温暖化なのか、例年より気候が緩やかな気がする今年の冬。12月なのに日中ポカポカな日もちらほら。

とは言え、仕事終わりの夜間にいざ走りにいこうと外へ出かければ風は冷たいし、とにかく寒い。
特に目的がトレーニングの場合、登りは良いが下りが本当に辛いのです。

この時期、ジャケット&手袋は重ね着、メットの下にニット、レッグウォーマーなどで完全装備を施しても、必ず苦痛を感じるのが脚。特に足先。シューズが風を受けて冷たいを通り越して痛くなるわけです。

当然シューズカバーなんてもの装着しているわけで、しかしそれだけでは日本の冬(特に下り道)はしのげないと判断し、冬用シューズの調達に踏み切りました。冬はシクロクロスがメインになるため、使用頻度を考えてオフロード用をチョイス。

とりあえずネット検索してみるのですが、某海外通販サイトが幅を利かせているからか、レース会場でも良く目にするブランドのものが多い。デザインも悪く無いものの、個人的にはもう少しストーリーがある感じのモノが良いなと(みんな履いてる割には、あんまり詳しい話は聞こえてこなかったので)で、よく考えたらサポートして貰っているAll-City Cycles系列(つまりQBP)で45NRTHというブランドがあったことに気づく訳です。

45NRTH (フォーティーファイブ ノース)はミネソタ州ミネアポリスという北の地に所在していて、極寒地でも生きていけるようなラインナップが揃っています。特にこの時期は-15℃を下回ることもざらにあるらしく、-30℃まで耐えられるブーツとかニッチなものが販売されています。

今回は使い勝手なども考えて、-3℃〜7℃くらいを想定してつくられた RAGNARÖKというモデルをチョイス。
本国サイトによれば、寒さ対策はもちろん防水性も高いみたいで、雨の日とか泥のレースなどにも良さそう。見ての通りネオプレンのアンクルガードのほかに、アッパーも防水性&通気性の高いシェルが入っているとのこと。

とりあえず届いて開封の儀。アウターシェルがリフレクト素材のものを選んだので、部屋の明かりでも角度によっては眩しい!ライト当てて撮影したら、同モデルの別カラーみたいになります。

ソールはガラス繊維を練り込んだラバーらしく、これが滑る木とかで踏ん張るらしく。それと、スパイクの打ってある位置がユニーク。普通ソール前方に並んで配列されてそうなものの、これは親指と小指くらいの位置にわざわざオフセットしてある。確かに泥濘で踏ん張る位置ってソールでも決まっているので、これは試行錯誤した上でわざとそうしている感じがして好印象。

ちょっと履いてみたけど、部屋履きでも暖かい!部屋履きだと歩きにくい!
ということで、週末レースの試走なので試し履きしてみようかと思います。ちょうど(あいにく)週末のレースは雨模様なのでうってつけの天気で試してきます。

(使用レポはこちら)

http://ride2rock.jp/blog/106975/

2019年12月21日 Bicycle, other

関西シクロクロスに出場し出してから何度目のマイアミだろうか。ハマれば乗車が許される砂地のコースは、BMXでトリックに挑戦する感覚に近くて、レース後の達成感が高い。そんな琵琶湖のほとりのレースだけど、今回は特にテクニックに関して印象深いレースでもあったのです。

数週間前、いつもボディメンテナンスでお世話になっているトレーナーの Okada Naotaka 先生 / Trainer’s Salon Okada にレースを直接見ていただき、自分の癖や身体の使い方を指南して貰っていました。
自転車の扱いは悪い方ではないと思っていたのだけれど、後半にかけて前荷重&肩周りが動かなくなっていて、それがライントレースや自転車の挙動に良くない影響を与えている、らしい。

なるほど確かにレース終盤の写真はいつも肩が上がっていて、全体的に体の動きが硬い印象。教えていただいてからの後は、レースで最後まで身体が使えるようにかなり意識して走っていました。で、迎えたマイアミ。ここは周知の通り砂の轍にきっちりタイヤを落とせるか否かで随分とラップタイムが変わってしまう特徴的なサーキット。身体がちゃんと使えているかどうかが明暗を分けます。

で、レース。気持ちのたかぶりと相反して、序盤にペダルキャッチをミスして謎の前転。こういうミスは普段しないのに、よりによって今日。気を取り直して追い上げるも、ハンドルとタイヤの角度が衝撃でかなりズレている。

「ん〜止まって直すか、そのままで走るか」

いけるところまで行ってそのうち直そう、という浅はかな考えは、つまるところ最後までこれで走り切るという意味でもあり、約10°ほど傾いたハンドルに対して僕の自動キャリブレーションがどれほど対応出来るかがポイントになるわけでした。

先に結果を書けば、14位 22%!
関西であっても全体の25%を切る順位は数えるほどしか無かったので大変嬉しい。実際、集団がバラけた中盤〜後半は思った以上に轍へのトレースが出来、乗車で前の選手を詰めることが出来ていたようです。

ハンドルの角度なんて自分にとっては大きな問題ではなくて、案外タイヤの先を見て身体を動かしているんだろうなぁと、実践にて理解しました。

そして身体の使い方に関しても。
最初から意識せずに出来る人なんていないわけで。意識しても出来ないことを繰り返して、意識したら出来るように持っていく。それを意識せずとも出来るように、また繰り返す。そこが面白い。

ということで、程よい筋肉痛を感じながら、また週末は広島へ。JCXなのでポイント稼ぎに張り切っていきたいと思います。年内のレースはそれで終了ですが、次の週末は愛知牧場へ遊びに行きたいと思います。28日(土)は名古屋のYで飲んで、29日(日)に練習走行。どなたかご一緒出来る方、現地でお会いしましょう。

Photo by Daisuke Ino

2019年12月21日 Cyclocross, レースレポート

日本、シクロクロスの最高峰レースである全日本選手権へ参加してきました。

今回の舞台は愛媛県内子町、県下はもとより四国内初開催の記念すべき大会。飯山、マキノ、野辺山とここ数年は通常のレースでお馴染みな場所で開催でしたが、対して本会場はAJOCCレースも未開催でどのような雰囲気になるのか気になっていました。

結論を言えば、町(と言っても都市部の市くらいの規模)を上げての一大イベントとなっていて、大会運営・観客動員&観客導線・サブイベント・出店などなど、どれを取っても物凄く熱量の高いものになっていました。正直前回のマキノだと「レースを走りに行って帰る」というルーティンをこなすだけでしたが、ライセンスコントロールに内子座(国の重要文化財に指定されている芝居小屋)を使ったり「せっかく来たのだから」という気持ちにさせるものでした。

そしてコースも三船さん監修で、今のトレンドをしっかり押さえた素晴らしいものでした。長めの舗装路と集団の速度が落ちるテクニカルゾーン。勝負が動く直登など、緩急ついたもので、ここでNo.1を決めるなら納得だなぁというものでした。あんまり普段コースや運営のことをどうこう言わないのですが、開催経験の少ない中でよくぞここまで持ってきたなぁと感動したのが本音です。

さて自分のレースはと言えば、本番は土曜日のSSCX。去年からここに標準を当ててトレーニングをしていたと言っても過言ではありません。最近ドタバタで大会のレポートすらろくに書いていませんでしたが、日々の練習や体のコンディショニングは怠らずやってきました。

スタートが10:00ということで、朝5:30に起きて6:00に食事。炭水化物メインでしっかり摂って試走へ。気になる箇所は全て往復して、通るラインは最初から全て決めて挑みました。話題の直登は登れるか怪しかったものの、レースに出る面々と面白がって何回もトライした結果、乗車クリアが(結果トップ3名の中で)暗黙の了解となったような感じでした。

定刻通り召集&スタートで、舗装路を(変速音が無いので)静かに加速していきます。ダークホースと睨んでいた斉藤くん(SilkRoad、C1でいつも僕より前)を逃すとヤバいので、とりあえず序盤は自分が先頭であわよくば抜けて前に出る作戦。なんとなく呼吸も落ち着いているし悪くない走り出しのはずが、1周目中盤のロールセクションで轍トレースをミスしてコース外に吹っ飛ぶ。木に激突して「終わったかな〜」と焦るものの、すぐ復帰して4番手でレースを進めます。

せっかく後ろに位置したので舗装路は他の選手の後ろにビタ付けで体を休めつつ、オフロードに入る手前で前の2名にジョイン。ここから三つ巴の展開がスタートするのでした。相手は2017年チャンプの吉元さん(Narukiya)と身長が高くパワーのある牧野さん(COGS)。自分も合わせて普段からSSCXでレース出ていて意識し合う中なので、まさに願ったり叶ったりの展開。お互いに得意不得意がなんとなく理解できるので、阿吽の呼吸でパックを崩さず走ります。

気づけば斉藤くんにだいぶ差をつけていたこともあり、長い舗装路は踏んでもクランクが回りきるので割と牽制気味、地味に先頭を変えながらも最終局面に向けてみんな脚を貯めるような動き。ラスト2ラップでペースを上げようと自分が前に出るも、イージーミスでこけてしまい、また振り出し。緊張して身体が使えていない証拠。

最終周回、こうなったらレースが決まるのは直登への侵入順だと考え、その手前のコーナー群、更にその手前のストレートでグッと前に出て2名を振り切ります。このまま行けるかなと思ったものの、牧野さんが自分の背後から更に加速して先頭へ、結局そのままコーナー、そして直登へ侵入することに。

コーナーかなり詰めて行ったものの前に出ることができず、直登で詰まってしまい差が生まれる。この差がまさに決勝となり、牧野さん優勝、自分は2位となりました。

考えれば考えるほど「あのとき、もっと積極的に走っていれば」など不甲斐ない気持ちが湧き上がるのですが、それをしても仕方がないのは過去2回の敗北で痛いほど理解しているので、もし次の機会があるならば、それに向けて準備をする気持ちへ切り替えて行きたいと思います。

朝の早い時間にも関わらずたくさんの応援をいただけたこと、そして少ない人数にも関わらずレースを開催していただけたこと、本当に感謝しかありません。ありがとうございます。

日曜は吹っ切れて楽しくレースを走ることが出来、そして各チャンピオンが誕生する瞬間にも立ち会うことができ、満足な2日間でした。エリートでは44位、自分のゼッケンよりは前で展開&着ることが出来たのでひとまず安堵でした。

ということで、またシーズンは中盤。来週は関西シクロクロス マイアミへ参加します。得意なコースなので張り切っていきたいと思います。

Photo by Satoshi Oda

2019年12月16日 Cyclocross, レースレポート