関西シクロクロス 2017-18シーズンを満身創痍で終え、息吐く暇もなく番外編として開催された柏原ステージへ参加してきました。
場所はサイクリストの集合場所としても馴染みの柏原市役所前の河川敷。市長や、マスコットキャラクター「かしぴょん」まで登場する大盤振る舞いで、同市が “自転車の街” として地域の活性化を見据えた動きだと察することが出来ます。

さてコースはというと、事前の情報だと直線が多めの約2.0kmを周回し、砂・泥・タイトなコーナーが散りばめられた内容。比較的狭い河川敷ながら巧みにテープを這わせ、効率良くコース幅を獲得しているのはさすがです。当日は晴れ予報、テクニック重視ながら自転車の汚れを気にすることもないだろうと、割と楽しみに現地へ向かったのですが、、、、

コースというか、河川敷全域が真っ白。直前夜中の雪でパウダースノーが10cmほど降り積もっていました。関西で行われるレース、最後の最後にこれか、、、と、現地へ入った皆が苦笑いするものの、午後からは晴れて徐々に路面が顔を出してきます。

全体的にぬかるんだ路面はタイヤで削られ、コーナーは残った芝を踏んでいくのがベター。砂地は路面もある程度仕上っているので、2/3までは確実に乗車が可能、そして泥のセクションは掘り返されて徐々に凹凸が激しくなりラインの選定がモノを言います。

スタートはいつもより遅めの13:05。最前列の竹之内選手・小坂選手の後ろに並びます。目の前には真新しい全日本チャンピオンのジャージ。せっかくなので張り切ってスタートを切ります。竹之内選手と小坂選手が飛び出して、そこに川村選手と僕が食らいつく形。恐れ多くもチャンピオンの後ろか・・・とふと目をやると、川村選手はきっちりホールショット。なんて貪欲なやつなのだ。

とは言え吐き気を催すほどの速度に、半周であっけなく千切れてしまいます。1人じゃ到底集中力が持たないので、早めに後方とドッキング。岡選手はペースが早く見逃してしまい、teamSonicの渡辺選手も遥か彼方へ。このところずっと負け越しのボナペティ川辺選手に食らいつき様子を伺います。

ステップを良い速度で乗車クリア出来るのと、コーナリングワークでマージンを稼ぎつつ、徐々に心拍を抑え終盤へ向かいます。が、先頭の2人がラップして自分に追いついてきたところで痛恨のミス。ステップでクリートを外してしまい、ブチゴケてしまいました。もう恥ずかしいやら申し訳ないやらで、お2人に盛大に謝りつつ、すぐ立ち上がって復帰。が、自転車のどこか(結局ヘッドだった)にガタがあって、気になって気になって思うように集中出来ず。ようやく最終ラップで火がつき、前を追走するも、シングルリザルトへ一歩届かず10位でフィニッシュとなりました。

コース自体から来る脚への負荷は低いように感じていましたが、強風と低温で随分体力を消耗したらしく、レース後もなかなか心拍が下がらず焦りました。次の日、早い時間から泥のように眠っていたので、相当身体も疲労が溜まっていたように思います。

ということで、これにて僕の 2017-18 シクロクロスシーズンは終了。
思い返せば初戦のUCI茨城では散々な結果に屈し、どうなることかと不安な序盤でしたが、徐々に結果が伸び、関西シクロクロスでは25%以内のフィニッシュが9レース中、4回。全日本選手権はパンクでレースを終えてしまいましたが、以前よりも良い位置で展開出来たと思います。

数値的には、パワーメーターを今年から使い出したので比較題材にはまだなりませんが、たぶんに高域(450w以上)の出力時間が以前より伸びているんじゃないかな、と分析しています。トレーニングは去年と同じくSSTをメインに据えましたが、ウェイトトレーニングを始めたのと、SSMTBで山に入っては重いギアに耐える週末を過ごしてきたので、何かとシーズン中は活きてきたなと感じています。

あと何よりも、スポーツトレーナーが在籍するマッサージ院に通い始め、コンディションを常に維持することに努めてきたこと。実際、異常な疲労だったりトレーニングに打ち込めない倦怠感など、今までたまーにあった調子の悪さはほぼ感じることがありませんでした。ピーキングまではいかないものの、筋肉の状態から柔軟性までいろいろ自分の身体に目を向け、その状態を自分で把握することが楽しいな、と感じたシーズンでした。Seize1 岡田先生には大変お世話になりました。専門外である自転車競技にも関わらず、丁寧にあらゆることをご教授いただき感謝です。

来シーズンは、惜しいところで逃してしまった関西シクロクロス1桁フィニッシュと、総合ランキング10番以内を目指して頑張っていきたいと思います。

とりあえずは、MTB乗りたいな・・・。

 

大会名: 関西シクロクロス 番外編 柏原シクロクロス
開催日: 2018年2月12日
開催場所:大阪府柏原市
気温:  4℃
リザルト: C-1 10位 / 35%
路面状況: マッド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.4 R1.4
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com )

 

茨城CX #2 取手 JCX#1 – 71位 / 82%
中国CX #1 広島 JCX#2 – 15位 / 43%
関西CX #2 和歌山 紀ノ川 – 20位 / 37%
関西CX #3 マキノ JCX#6 – 64位 / 71%
スーパークロス 野辺山 SSCX – 3位
スーパークロス 野辺山 #7 – 67位 60%
Nobeyama Night Cross – ??位
スーパークロス 野辺山 #8 – 58位 56%
関西CX #4 美山向山地区 – 11位 / 21%
AJOCC シングルスピード選手権 – 2位
全日本シクロクロス選手権大会 – 60位 / 86%
関西CX #5 マイアミランド – 22位 / 38%
関西CX #6 烏丸 JCX #10 – 28位 / 35%
関西CX #7 希望ヶ丘 – 15位 / 25%
関西CX #8 みなと堺グリーン広場 – 13位 / 22%
関西CX #9 日吉スチールの森 – 18位 / 38%
関西CX #10 桂川 – 18位 / 24%
関西CX 番外編 柏原 – 10位 / 35%

合計:18レース

 

 

2018年2月14日 Cyclocross, レースレポート

関西シリーズ初戦、台風で流れてしまったりんくうステージから10戦目。
僕にとってシーズン幕開けのUCI茨城から数えると、実に17レース目にあたる千秋楽 桂川でした。

初戦の記憶なんて遠い昔のような感覚ですが、実際1年の半分をCXシーズンとして過ごしていると考えると長い旅路です。

シーズンはまだ数レース続きますが、狙っていた関西シクロクロスの総合ランキングはこれにて決着ということで、気合いを入れてレースへ望みます。(総合10位以内が表彰。出走前ゼッケンは13番、難題ながら諦めたら終わり)

今回はスポンサーである All-City Cycles / MXインターナショナル さんがブースを出してくれるということで、テントの下、風除けもあって居心地良し。前回出展のマイアミにも増してブースへ立ち寄ってくださる方も多く、アレコレ話をしつつ、ローラーでアップ。

試走した感じだと、全体的にコースはイージーになっている印象。ほとんどドライの桂川、芝生が残っている際を踏めばタイヤの転がりも軽いし、グリップもするし、高速レースになる予測でした。

実際レースは平均速度が19.2km/hと比較的速く(ついでにパワー平均値も高い)自ずとパックになって走行します。中盤〜後半はSilkRoad斎藤くん、ITさんこと藤田さん、直線は牽きつつ牽かれつつ「・・・今シーズンはこのおふたりに随分お世話になったなぁ」と感傷に浸ってました。着順を争うということは、必然的に追い込めるし、足が揃えば揃うほどお互いを意識するものです。ちなみに直線はかなりの向かい風で、シングルスピードでも足が回りきることもなく、耐えることが出来ました。

駐車場側に位置する入り組んだゾーンに入ってからは、ひたすら芝を踏み、思いっきり切り込んでイン側の最短ルートを通ります。(試走ではFD氏と一緒に走ったのですが、あえてデタラメなラインを通ってみたり、その場合どのくらい前と差が開くか確かめていたので、自ずと最短ラインが見えてきます)またはシケインで少しでも芝が残っている場所を踏み、クリートに泥がつかないように工夫してみたり。

どれだけ練習を重ねても、どれだけレースに出ても、またその都度新しいことを学べるシクロクロス、非常に楽しいです。

最後はITさんとスプリント。100m手前で少し離したので余裕かな?と振り返った隙を刺され敗北。今シーズンはこのパターン多かったので気をつけていたものの、最後の最後で振り切る集中力が欠けています。

去年より順位を落とした18位フィニッシュ。ですが全体での着順は24%。シーズン後半はコンスタントに25%以内を取れるようになり、最終的に関西シクロクロスランキングは15位でした。

次の目標は関西シクロクロスで一桁ゴールと総合ランキング入り、何が何でも達成出来るようにそろそろ始まるオフシーズン、有意義に過ごしていきたいと思います。

写真は 辻啓さん、いつもありがとうございます!

大会名: 関西シクロクロス第10戦 桂川
開催日: 2018年2月4日
開催場所:京都府京都市南区
気温:  5℃
リザルト: C-1 18位 / 24%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.6 R1.6
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com )