CXワールドカップ11戦のRucphen(ルクフェン)の動画をようやく見れた。ピドコックがW杯初優勝で、非ベルギー・オランダ勢での優勝が何年ぶりとか。

https://www.youtube.com/watch?v=ygu-wD6fOjU

高速巡航のコースで、割とパックで走る感じ。前半はラーズバンデルハーと兄バンデルポールが飛び出すが、10人くらいのパックになっていつものメンツが前を牽く状況。それを後ろからジワジワ追うピドコック。

中盤を終えてピドコックが追いついてからも先頭入れ替わり、最終周回でイズリビッドとマイケルバントールハウト(彼の走り大好き)が逃げるが、ピドコックが捕まえて、シケインで順位入れ替わり。ピドコックが優勝って展開だった。

トッキーも書いてたけど、最後の最後で侵入のライン変えてて笑ってしまった。この状況で頭冴えてる。ここまできっちりレースが決まる展開は経験少ないけど、僕もよくレース中に「嘘のライン」走ったりしてる。

更に笑ったのが、レース後のインタビュー。最後の展開のことを話してるけど、「Fuck it!」(*で、最後やってやったんだよ)で空気が一瞬凍っててウケた。いいな、若くて。

(*この「Fuck it!」は「で、最後やってやったんだよ」ではなくて「もうどうにでもなれ」「一か八か」的なニュアンスの「Fuck it!」やで、とご指摘いただきました。なるほど。)

レース全体を見てて、ピドコックが全然速そうに見えなかったのが印象的。よく見ると休みどころでめちゃめちゃハッキリ休んでて、そう見えただけっぽい。他の選手はインターバル箇所以外でも前のめりで攻めてる感じがあったし、逆にピドコックのリラックスしてる感がすごかった(語彙)

W杯初優勝、ピドコックの走り

kossy


自転車歴20年の社会人アスリート。BMXパーク競技を経て泥の中をレースするシクロクロスへ参戦、ボーダーレスな自転車競技活動を続けている。All-City Cyclesの本国契約ライダーとして国内トップカテゴリーを走る一方、本職では自動車整備業に従事。乗り物のほかコーヒー、銭湯、カメラにアウトドアなど、趣味は常に多彩でオーバーフロー気味。 Instagram / Twitter / Facebook


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です