17409f84b7ca11e28dba22000a1f97e5_7

6年ぶりくらいにG-SHOCKゲットしました。BMX業界ではReal Toughness効果があるのかないのか、ただバンバンあの手この手でイベントを打ち出してくれていますが、実はそれとは別にこちらの動画を見て一目惚れしました。

 

黒人さんの”You see my phone?” カッコ良過ぎ。”Sure?” って言われたら確かに目を逸らしたくなりそうですよね。

モデル名はGB-5600AA。劇中、Stevie WIlliamsが使用しているGB-6900AAより小ぶりでオールドスクールなモデル。

正直Bluetoothを使用するのでiPhoneのバッテリー減り加減は結構酷いもんがありますが、それを除けば着信は絶対逃さないし、そもそも携帯無くさないで済むし、SNS系のお知らせも気が効いてて良いですね。既に先日アプリの改善も行われていたので、今後ちょっとずつ機能が増える可能性もあるかも?

ちなみに購入したモノはSumallyにまとめてます。こちらもどーぞ。

2013年5月15日 Bicycle, BMX, Gadget, Movie, Skateboarding

写真-2013-05-13-8-00-49

サーファーたちのメッカ、神奈川県は鵠沼スケートパークで行われたBMXコンテスト、Kugenuma Sessionに参加してきました。地元湘南のBMX SHOP、IMPERIAL RE3Xが運営を行うこのイベント、直前まで天気に悩まされ行くかどうか決めかねていたのですが、一転、金曜の時点で晴れ予報に変わったので弾丸で高速を走らせることにしました。

kugenuma-session

尼崎を19:00に出て、近所のSAに0:30着。まぁボチボチのペースでしょう。朝まで寝て早朝、会場のある鵠沼スケートパークへ。ドラマ・ラストシンデレラでお馴染み、主人公?のホームパークとしても登場するパークですが、たぶん訪れたのは10年ぶりくらい。目の前は多くのサーファーが波待ちをする湘南海岸。潮風を浴びながらお日様の下でライディングをしたら、、、、マジで丸焦げになりますね。気持ちはいいんですが、湘南の日差しで恐ろしく日焼けしました。

5ff06fc0babd11e2a9cf22000aaa0a6f_7

そんな快晴の中、大会はスタート。僕はプロクラスにエントリーしたのとMCとしても参加させてもらいました。最初に行われたジュニアクラスでは、なにせローカルライダーが目立ちました。湘南とかうみかぜと聞くとipathの樋口元気というイメージがあって、あんな感じのライダーが多いのかと思いきや、mankindのBMXに跨ったダニエルキッズがメチャ多かったです。IMPERIALのステッカーを貼った子もかなり多かったので、いい感じで新しい世代がこの地域に根付きそうですね。

で、僕も乗りました。まぁなんだ、体力の無さを痛感しました。左肩の筋を切ってからそれほどライディングには不具合無かったのですが、MCやってる最中ずっと左手で荷物持っていたからか、いざチャリンコに跨ると妙なダルさを肩に感じていまひとつ納得のいかないライディングになってしまいまいた。最後のフェンスへのストールは良かったんですが、得意な技をミスしてしまったのは非常に悲しかったです。今回トレーナーの判治さんに少しトレーニング法を教えて貰ったので、夏までにはムキムキになる予定です。

写真-2013-05-12-15-00-25

大会はと言うと、ENJOYと比較して同じBMXのコンテストと言えど相違点もいくつかあり、例えばコンテスト形式も一人ずつ走行で混走は基本ないルールだったし、そうなると時間の切り方やペース配分が難しいですね。JAMだとどうしてもジャッジに不具合が生じるので、少し混走なしも検討しているんですが、、、どうでしょう。悩みどころです。またサーファー文化が根付いているだけに観客もみんな日に焼けて真っ黒な人が多く、それだけでも雰囲気から違うもんです。

プロ優勝は名古屋、勅使河原大地。腰を悪くしてエンジョイは観戦を選択した彼ですが、今回は何とか出場。いやしかし、上手かったです。少し見ない間にそんな進化するものか、、、という印象でした。
プロツアーで国内を回る海外ライダーをたまに見ますが、彼らの、自転車をさもオモチャのように扱う感覚分かりますかね。あれと同じ雰囲気を今回大地のライディングから感じました。ひとつ頭飛び抜けた感じ。謙虚だし応援したくなりますよね。
大地の弟、流星もジュニアクラス優勝、そしてキッズは京都のリムが優勝、ということで二世ライダーの真骨頂を目の当たりにしました。

そういえばNinjyaTVのメンバーが勢揃いで遊びに来ていました。ハジメ、ユーキがDH一戦目を1・2位フィニッシュしていまして今ノリに乗ってる彼ら。今回Tシャツ製作で少し協力しまして、2枚支給してくれました。夏にはこれ着て富士見DHしたいですねー。

2013年5月13日 Diary

map

ENJOYが終わったので、GWにちょっと島根~鳥取をドライブしてきました。
中国地方でもこの2県は未踏の地だったのですが、ENJOYにも協力してくれたALIVE INDUSTRYが島根でJAMを行うということで、じゃあ行ってみようと。(ルーティーンも大して決めずに行き当たりばったりで、GWが災いして宿とるのに20件以上電話する羽目に・・・)

先ずは朝温泉をメイクして会場へ。バンク&縁石メインの太東公園チャレンジ広場。普段はスケート専用のところ今回は特別に使用させて貰ったらしく、レアなシチュエーションを満喫しました。一時雨に見舞われるもすぐに回復。地元でストリート乗っていた時はバンクばかりでしたが、最近はめっきりで次の日の筋肉痛が辛かったです。

宿は雲南市木次という町でとったのですが、木次(きすき)ってなんか聞いたことあるなぁと思ったらこれでした。

写真-2013-05-05-18-10-32

木次パスチャライズ牛乳。神戸のEspresso Bar PLUSさんでも使用されている牛乳の銘柄ですが、これが美味いのなんのって。バターの風味が凄く強い。
パスチャライズというのはフランスで開発された熱処理法を施した牛乳のことらしく、具体的には65℃で30分もかけて殺菌してます。普通は120-140℃にして2-3秒で済ますのでどんだけ手間掛けてるんだって話ですよね。

マニアックな話、ラテを作る時にミルクをスチームしますが、70℃くらいで乳脂肪が分離して味に変化(甘みが落ちて味が単調になる)が出るので、大体60-65℃のミルクフォームを作るのが良しとされてます。しかし普通の牛乳は殺菌時に一度120℃以上になっているので、そもそも味が落ちた状態で販売されている、ということになります。木次牛乳はその点処理の時点から70℃を越えないので、美味しさが持続しているということなんでしょう。賞味期限が短いのがたまに傷ですが、まぁ味が良いならOKでしょう。

そういや、スターバックスでラテ頼むと明らかに熱々のコーヒーが出てきて味が単調だなぁと不満になったことないですか?一度分離したミルクは戻らないので冷めても不味い。一応スタバでも65℃以下のマニュアルが存在するらしいんですが、客にヌルいって怒られるからかスタッフが勝手に温度を上げているようです。スタバでラテ/カプチーノを頼む時は「ぬる目で」とオーダーするのがオススメです。スタッフも喜んで適温を用意してくれます。

写真-2013-05-05-9-33-35

はい、話がそれましたが、木次では軒先の牛乳ポストもパスチャライズです。羨ましい。

写真 2013-05-05 10 45 17

ということで、うんうん言いながら雲南市を後にし出雲大社へ。何でも御本殿は平成の大遷宮中で、60年に一度の大改修をカマしてました。7年かけてもう間もなく完成するらしいんですが、つまり神様は御仮殿で仮暮らしということらしいです。何だか笑えます。あと神無月(出雲では神有月)に全国の神様が一斉に出雲へ集合しますが、中には地元を守るだ何だで会に参加せずローカルで過ごす神様もいるらしく、神様の癖にその人間臭さに笑ってまいました。

その後アンカーさんが営む自転車屋、pratyayaへ。出雲そばを食らって昼寝して、出雲ドームのスケートパークへ。普段はスケートオンリーらしいのですが、普段からアンカーさんらがスケーターとコミュニケーションを繰り返し、僕も許可を得てライディングさせてもらいました。スケーターの方とも少し話ましたが、みんな穏やかでいい雰囲気でした。

そこから鳥取砂丘で日の入りを見ようとクルマを進めるも渋滞で間に合わず、先日オープンした羽合スケートパークにて暗くなるまでライディング。ローカルのライダーと話をするんですが、毎回「神戸から来ました」「この前エンジョイありましたよね?」「はい、僕が開催しました」「はぁ?」このやりとり何回目でしょうか・・・。

最後は暗闇の中、鳥取砂丘へ。もちろん全く何も見えない中、砂の上を歩いただけで終了。
なかなか充実したGWが過ごせて満足でした。このペースでブログも書けたらなぁ・・・・。

2013年5月8日 Bicycle, BMX, Coffee, Party, Trip

GWを挟みましたが、前述のENJOY BMX CONTEST無事に終了しました。

詳しいレポートや動画は公式ブログをチェックください。

僕個人的には、前回より更に段取りが良くなって大会自体を見る時間をかなり作ることが出来たり、
自分も参加してMiddle3位になったり、ナカナカ良い結果となりました。

写真がちょいちょい上がっているので貼り付けておきます。

名称未設定-1

並べた写真は全て予選での写真。深めのターンダウンは一度しかしていないので、全て同じタイミングだと思うのです。
左上からsgymさんvanaさんbob_woodsちゅっちゅさん。こんだけ一斉に撮ってもらえると嬉しいです。ありがとうございます。

次回は・・・まぁまだ未定で。先ずは今回の清算など色々終えてからまたアナウンスしたいと思います。

そうそれと、今回もENJOY BMXを介した新たな繋がりが沢山あったんですが、その中のひとつ、
徳島にて毎年開催されているFSFG/Bike Poloのコンテスト “shiokaze”(5/18-19開催!)でエンジョイの
楯も作ってくれている”asai-works“さんが協賛となったそうです。要はあの楯のshiokazeバージョンが
登場するってことですね。とても楽しみですし、この繋がりは嬉しいです。

2013年5月7日 Bicycle, BMX, Party, Project

12
1 2