたか、またはルーティーントリックをメイクしたか。10点満点で評価
【セクション】
・JAM中、セクションを幅広く使用したかどうか。多くのセクションを使用したり、ひとつのセクションを複雑に使用した場合、高得点。5点満点で評価
【オリジナル性(スタイル)】
・ライディング中、技・セクションの選択等、どれくらいオリジナル性、独創性を感じさせたか、5点満点で評価

 

事前エントリー:
3月8日よりメールにて事前エントリーを開始致しました。
【当日エントリーも可能です】が、事前エントリーいただくと当日スムーズに大会参加いただけます。
★是非事前エントリーにご協力ください。

以下項目をコピーの上、 enjoy@vh-lg.com までメールくださいませ。
—————————————————-
・名前(本名要記入)

・ニックネーム

・生年月日(年齢)

・住所

・電話番号

・血液型

・メールアドレス

・クラス
Kids / Low / Mid / High
・車種
BMX / MTB
・スポンサー

・好きなライダー

・ローカルスポット

—————————————————-

 

■□■協賛■□■

モトクロスインターナショナル

1979年にBMXの元祖ブランドMongoose日本代理店として設立、日本のBMX創世記からシーンを盛り上げ続けてきた老舗代理店。現在はFit、ODYSSEY、AnimalなどBMXメインストリームのブランドはもちろん、SurlyやResistを初めとしたMTB、FIXEDなど多くのジャンルの自転車ブランドをモーラしています。今回はLowクラスの賞品を提供いただいています。

 

………..

cycroc / H PLUS SON

大阪で自転車製造販売元、輸入代理業を行うcycroc cycle works。cycrocブランドとしては20inch/ホリゾンタルフレーム/固定ギアの【Flat-1】を製造販売し、現在5thロットの製造を行う程のシェアを誇っています。BMXやMTBで競技を行うライダーのセカンドバイクに、または女子ライダーのメインバイクに、様々な用途で使用されています。今回はMIDクラス優勝者へ【Flat-1】完成車一台を賞品として提供いただいております。また輸入代理業としてはH PLUS SON総合代理店としてリムの卸業を行っています。FIXED/ロード車を中心に街中で”EERO”シリーズなどのディープリムを目にすることも多いと思いますが、今回MTB向けに26inchで32H/36Hのリムを製作、BEST MTB賞に前後セットでいただいています。

 

ハヤシトレーディングKROOKED SKATEBOARDING

ハヤシトレーディングは1973年、スケートボードの輸入代理店として小売店への販売を開始、現在はTHUNDER TRUCKやSPITFIRE、ANTIHEROなどDELUXE系と呼ばれるスケートボードのアイコンブランドを多数扱う。今回はスケートボード界の巨匠Mark Gonzales率いる”Krooked Skateboading”として協賛いただいています。コアなイメージのブランドを多く抱える代理店であるだけに、今回ボーダレスに協賛を頂いたことに大会主催者として感謝しています。

 

SPY OPTIC

アクションスポーツ業界においてサングラス/ゴーグルの大きなシェアを誇るSPY OPTIC。言わずと知れたこのブランドが現在の地位を確立するまでには、徹底したブランドコンセプトの追及が根底にあるのかと思います。ブランドカラーであるオレンジは様々なジャンルへのアプローチのシンボルであり、十字のロゴはそれら様々なジャンルがクロスオーバーする意味を持っているそうです。今回大会協賛いただくにあたって、担当スタッフの方から聞いたそれらのコンセプトと、自分自身が様々なイベントの現場で見たサポートライダーに対するフォローが深く一致していて、一イベント主催者として見習うべき姿だと感じています。

 

BETONES

イタリア Santoni製の立体編み機を使用し、縫い目の少ない特殊な男性用下着を製造するBetones。ナイロン・ポリウレタンのソフトな肌触り、フィット感とは裏腹に、ポップでカラフルなデザインが特徴です。自転車業界とのコネクションも幅広く、DHトップライダー井本はじめ選手や、BMXでは地元神戸の小林隼人をサポートする。またデザインにおいてはレペゼン大阪のオールドスクールグラフィティライター、ZENONEとのコラボアンダーウェアを販売するなどストリートカルチャーと融合した動きをとっています。今回は各クラス対象にたくさんの賞品を頂戴しています。

 

ipath japan bmx team

i pathは1998年サンフランシスコにて、難易度の高いトリック至上主義だった時代の中で、スタイルを重んじるスケーターたちによって設立されました。スケートボード用シューズとして彼らが推進し続けてきたエコロジカルなアプローチや、ソウルが組み込まれたシンプルなデザインはひとつのトレンドとなり、現在のスケートシーンに欠かせない存在となっています。海外で近年BMXのチームも設けられVan Homanなど名高いライダーが在籍していますが、国内ではi path初期からチームとして活動をし、丸谷薫や稲野晶など”i pathらしい”ライダーが今もシーンを支えています。今回、賞品の他、チームライダーもイベントに参加してもいます。

 

 

協力:
SLmedia(映像撮影、雑誌掲載) / 判治 由弘(トレーナー、柔道整復師) / 白石貴大(MC) / 伊達剛(MC) / Pe and Sak(物販)
(敬称略・順不同)

 

動画:

Follow me!

【Enjoy BMX Contest】楽しい!をコンセプトにしたBMXコンテスト開催!” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です