31726395772_74fa1623fe_k

関西シクロクロスでも、特にテクニックを要するレイアウトとして印象深い “烏丸半島” 。お馴染みの芝キャンバーを蛇行するセクションも組み込まれつつ、今回はJCX戦ということで幅広なコースで以前よりハイスピードでレースが展開されました。

早朝の試走。霜で濡れたキャンバーはズルズルと滑る。のですが、徐々に日が出てきていることと轍が毎レース形成されているので、結局僕らが走る頃のコンディションはドライ。グリップでタイヤを稼ぐよりもスピードを乗せられるパターンを選ぶのが吉と判断しました。

31064405623_e387e64a7f_k

というのも、今回からカーボンのTUホイルを導入していて、それに貼り付けたタイヤがヤスリ目のモノだったのです。せっかくなのでトラクションが抜ける加減を楽しみつつ、TUの良さを体験してみようかな、ということで前後ヤスリ目で挑みました。

前述、JCX戦なのでJCXポイントでグリッド入り。4列目で右端からまくる予定が、スタートの長い直線に翻弄され(というか足が回りきって)気がつくと50番手ほどまで後退。なんの為に地方に出向いてJCX出てるんや・・・遠征費の無駄遣いだ・・・と消沈しつつ、落ち着いて前へ。コーナーが続く平地のセクションで捲りまくってたぶん30番手ほどまで順位を回復させました。

31836166006_b177cf0d54_k

と、ここでもまたNakagawaの福田さんとドッキング。前回マイアミと同様、後ろでラインを勉強しながらラップする。すぐにラインをトレースせず、わざと普通のラインを走って開くタイム差を確認したり、徐々に自分の心地良いラインを見つけていく。前日に試走へ行くことも難しいのと、当日試走では人も多すぎるということもあってレース中くらいでしか、こういう作業が出来ないのも事実。泥セクションでは福田さんのラインをトレースした僕のラインを他の人がトレースする、孫請けトレースまで登場して大いにニヤニヤしてしまうのでした。

31033299674_f865c99898_k

中盤からは足も回ってきたので、攻めて前に出る。地方でよく一緒になるDEAFの箭内さんや、Ride Rondeの航くんとドッキング。ステップでタイム差を作れるので自信を持って進むが、汗でナトリウム不足になったのか両足が痙攣し始め、終盤全く踏めなくなってしまう。と同時に1位独走中のトッキーに交わされ、後ろに追いつかれないようにだけ意識して終了。

そう。以前、TOYOの竹之内選手が東近江の泥レースでヤスリ目のタイヤを履いて走っていたとき、タイヤのノブではなくてタイヤ本体でトラクションを掛けて走らせることを意識して・・・という宇宙語のようなことを言っていましたが、今回微妙に理解出来た気もします。更にホイルが軽量で硬ければ、センシティブにそれも扱うことが出来ますし、自転車のコントロールの楽しさを更に理解出来ました。

次のレースは山口県下関。またJCX戦です。以前のコースから少し変わっているようなので、とても楽しみです。

Photo : Kikuzo Photo

大会名: 関西シクロクロス #7 烏丸半島
開催日: 2016年12月25日
開催場所:滋賀県草津市烏丸半島
気温:  12℃
リザルト: C-1 / 26位 / 31% -1Lap
路面状況: ドライ、泥
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Specialized “Trigger” 33mm F1.4bar R1.5bar
心拍数: Avg 173bpm / Max 182bpm

2016年12月26日 Cyclocross, レースレポート

15626150_1176839879097516_2532700708954558274_o

関西シクロクロス #6 ビワコマイアミビーチ でした。
バイクロアの2レースを終え、全日本はお休み。60分のAJOCCレースは3週間ぶりでした。
3年目のシーズンで思うのは、コンスタントにレースをこなす為には「リズム」が非常に大事。朝ごはんを食べて、会場行って用意をするリズムや、試走の時に路面状況チェックと共に、自転車にトラブルがないか確認したり。Garminの自動ラップ設定も重要なポイント。やることがとにかく多いので、一個ずつ忘れないようにするのも結構大変なのです。

日が出ない早朝はとにかく寒く、リズムが取りにくい。試走ではまだ身体が充分に動かず、レースペースでのラインがチェック出来ない。合わせて足があまり気持ち良く回らず、少し不安を募らせていました。

とは言えここマイアミは過去二回とも C4→C3 / C2→C1 と昇格を果たした場所なので、得意意識と不安要素の両極でバランスを取りつつ、出走まで過ごします。

スタートは4列目。密集地帯に陣取ってしまったので序盤は様子見で25番手くらいで進める。グリッドの後ろから前を狙っている速い奴らが早々にスプリントを掛けてジャンプアップしていくのを眺めつつ、僕は砂場で前が詰まるのを待つ。琵琶湖岸の砂浜でドタバタなっているのを機に海側にエスケープして3人くらい抜く(靴ビッチャビチャになった)

15540620_1176837112431126_8196928158871808312_o

その後しばらく職人福田さん(Nakagawa)の後ろでラインのお勉強。コーナリングは体重も違うので一概に言えませんが、コースの「美味しいライン」を見つけることに卓越している。いわゆるFDラインをトレースしたおかげで体感7〜8秒くらいは毎周回得していたはず。

特に気がついたのは、砂コーナーが連続する林間セクション。最初は無理やりパワーで前へ進めていたものの、タイト過ぎて3コーナー目くらいで耐え切れずベストのラインを越えてしまう。結局全然踏まなくとも、前から離れることはなく、今日はここが心拍を落とすお休みセクションとなったわけです。

数周終えて、並走していた岡さん(Tonic Fab)が前に出て徐々に距離が離れていく。そこから単独走行へ。いつもと違ったのは心拍が落ち着いているのでGarminに目をやることが出来て、ペース管理が割と可能だった点。前半は7:22ペース、岡さんに離された周回は7:35。つまり、離された原因は岡さんのペースアップより自分のペースダウンに原因があると考え、再度踏み直す(僕はとにかく集中力が無いので、意識しないとペースが暴れるのです)ちょうど後ろからチーム員のデイブが近づいて来たので、彼との距離感を視覚的に参考にしつつペースを刻む。このペースで2周走ったところ岡さんに追いつくことが出来ました。

MCのアナウンスでトッキー(BS/Anchor)が6:30ほどでラップしていると知る。アホな・・・。毎周回1分ほど差があくので、フルラップは難しいと考え、岡さんを抜くことに集中して進める。後半のステップでバニーホップすれば一気に差が開くので、手前でスプリントして差を開けて引き離しにかかる。安心出来る距離が開いたのでそのままゴールを目指す。

と同時にトッキーが追いついてきて、フルラップとの戦いに・・・・。が、直線で即詰められ終了。もがくのもダサいので、シレーっとフィニッシュ。

16位、27%。目標としている25%・フルラップには一歩及ばず。しかし着実に成績は上がっています。

振り返ると・・・。
茨城 JCX #1 35位 46%
WNP JCX #4 23位 / 40%
マキノJCX #5 35位 / 51%

関西 #1 DNF
関西 #2 13位 29%
関西 #3 17位 36%
関西 #6 16位 27%

次回は関西CX 烏丸。JCX戦ながら得意コースなので、25%を狙って踏ん張ってみたいと思います。

Photo :塚本 悠希

大会名: 関西シクロクロス #6 マイアミ
開催日: 2016年12月18日
開催場所:滋賀県野洲市ビワコマイアミ浜
気温:  8℃
リザルト: C-1 / 16位 / 27% -1Lap
路面状況: サンド、ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Maxxis “Mud Wrestler” 700x33c Tubeless Ready / F 1.5bar R 1.5bar
リム:  H PLUS SON “THE HYDRA” 28H ( http://hplusson.com
心拍数: Avg 172bpm / Max 185bpm

2016年12月19日 Cyclocross, レースレポート

前回ポストからの続き、BikeLoreのレースに参加してきました。

14

僕と ジェフ がサンセットクラス・ファストクラス。ネイト がファンクラスへ参加。

16

17

ネイトは気管支炎が結構ひどいらしく、レース自体出るのが今回初めて。それでも一生懸命走って終始ニコニコしていました。ちなみに自転車は新しい Space Horse のディスク。基本的にツーリングモデルながら、レースに出ても充分見栄えするデザイン。

15385393_1150179685088912_5633576900206786077_o
photo : NobuhikoTanabe

土曜最後のサンセットレース、夕暮れ〜暗闇をライトひとつで突っ走る異空間なコース。ジェフ が先頭でスタートして独走を決め、そのまま優勝!

15310787_1149313345175546_1705317037_o
photo : NobuhikoTanabe

15292638_1149312918508922_1505578748_o
photo : NobuhikoTanabe

僕はと言えば周回遅れの選手を上手く交わせず、2〜4位のパックをウロウロ。インターバル掛けても次の周回遅れで必ずつっかえるし、勝負は最終コーナーへ。と思ってたもののラップ数をカウントし間違い、気付けばゴールスプリントを刺されて表彰台を逃す結果でした。残念。レースなので当然ガチで走るんですが、こういった状況だと相手を驚かせず、かつスムースに抜くという行為が難しいことを理解します。気を揉む場面も多かったのですが、ラップなんて普段は殆どしないので、勉強になりました。

15310892_1149312678508946_1801292004_o
photo : NobuhikoTanabe

日曜日も朝から会場へ。
土曜にも増して参加者が増えて、ファスト〜仮装クラスはどこ行っても凄い数の観客がコースを囲み、歓声がとにかくすごかったです。4人乗りのタンデムがフライオーバーを越えたときは、会場が揺れていました。

The cross scene in Japan is the best… #allcityjapan

allcitycyclesさん(@allcitycycles)が投稿した写真 –

 

ファストクラスは、ジェフと並んで最前列からスタート。事前情報だとPAXのゆろっぴという若い彼がとにかく速いはず。JCXで一桁入るくらいだったと思うので、最初にどこまで着いていけるものか力試し。オンタイムでスタート、クリートキャッチはミスしてしまったけれど、即先頭のゆろっぴに追いつく。小さめのシケインはバニーホップで抜けられるので、そこで追い越して先頭へ出ました。

15354249_1149313128508901_865552169_o
photo : NobuhikoTanabe

裏の森は道を譲らない限り追い越せないので、丁寧に。2周目の最後でインターバル掛けられてすぐさま着いていけなくなる、、、さすがに速い。自分の走りをしようかとサドルに腰を据えていたら、後ろから誰かが接近してくる。見るとスタートで後ろに並んでいたTeam Ukyoのジャージ。結構いいペースだったので、まさかと思って話しかけたら、本当にTeam Ukyoの人でした。(後で聞いたら畑中選手だった)Jプロライダーのペダリングを眺めていたら、ものの見事に直線で千切られてしまう。その後もうひとりにパスされ、なんとか着いていこうとペースアップ。と思った矢先にコーナーでタイヤのビードがズレてシーラント漏れ。パンクは避けられたものの、超低圧に。

15304234_1150180008422213_266779577533577510_o
photo : NobuhikoTanabe

周回のほぼ半分をチンタラペースで走り、ゴール付近のPark Toolさんブースで「空気貸してください!」と宣う。快くコンプレッサーでエア補充してもらい復帰。ちょうどジェフが追いついてきたので一緒に走る。何故かインターバルを掛けられ、ギリギリで着いて行く。どうするのかな、と見ていたら案の定タレてきて、パスして前へ。3位とどのくらい離れているかわからないものの、なんとか周回遅れを交わしながら前へ前へ。

15311460_1149313155175565_1490893497_o
photo : NobuhikoTanabe

と思った矢先、気づいたらリアタイヤがパンク。え?どこでやったのか分からず、意気消沈しながら自転車を担ぐのです。残り2Lap、走れるか・・・と思ったら途中でゆろっぴにラップされたのでラストラップ。諦めず最後まで走ろうと思っていると、ぞろぞろゾンビのようにパンク組が集まってくる。最後はTonicのピナさんとランニングスプリントでゴール。歓声が非常にありがたかったです・・・。

まさかここまで来て機材トラブルに見舞われるとは思っていなかったので意気消沈していましたが、レース後ジェフにハグされ、スポンサーからも最後まで走ったことを褒められ、情けないのですが本当救われました。
そして昨日今日とで続々とFBやInstagramで写真がタグ付けされ、ありがたいコメントを頂戴し、本当参加してよっかったなぁとしみじみ感じています。

15354156_1149313391842208_643310366_o
photo : NobuhikoTanabe

日が暮れる前に会場を後にし、お酒を酌み交わしながらツアーのおさらいや、来年の話をする。本国社内でもAll-City Fun Meetingの模様は注目されていて、ぜひ来年度もというありがたいお言葉を頂戴しました。次はどんなライドになるでしょうか。

このツアーでお世話になったみなさんに感謝です。

7

金・土・日と珍しくおやすみを頂戴し、ALL-CITY JAPAN TOUR に合流。関東で パーティー & バイクロア を満喫してきました。

1

金曜のパーティーは 代官山 Unice にて。2時間のショップ向けプレゼンでは、ブランドマネージャーの ジェフ が用意していた資料と共にプレゼンを披露。これの内容が尋常じゃなく濃い・・・本人もとても緊張していたと語るプレゼンでは、ALL-CITYの基本指針や、彼らがとても大事にしている文化についての話などが語られました。

9

その後のパーティーにはユーザーの方はもちろん、All-CItyチームでもあるジュリさん繋がりで沢山のメッセンジャー仲間が集まり、独特な盛り上がりを見せました。どこに行ってもメッセンジャーたちはこのノリなのね・・・。

10

13

埼玉は、広大な敷地面積を誇る秋ヶ瀬公園ではバイクロアが土日で開催されました。両日共に快晴の中、前回から少し離れた広めの場所が舞台。もう6年もこのイベントは開催され続けているんですね。コースの長さ、ブースへの導線などかなりパワーアップしていました。特にテナントに関しては多種多様のブランドが肩を並べていて、それこそBS ANCHORから、我らがAll-City / SURLY、AboveさんやBlue Lugさんまで、よくぞここまで集めたなと見て回るのにとても時間が掛かるほど。

個人的には関西からエスキーナさんが来ていて安心できたのと、Park Toolさんがメンテナンスでブース出していて、エアコンプレッサーがTL使用者には非常に助かりました・・・。

この規模の、またはこんなに内容の充実したレースイベントが自分たちのローカルでも珍しいらしく、ジェフ、セールスの ネイト 二人とも会場内をウロウロウロウロ・・・自身のブランドのみならず色んな自転車やブースを興味深そうに見て回っていました。(2人とも奥さんと彼女の話をよくしてくれたけど、この日もパートナーへのプレゼントだって革製品を見つけてニコニコしながら鞄にしまってたっけ・・・。そんな可愛らしい一面も)

dsc_1750

もちろん、All-CIty Cycles という、まさしく自分たちが作った自転車が海を越えたここ日本でも様々な用途で使われていることを凄く喜んでいて、オーナーを見つけては自ら話しかけて「このカスタムのココがいい!」「色自分で塗ったの?凄くない?」と、、、工業製品というよりかは、自分たちの作った工芸品を見るようなニュアンスで話していました。

15

もちろんレースイベントなので、カテゴリーが充実していて出走者も多かったです。キッズ用のコースは常に誰かが走っているし、オフィシャルでリザルト出るのが異常に早くて、表彰がスムース。そういうのもあってか、おしゃれな自転車・おしゃれなウェアに身を包んだ中年のおじさんたちが「1年前に出場して、今日のためにのんびり練習してきたんだよー。また来年出られるのも楽しみ」というような声も聞こえてきて、レースに参加する敷居の低さを生で体感しました。とにかく「殺伐としていない」に尽きます。

12

長くなったので、僕たちのレースについては、また次のポストで