Photo : Lee Basford

「Raphaスーパークロス野辺山」へ参加してきました。

長野県は八ヶ岳の麓、この場所を訪れるのは3度目。会場が近づくに連れて畑の匂いを感じ、夜空には鮮やな星、日が出れば連峰の雪化粧が美しい。そんな都会から遠く離れたこの地へ、全国からシクロクロスライダーが集結します。だだっ広い駐車場が常にパンパンで、会場はひたすら熱気で包まれます。

巷にシクロクロスがマイナー競技だということは理解しつつも、これだけの規模でコンテンツが用意されていて、それに応じた来場数を目にすれば、誰もがその舞台で目一杯楽しんでやろうと思うのは自然な話ではないでしょうか。

今年は仕事もお休みを頂戴して、2DAYS丸ごと楽しんできました。実は「4レース」走ったレポどうぞ。

DAY1 – SSCX / UCI Elite


Photo : Kei Tsuji

野辺山のシングルスピードカテゴリ=SSCXと言えば、名物の仮装で大いに盛り上がることが知られていて、参加者の2/3くらいが何かしらのコスチュームを身にまとって走ってます。とは言え上位に食い込むのはガチで速い連中がほとんどで、去年はC1の牧野選手、一昨年は筧五郎選手や、SKMZこと川村選手が入賞しています。

メンバーはどうあれここで結果を出したいと、狙いを定めてました。

序盤から前に出るつもりでいて、駆け引きよりも最速ラインの徹底がモノを言うはず。早朝にコースウォーク、試走も全エリアで走るラインを決定してから挑みました。試走で迷ったところは絶対本番でトラブルに繋がることを知っています。

UCIのライセンスコントロールの時間や、ジャージの準備、ウォームアップを考えると異常にタイトな初日。滞りなく全て用意し、しっかり身体を温めてグリッドへ。

定刻12時45分。筧五郎さんが保護面積の低いエアロウェアを披露した直後にレースはスタートしました。トラブル回避で先行。ここ最近は、先頭スタートならほぼ確実にホールショットを射止めています。


Photo : Kei Tsuji

1周目はノントラブルで先頭を独走、シケインも乗車してひたすら無駄を省きます。2周目直登で五郎さんが追いついてきて、へばりつこうにも酸欠で頭回らず見送ってしまいます。その時点で後方に追いついてきた数名、しかしまぁ気にせずフルガス。

3度目の直登で、COGS牧野選手に交わされ後ろに着きます。ここだけは逃せないので必死。ライン取りはほぼ互角、ミスに巻き込まれたくないので少し離れるも、結局そのまま4度目の直登で引き離されてしまいます。結局僕に足りないのはこの30秒ほどのスプリント。(平均値見ても270wくらい、速い選手は400wくらいなので全く話になりません)

とは言え、そのまま耐えて耐えて3位フィニッシュ。ポディウムゲット。


Photo : Kei Tsuji

狙っていたレースでちゃんと結果が出せたので、自分を褒めてやりました。賑やかな表彰台に、向けられるカメラの数が尋常じゃないです。本当凄いな野辺山。

サッと片付けて60分後のUCI-Eliteに向けて準備。ひたすら身体をほぐして、ローラー。身体を温めて即グリッドへ。あれこれ考えている余裕すら無いのです。


Photo : Kensaku Sakai

先ほどと打って変わって100人以上の出走、僕はゼッケン61でだいぶ後方スタート。クラッシュへ巻き込まれない為にやや引け腰で最初のストレートへ。それが災いして序盤の狭い階段で詰まってほぼ停止状態でした。仕方ないとは言え、SSCXの1周目が7’38に対して、UCIが8’25。これが現実。(逆に2周目以降ははSSCX7’21、UCI7’08でしたが)


Photo : Kasukabe Vision FILMz

必死で走ったものの、30分であっけなく切られてしまう始末でした。この人数だと序盤に抜けておかなければ全くペースが築けないし、明日への課題を残した結果でした。

DAY1 – Night Cross

1日に2つのレースを走ったのは本当に久しぶりで、若干ハンガーノック気味で片付け。先ほどのレースウェアにジャケットとウォーマーを追加して、いざ “八ヶ岳ふれあい公園” へ。


Photo : Haruo Kotera

ここには常設のCXコースがあり、毎年BlueLugのNB軍曹主催でNight Crossが開催されています。極上のシングルトラックを有するこの場所に、野辺山の盛り上がりで足りないライダーがぞろぞろ集まってくる訳です。

日が暮れてNBくんの合図でスタート。ルマン式で自転車を探しつつ、なんだかんだで40分くらい走ったのかな。闇夜に輝く月と、ビールショートカットで湧くギャラリーに楽しませてもらいました。みんなで楽しむ意思をその場からビシビシ感じられ、心地良かったです。


何故か丁寧に並べたはずの自転車が行方不明で、気づいたら木にディザスターしてた。Photo : Haruo Kotera

ホテルに戻り、バキバキになった全身をイナーメのマッサージポールでほぐしつつ、夜が更けていくのでした。

DAY2 – UCI Elite


Photo : Kasukabe Vision FILMz

野辺山2日目。

昨日はSSCXとEliteでろくに会場もウロつけなかったので、試走時間までゆっくりレース観戦。
試走では、昨日レース中に上手く走れなかったポイントを洗い出して再度ライン検証。弱ペの前田公平選手の後ろについてみたり、やはり彼らのラインは面白いです。きわどいコーナーなら2個手前くらいからライン取り考えているし、お手本にさせてもらいつつ30分ほど走ります。

いくら今年の野辺山が暖かいと言えど、スタート前に身体冷えるのでレッグウォーマー追加してグリッドへ。スタート位置は昨日とほぼ変わらず、但し序盤1分の位置取りでかなり状況が変わるので、とにかくスプリント。

上手く集団を交わして、40番手ほど。矢野さんのお尻を追いつつ徐々に呼吸を整えてペースを作ります。相変わらず直登で追い抜かれつつ、他のセクションを丁寧にこなして少しずつ番手を上げていきます。


Photo : Kensaku Sakai

途中、Ruedaのオッチー選手を発見。昨シーズンはバトルを繰り返していたものの、今季は全く歯が立たず。今日こそは捕えたるで!と、即追走、抜きつ抜かれつの攻防戦でした。パワーでは勝てないので、直登が来る前までに追い抜いてマージンを作る作戦。これが功を制して、周回を重ねるごとに僕に優位な位置関係が築けて、最後の直登では追いつかれることもなく、そのまま逃げ切り。で、80%足切り。

しっかり最後まで出し切れて、大満足のレースでした。

フィジカル自体はいきなり向上するわけでもなく、それでも食事や身体のコンディショニングなど、新たに教わったことをレースに生かして、こうやってリザルトが残せたことが嬉しくてたまらないのです。

週末の関西シクロクロス美山を経て、来週末は全日本選手権へ参加します。土曜日にはAJOCC主催のシングルスピード選手権もあるので、そちらも気合い入れて走り抜けたいと思います。


Photo : Kensaku Sakai

大会名: Rapha スーパークロス 野辺山
開催日: 2017年11月25・26日
開催場所:長野県南佐久郡南牧村野辺山 滝沢牧場
気温:  3℃
リザルト: Day1 SSCX:3位 / UCI-Elite:67位 60.9% / DAY2 UCI-ELITE:58位 56.8%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Panaracer “Gravel King Mud” 33c / F 1.5bar R 1.5bar(https://panaracer.co.jp )
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com )

2017年11月30日 Cyclocross, レースレポート

関西#2の和歌山から一週空いて、#3マキノはJCX / UCIレースでした。
季節の変わり目に体調不良で風邪をひき、回復8分目で挑むレース。普段、殆ど体調を崩さないのでどう影響するか不安と期待が入り混じって会場入りしました。

晴れ間が時折覗くものの、ほぼ雨・風の極寒。途中あられが舞う一面もあるほどの状況で、当然コースはマッド。泥の中は全く状況が見えないので、パンクも気にして前後1.7barでスタートグリッドへと。

遠征の甲斐あってゼッケンは35番。4列目に並んで、定刻通りスタート。そういえば今年はUCIコミッセールの外人さんがいないと思ったら、いつも関西クロスでボランティアされている方がUCIのチーフコミッセール資格を取られたらしく、それでレースが運営されたとか。素晴らしいですね。

気温が低く思った以上に上半身が動きにくいものの、食らいついてゼッケン通りの番手くらいで1周目。徐々に身体が動いてきた2周目、強引にペースを維持した反動で泥の登りに対応できず。降りて走ってズルズルと順位を下げ、-3lap / 40分でレースを降りることとなりました。

ログを見る限り、登りのケイデンスは 40rpm / 300w だとか。平均ケイデンスが56rpm、当然心拍も上がらず、筋疲労が進むばかりって感じでした。こんな日もあります。

ただ、雨と極寒でウォームアップ・ウォームダウン(クールダウンではないのです)する場所が確保できず。今考えれば屋根のある場所も複数あったし、椅子の代わりにコット積んで横になれるベッドを用意し、身体の調子は見ておきたいなと感じたのでした。

あとこのレースから初めて長袖のスーツを着用しました。よく考えたらシクロクロスで長袖着ること自体初めてだったんですが、他でも書いた通りレース終わってからスーツ脱いで、インナーが全く汚れてない、どころかほとんど濡れてもいないことに驚きました。今季はWAVEONEさんでレースジャージを用意していただいているのですが、目からウロコでした。着用したのはクロススーツ、というモデル。中に起毛があるモノです。低体温症の続出したレースでしたが、当然寒さはかなり低減されたと思います。

気持ちを切り替えて、来週はJCX / UCIのスーパークロス野辺山。UCIレースも土日走りますが、楽しみにしているのがシングルスピード!せっかくの機会なのでガチで挑みたいと思います。

Photo by @KeiTsuji

大会名: 関西シクロクロス第3戦 滋賀県 マキノ高原
開催日: 2017年11月20日
開催場所:滋賀県高島市 マキノ高原
気温:  2℃
リザルト: C-1 64位 / 71%
路面状況: マッド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.7 R1.7
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com
心拍数: Avg 168bpm / Max 176bpm

2017年11月21日 Cyclocross, レースレポート

直線と砂埃、そして空気圧に翻弄されてしまった 関西シクロクロス #2、和歌山。

今回が初めての開催となるステージで、朝から皆それぞれで試走をし、それぞれが評価を述べていきます。清々しいほど晴れて、コースはドライ。直線が続くコース、後半は割と道が掘れていてボコボコでした。

ドラフティングすれば然程集団がばらけ無いだろうし、コーナリングでいかに無駄を省くかがポイント。あとはステップがあるので、乗れる自分はそこでブリッジかけて前へ上がっていく目論見です。

この日はライバルとして意識している堂野前選手が同じくSSCXで出走するということで、にこやかにそんな話で盛り上がりつつスタートグリッドへ。

定刻スタートでクリートキャッチも気持ち良いほど完璧に決まって序盤を過ごします。ある程度自分のペースを築きたかったので、最初は様子見。

が、Rタイヤが明らかに低圧になっていてコーナーでヨレる。アチャー、パンクかぁ。なるようにしかならないので気にせず走るつもりが、どうしても意識がタイヤにいってその他が雑になる。あれよあれよと複数選手に交わされ、30番手ほど。

原因は、空気圧をゲージで測ったあと、圧が高く感じてズボラにブラインドでプシュッと抜いたのが問題だった模様。あとで測ったら1.2bar(例の低圧ゲージで)でした・・・。そりゃあ。

当然それ以上は空気圧が下がらないので、10分ほどして最後まで走れることを悟ります。この際は、極端に低圧の場合に自転車がどんな挙動するのか試して遊んでみようと、頭を切り替えてフルプッシュ。

フロントは正常値なのでブレないものの、コーナーでペダリングした瞬間トラクションが抜けてブリブリ滑り出します。挙動がKen Blockさながら、って誰にもわかってもらえず。極端にインについて試してみたり、前後との距離で最短ラインを探ってみました(結局ちゃんとタイヤが潰れずしっかりグリップして曲がるのが一番速かったわけですが・・・)

ちょっと自転車の角度をつけただけでタイヤが腰砕けする感じが強く、逆に無理やり自転車を立てて曲がるとそれなりにグリップして曲がっていくようです。ただ自分の体重・乗り方で1.2barなんて余程砂だけのコースでないとメリットないかな、と悟ります。

タイヤの挙動で遊んでいる分(というかコーナーでプッシュできない分)心拍的に楽なので、ペースは13周ほとんど変わらず。終盤で沢田選手にラップされかけ、ここで一気にペースを上げた程度。チームメイト、デイブ選手が男の一本引きしてくれて、アレがなければ沢田選手に捕まってただろうな・・・ありがとう。

順位的には非常に勿体ないことしてしまいましたが、これも経験。それなりに走れたのと、極端な低圧でレースを走るとどうなるのか身をもって体感出来たので良しとします。

次はUCI /JCXのマキノです。アップダウン激しいですが、意外とSSCXでも走れるのと、コース難易度的に好きな場所。楽しんでいきたいと思います。

Photo by 土谷さん、田辺さん and hako

大会名: 関西シクロクロス第2戦 和歌山 紀ノ川
開催日: 2017年11月5日
開催場所:和歌山県紀ノ川市 打田運動公園
気温:  17℃
リザルト: C-1 20位 / 37%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.6 R1.2
ウェア: WAVE ONE “デュアルスーツ”( http://www.wave-one.com
心拍数: Avg 176bpm / Max 182bpm

2017年11月7日 Cyclocross, レースレポート