THE SOULBOWL BATTLEまで残すところ2週間!
暗黙下色々と準備を進めています。協賛品を各クラスに振り分けたり、特別なコンテンツも用意しています。

もちろん僕も参加する予定なので、俄然気合い入れて練習しています。

これ、撮ってもらって思ったのが、ピタゴラスイッチっぽいですよね。

インスタの15秒という制約が逆に良くて、大会の告知映像で撮ったものをまとめたり楽しくやってます。

仲間内でもエディット上げたり、みんなよろしくやってて。触発されて、昔作ったDVDから自分のパートをリッピング→vimeoにアップしてみました。

これは2005年の末に作った”KILL THE SKILL”という甲子園ローカルのDVDから持って来てます。今から8年前ですよ、おっかさん。布製のライダース、自分で詰めたピタピタのパンツ、ピンクの自転車。わけわからんです。K.G.G.M風に言うと「ヤンキーディスコで踊りなが〜ら、自分はパンクと思ってた〜」です。

曲はRamonesのライブSE “続・夕陽のガンマン” からのスターリンの ”ロマンチスト”。今でも変わらずパンクが大好きで、大会の告知映像はRise From The Dead(公式に許可いただきました◎)、上のインスタはMinor ThreatのSalad Daysですね。

パンクの話をして、この時点でページ離脱率が50%を越えていると思いますが、続きます。

そもそもパンクが好きな自転車乗りって少ない、いても年齢層が結構高くて色々話する機会もなく、ましてや近しい歳って言うとなかなか。そんな中、同世代でガッチリパンクを貫いてやっているアパレルブランドがひとつ。

a691c60a5cd311e39b9f0e94a78b729f_8

CUP AND CONEさん。関東のヨダくんが【自転車とパンク/ハードコア】をテーマに掲げ、ひとつひとつシルクスクリーン手刷りで作り出しています。

dcf66c545ce811e3b74b1270dd981a11_8

僕が着ているのはメインロゴが可愛い色であしらわれたパーカー。OUT OF STEP!

彼とは本当数回しか会ったことないのですが、パンク/ハードコア好きという点はもちろんのこと、松本・高須の放送室好きという変な共通点もあります。一方的に気になっていて、是非彼のお店に行って一度ゆっくりお話してみたいのです。

最近、soudcloudでラジオ番組を始めたようなので、是非チェックしてみてください◎

 

 

cup and cone
web: http://www.cupandcone.jp

cup and cone STORE
171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-3-14 1F
03-6914-0767

2013年12月7日 Bicycle, BMX, Music

fb5c49a85a8511e3a749121f6b9a245b_8

8863650394_51a52c6f7e_b

a man boosts different fields

@dave_hama

2013年12月2日 Bicycle, BMX, other

前回、ENJOY BMX CONTESTを取り上げていただいた【カルチャーマガジン生涯】の最新号をゲットしました。

cd1d68c8581a11e3aa1d12fe49d61113_8

今回はインタビュー特別号ということでサブタイトルは”GOOD VIBES”となってます。BMX、スケートボード、スノーボード、アート、音楽などなど、正しくVIBES高めな面々が対談形式で熱く語っています。

個人的に雑誌と言うと月に10冊くらいは(立ち読みも含めて)読むのですが、この生涯をフューチャーすることにはそれなりの理由があって、良くある有名人のインタビューって表面的な内容のものが多いと思うんですね。誰もが質問の意味を理解出来る簡単なモノが多いと思いますが、”生涯” に至ってはちゃんとその号のテーマに沿って、且つインタビューされている人たちの良さがちゃんと引き出されていると思うのですね。

shogai_13_p6_7

今回は、フレームの販売も開始したAlive Industryのレヒトくん、ユウゴくん、マジャくん3人のインタビューも掲載されています。やっぱり?(笑)と含み笑いな場面や、え?そうなんやーと意外な一面も。

それと、個人的に凄く気になっているFESN森田氏と、WOWのドギーさんの対談が良かったです。僕は森田貴宏って人を非常にシリアスな人だと勝手に思っていたのですが、ドギーさんのような非常にファニーなキャラクターの人との話の中で、その意外な一面、考えに凄く驚きました。

ということで、これ以上はネタバレなので是非全国の取り扱い店で手に取ってチェックしてみてください◎

カルチャーマガジン生涯
http://www.shogaimag.com/

生涯取扱店
http://www.shogaimag.com/shoplist/

2013年11月29日 Bicycle, BMX, Magazine

スクリーンショット 2013-11-25 0.43.51

岐阜県は上石津で開催されたBMXコンテスト、Bigcity Jamへ参加してきました。主催は名古屋のBMXライダー ”zisoustyle” 白石くん。かねてから「ENJOYをお手本にしてます!」と色々連絡してくれていて(恐縮です)一回目は仕事で行けず、今回初参加でした。以前しばらく愛知県に住んでいた時期があったのですが、久しぶりに会うライダーも多くてテンション上がりました。

11028720026_86cb2584e6_b

夜中に降った雨も日が出るとすぐ乾き、予定通り大会はスタート。秋晴れでそれ程寒くもなく、乗ってるとTシャツでOKなくらい。段取りもちゃんと考えられていて、掲示板で予定を予め記載したり参加ライダーが自分の出番をロストする場面もなかったですね。

もう既に大会の模様が動画で上がっていたので貼っておきます。

11028585075_74c44f21e5_b

予選でメイクしたウォール上へのペダルストール。結構フロント下がってますが、何とか降りれるもんです。

決勝への進出を果したものの、途中バイクトラブルで思ったことが全く出来ず非常に残念な結果に。正直かなり悔しくて終わってからうなだれてたんですが、表彰でまさかの4位!ええええ!?FBでも書きましたが、自分より確実に良いライディングをしていたライダーもいたと思いますが、ここはひとつ、自分のことをそうやって評価してくれたジャッジが居たことに感謝して、受け止めたいと思います。ありがたや。

11026945434_ccaf25710b_b

今回、BMXのイベントには初めてコーヒー持っていってみました。このところバタバタだったので、エアロプレスとガスバーナーで簡易に。それでも40杯くらいは淹れたかな。

ちなみに、コーヒー淹れてる最中、豆の種類や器具のことを結構訪ねられたので参考までに記載しておきます。

先ず使用した器具は前述、”Aero Press”です。こちらのポストでも書きましたが、ドリップやエスプレッソに比べ、どこで誰が淹れてもある程度安定した味を抽出出来るのがメリットですね。豆は予め挽いておいて、お湯を沸かすバーナーとポットだけ用意すれば、アウトドアで非常に活躍します。

Amazonでサクッと購入出来るのもいいですよね。

で、豆はサードウェイブにあやかってシングルオリジンでした。シングルオリジンとは、ブレンドではなく1つの農園で育てられた1種類の豆だけをしようする場合を言います。今回はグアテマラのエルソコロ農園を中煎りで。
芦屋市のTORREFAZIONE RIOさんで購入しました。酸味が美味しい!と言う意見が多かったのですが、RIOさんのサイトでも「ブルーベリーのような爽やかな酸味、はちみつのような甘みと全体を包み込む滑らかな質感」と評価されています。エアロプレスは豆の挽き目にちゃんとした定義がなく、今回はより酸味を際立ててコーヒーの苦みを抑えたかったのもあって少し粗い目に挽いてきました。

エスプレッソやラテアートなどは非常に敷居高いですが、エアロプレスなら結構簡単に始められるのでオススメです。

ということで、参加された方お疲れ様でした。白石くん、次も期待してます。

2013年11月25日 Bicycle, BMX, Party, Trip

スクリーンショット 2013-11-18 8.12.20

本当今更ですが、ENJOY BMX CONTESTのFacebookページを作りました。イベントページは毎回作成していましたが、今後はこちらのファンページをメインに動かしていきたいと思います。是非是非みなさま、「いいね」をお願いします。

 https://www.facebook.com/enjoybmxcontest

 

スクリーンショット 2013-11-18 8.15.06

それと、、以前、ここでも紹介したHeroin Skateboardsのチョッパーさん、彼のボーナスパートがThe Berrics(BMXで言えばBakeryみたいな感じ?)で紹介され物凄い数シェアされましたが、今度は彼も所属する三角公園のスケートクルー “Osaka Daggers”がBerricsにてフューチャーされています。

複雑は説明は必要ないですね、とりあえず動画見れば分かると思います。身近な友達がこうやって世界から注目されるなんて、素晴らしいです。

http://theberrics.com/gen-ops/at-triangle-park.html

せっかくなので、The Berricsでの紹介文を翻訳してみました。チェックしてみてください。

“Forget Street League. Forget The Berrics. Forget it all for a second. There is no right way to ride a skateboard. It’s a highly subjective art form open for interpretation. Sure, some skaters choose to push the technical or physical limits, but there’s a whole other movement going on around us. One that ignores all the stair counts, flip ins, flip outs, and points and scores. Meet Chopper and the Osaka Daggers out of Triangle Park in Japan. They’re one of the most interesting and creative skate crews in the world―completely ignoring modern skate convention, and choosing to interpret our favorite art form in a totally different way from anyone else. Remember, skateboarding is meant to be fun. Get out there and use that plank of wood however YOU see fit. These dudes sure did.”

Street League(スケートボードの世界大会)から頭を離してみよう。そしてこのBerricsからも。この瞬間、全ての固定観念を忘れて欲しいのです。スケートボードに乗る上で正しい作法だなんてのはない。この一連のアートを正しく理解をする為には高度な想像力が必要だとも言えます。

確かに、技術的または物理法則的な限界を突き詰めることをチョイスしたスケーターもいます。しかし我々の周りでは違ったムーブメントが動き始めています。彼らは飛び越えたステアの段数や、フリップイン、フリップアウト、または大会でスコアを稼ぐことにすら関心を寄せません。

チョッパー氏を含む、日本の三角公園というスポットで滑るOsaka Daggersを訪ねてみよう。彼らは世界的にも独創的でとても興味深いスケートクルーのひとつ、イマドキなスケートのスタイルに全く捕わず、他の誰とも全く違った方法で我々の関心の的となりました。

思い返して欲しいのは、スケートボードとは”楽しむこと”と表裏一体だということ。外に出て、木の合板を使うだけ。ただし自分たちにマッチするカタチで。彼らはそれを良く理解していると言えます。

WHEV.com
http://whev.com/

2013年11月18日 Bicycle, BMX, Internet, Project, Skateboarding

今更にステッカー作りましたよ。

f10a1ffe4dae11e386020ef894f0130c_8

過去にENJOYのステッカーって大会に合わせて2回作っていて、共にフライヤーのデザインをそのまま落とし込んでいました。結構大量に撒いたので持ってる人も多いかも?でも今回は少し風変わりなモノを。あくまで大会に合わせて、ではなく定番デザインというようなイメージで。

知ってる人はすぐソレだと分かると思うのですが、某アパレル、タグのパロディー。あの当時、Tシャツってそんなにクオリティ高く無かったし、海外のカッコいいブランドのモノをテロテロになるまで着てましたよね。自転車には炎天下で乗るから、肩の辺りとか日に焼けて酷い風合いにもなってた。それでも自分がBMXライダーであることを町中に誇示したくて、それが逆にカッコ良かった。そんな古き良き思い出。

ENJOYOFTHELOOM(RGB)

あと、大会のステッカーとか、大会オリジナルTシャツってナカナカ着にくくないですか?僕だけかも知れませんが、自分で作った大会のステッカーは記念品っぽくてあんまり自転車に進んで貼れない。それが分かってたから前回大会のTシャツはなるべく普段でも着れるように”ENJOY BMX CONTEST”と言う文字を小さくオフセットしました。

そんなことから「定番デザイン」ということで、自転車に貼っても記念品っぽくならないモノにしました。僕自身、ENJOY BMXのステッカーはほぼ初めて自分の自転車に貼りました。

常に持ち歩いているので、欲しい方は是非お声がけください。喜んで差し上げます。

ENJOY BMX CONTEST website

Sumally “ENJOY BMX CONTEST” items

 

2013年11月15日 Bicycle, BMX, Project

やっとこさローンチに漕ぎ着けました。

今年、ENJOY BMX CONTESTをもう一度開催します。但し、形式、場所はいつもと違ったもの、、、
その名も、【ENJOY BMX Presents…. THE SOULBOWL BATTLE at “g” skates park】

神戸は六甲アイランドに位置する “g” skates park。インラインスケートの安床兄弟のホームとしても知られるこのパーク、全面スケートライト張りのスクエアボールセクション、通称 “SOULBOWL” のみを使ったコンテストやります。

soulbowl_004_1024

アマチュア / プロクラスに分かれ、予選を経て各クラス8名が決勝へ。決勝は1on1のトーナメントバトルです。エントリーはアマが3,000円、プロが4,000円。プロは賞金が出ます(優勝者50,000円を予定)

ジャッジ評価は
・技の難易度 30点
・メイク率 30点
・ルーティーンの完成度 40点

日付は 【2013年12月22日(日)】、次の日23日は祝日なので是非関西で連日ゆっくりしていってください。大会として貸し切るのはスクエアボールだけですが、他のセクションは一般の方と共有で誰でも乗って貰えます。(大会エントリー者以外は1500円通常の滑走料がかかります、またBMX以外の方への優先にご協力を!)
大会はアマ&プロクラスだけですが、大会開催中もその他セクションでライディング出来るのと、“g” skates parkではお馴染み、尼崎MIAローカルのTIMくんの名を冠した”TIM JAM”も同時開催予定。バニーホップコンテスト、ジャンケン大会など、キッズから大人まで是非みんなで集まって一緒にライディングしましょう!

flyer

今のところ告知出来るのはここまで。アマプロクラス以外にも、サブボックスだけのワンメイク、その他企画を考えていますよ。今後の追記項目は公式ウェブ&公式のブログを是非チェックください。

では当日、兵庫県神戸市 六甲アイランド “g” skates parkでお会いしましょう。

【ENJOY BMX Presents…. THE SOULBOWL BATTLE at “g” skates park】
2013年12月22日(日)開催

公式ウェブ:http://enjoy.vh-lg.com
公式ブログ:http://enjoybmx.exblog.jp
Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/1377709999139378/

大会協賛: GOODSKATES Inc. / UNIT JAPAN / PLAYDESIGN / Ride2Rock.jp(モトクロスインターナショナル)/ Jykk Japan / TOTAL BMX JAPAN / BETONES / PRO-TEC (ZEN Distro) / CHICKENNOT / I-PATH Japan BMX Team / asai-works / FREE / DECO BMX / tanmenboys / KM4K / SLmedia

2013年11月9日 Bicycle, BMX, Party, Project

先週末はRedBull Holy Rideに参加してきました。

写真-2013-11-03-14-10-20

以前の告知通り、場所は大阪でも有数のお寺さんである勝尾寺。周りの友人に参加する旨伝えると「え、勝尾寺でやるの!?」とみな驚いていました。そんな場所。
恒例の安全祈願式では担当の坊さんが「主催側から安全祈願を頼まれましたが、今日この日を迎えられたこと、この場所が在ることを、今一度感謝をし、感謝をした者にのみ御加護が与えられることでしょう」的な話をしていました。まあ当たり前と言えば当たり前なのですが、なかなか雰囲気のある坊さんで、イベント開催において良い喝になったと思います。

写真-2013-11-03-9-39-40

レースの展開は簡単に言って大荒れ。練習走行の時点から霧雨が降り、予選を1/3程終えた時点で結構な雨が降ってきました。境内の石畳は当然雨でスリップ必死の状態。アマ〜プロ関わらずクラッシュが続出。基本的には軽い転倒が多かったのですが、木で作られたセクションで転倒すると結構なスピードもあり、骨折、脱臼もあったようです。

写真-2013-11-03-10-14-16

とは言えコース自体は最高でした。
普段のDHやBMXのスケートパークで見慣れた景色とは全くの別世界。何百年も前に建立されたパワーポイントで自転車乗るということはこんな凄い感動を得られるものなのだと甚く感心しました。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=i5zUSpsvBfE[/youtube]2013redbull holy ride トーナメント2回戦Heat1 by nobichenco

練習走行、レース共に境内の頂上に設けられたゲートからスタート。コーナーを抜けて前述の木のセクションに近づくと、人・人・人。勝尾寺は結構な僻地なはずですが、多くの観客が集まり、彼ら彼女らの声援を浴びながらバームを抜けていくのです。途中立ち上がりでリヤタイヤがスリップして、無理矢理漕ぎでリカバーしたのですが、おぉぉぉぉ!という歓声でテンション上がりましたね(真剣にやれ、俺)
その先の階段バンクでカッコ付けてテイルスライドするのもつかの間、通称ダルマコーナー階段侵入手前で今度はフロントが取られクラッシュ。幸い大事には至らなかったのですが、数日前にBMXでクラッシュして負傷していた左中指だけをピンポイントに打ち付け激痛が。完全に戦意喪失し、項垂れながら階段を下ったのですが、またもや声援が聞こえやる気が。最後は結構必死で漕いでゴール。

クラッシュしてなくとも予選通過は難しいタイムでしたが、このシチュエーションで自転車に乗れたことは大きな思い出になったのでした。正直、練習走行では本戦に向けて体力を温存して1本しか走らないライダーもいる中、楽しすぎて練習3本、本番1本の計4本。充分に参加した意義があったと思います。

スクリーンショット 2013-11-05 8.37.24

レース展開的には、招待選手のフィリップ・ポルクが圧倒的なスピードで優勝。雨で湿る路面でも全くコントロールを失わないライディングに、アイルトンセナのそれを思い出す程でした。

詳細なレポートはまた後日RedBull本サイトでも公開されることでしょう。

写真-2013-11-03-14-07-56

2013年11月5日 Bicycle, other, Party

先週 “g”skatesで乗っていたところ、フファニュー失敗→自転車投げる→フレームリヤトライアングル湾曲をメイクしました。ZAIフレーム、乗り易くて結構気に入っていたので残念。取り急ぎすぐに乗りたいフレームも思いつかないので、以前乗っていたものに組み替え。

写真-2013-10-28-21-51-48

せっかくなのでデカール、というかステッカー、というかシール作って貼ろうかなーと悩んでみました。自転車に貼るシールにはちょっとだけ拘りがあるのです。

普段はスポンサーと、BMXには少し関係の無い活動をしている友達が作るステッカー、以前はsexy-sugiさんのbluth skateboardsENJOYのフライヤーイラストも手掛けてくれたHirottonDHのNinjyaTVkntrくんのCaesiumなどを気に入って貼ってました。

それとインターネット系のステッカーを慣習で貼ってます。インターネットが好きです、と言うとちょっとナードな感じもしますがそれで良いです。前回はSumallyの公式ステッカー貰ったのでそれを。

tumblr_lanl8hDx6b1qz72w6o1_500

↑その前はTumblrのステッカーをDIYで作って貼り、撮った写真をTumblrにポストしたらNoteがメチャ付くというマッチポンプをメイクしてたのでした。

Sumallyはややリテラシーの低い人たちが参入してきて面白く無くなってきてるのと、TumblrはYahoo!に買収されたし何だかなー。逆にフラットデザインで激烈ダサくなったYahoo!新ロゴをトレースしようかとも思ったのですが、純度100%なインターネット感の高いサービスがやっぱいいので、これにしました。

100年前、大正2年から続くインターネット上の秘密結社【IDPW】彼らのロゴを勝手にトレースして勝手に貼ってみました。
以前ブログでも紹介しましたが、彼らが言う「インターネットを現実の世界に引っ張り出して来る」感じが結構好きだったりしますし、出来ることはDIYでやる点にも共感してます。

写真-2013-11-01-0-35-55

大げさに書きましたが、シール貼りました。な、ポストでした。

event-participant

ところで、今週末は各地で様々なイベントが行なわれますね。
サイクルモードでのMX Dream Jamも非常に魅力ですが、以前のポスト通り、僕はRBHRに参戦します。

日曜は勝尾寺でお会いしましょう!

2013年11月1日 Bicycle, BMX, Gadget, Internet

先日行われたペルージャカップにて圧倒のハイエアーを披露したTakaこと杉坂タカユキ。彼とは地元が一緒で、みなとのもり公園などで一緒に乗る機会も多いのですが、聞くとBMXでは大会も数回しか参加したことないとのこと。

それならとばかりに簡単なインタビューを行ってみました。彼の日常を収めた新しいEDITと共にどうぞ。

IMG_9618
662トレイルでの360 photo: Kyoshoueroda

★タカユキはMTBをメインに乗ってるイメージやけど、実際MTB / BMXはどのくらい乗ってるの?
-マウンテンは中3から。BMXは・・・去年から。ハヤトくんからフレーム貰ったのが去年やったと思う。
(インスタを確認しながら・・・)あ、ちょうど一年前。ペルージャ出た日がBMX組んでからちょうど一年や。

★タカユキのようにMTBとBMXを上手く両立しているライダーって少ないと思う。その辺りって?
-もともとマウンテン乗ってるから、、、BMXは最初パーク乗り易いってところから入ったかな。だけどマウンテンが好きかな。

★MTB / BMXを交互に乗って違和感ってない?それとも慣れるもの?
-たまに662行ってからみなとのもり行ったりするけど、ぜんぜん違和感なく乗れるで。むしろダートで(MTBに)乗ってからパーク(でBMX)乗ったらめっちゃ調子いい!プッシュがよく入る感じ。

8272352180_2d8a01d200_b 2
Invert at S-woods(RIP) photo: dave@hama

★今までで一番最低な怪我は?
-手首骨折。カナダのウィスラーのダウンヒルで、全然知らんコースを(井本)ハジメとかの後を付いて行って、、、、ジープロードから普通のコース入るところにドロップからコーナーがあって、全開で突っ込んだらコーナーから飛び出してん。伐採した木がおいてあって、そこに突っ込んで前転。

★それってウィスラー何日目?
-1ヶ月行ったうちの3日目・・・・。

IMG_9788
Haro Japan Tourの時の一コマ、彼の先導でレジェンドNastyが初めてのレーンにトライした。 photo: bob_woods

★スポンサーついてたことはある?
-ブラックマーケットのライダーやった。

★今付いて欲しいスポンサーとかある?
-やっぱアパレルとか欲しいけど、、、そこまでのレベルに達していないし、、、、。
アパレルやったら、、、靴欲しいな。

★自転車のスポンサーは?
-まだ、BMXのメーカーとかよくわかってないし、乗って日が浅いからどのチャリがいいとか良くわからないし。。。。ただMatt Roeは好き、彼のフレームは乗ってみたい。

8683990432_ae3c465185_b
Moto Whip at みなとのもり公園 photo: sgym662

★好きなライディングスポット
-マウンテンでダートやったら662、パークやったらみなとのもり。

★地元で、良く一緒に乗るライダーは?
-ハヤトくん、タケシくん、、、、あげていったらキリがないけど、ダートやったら弟(よしゆき)かな。
出来れば、同じレベルで競える、いや、とにかく同世代のライダーと一緒に乗りたい。

★県外で良く一緒に乗るライダーは?
-ゆーき、サンタとか。

★カナダで良く一緒に乗ったライダーは?
-今年は関ちゃんとサンタ、、、、ほぼサンタとおった。

★外人は?
-俺はフォークを空港で取り上げられて、みんなDHしてるところになかなか参加出来なかったから一緒に乗る機会少なかった。

945061_651764394849307_341946731_n
Invert -Kugenuma Session photo: Yuta Yoshida

★好きなトリック
-インバート、と、ウィップ。

★インバートで拘っているところ、気をつけてるところは?
-腰。

★過去一番上がったセッションは?
-難しいなぁ。俺、マウンテンで出たエンジョイが一番楽しかったかな。360も回ったし。

 

[vimeo]http://vimeo.com/77954199[/vimeo]

★新しい動画について、拘ってるところ教えて
-拘ってるとかじゃなくて、その時楽しいものを撮りためて、あげてるって感じ。

★でも結構ボーダレスで面白いよね、そういうのは意識してる?
-うーん、マウンテンも好きやしBMXも好きやし、どっちも好きやから、、、、正直、自然にしてるだけやからあんまり意識ってしてないかな。

★次遊びに行く予定の大会は?
-サイクルモードに合わせて東京行くよ。ハロウィンからずっとその当たりにいるよ。

10286582633_dc7988f765_k
ペルージャカップ、最高記録である430cmを飛んだ瞬間。 photo:  taka712

★最後に、、、ペルージャカップでのハイエアーの感想を教えて。
-優勝出来なかったのは悔しかったけど、あそこで一番高く飛べたし、終わったあとにみんなが「タカやばかった!」とか「一番高かった!」とか行ってもらえたのが一番嬉しかった。

10431514406_a734368e86_b 2
Boost Air photo: sgym662

662トレイルで出会ってから彼此5年くらいかな?高校生時代はローカルでじっくりスキルを蓄積していたイメージ。地方から662を尋ねたライダー、MTB/BMX関わらずみんな彼のライディングに驚かせられることが多かったですよね。
クルマの免許取ってからは、本当地方へ良く動くし、これからがとても楽しみなライダーですね。

Takayuki “TAKA” Sugisaka
Twitter / instagram / Sumally / facebook

2013年10月29日 Bicycle, BMX, other

1 3 4 5 6 7 14