Electric Queen、外観プレビューはこちら

さて、All-City Cycles Electric Queenを、ローカルのトレイルで走らせてきました。
ちょうどこの週は全国的な寒波で、普段雪の降らない僕の地元ですら吹雪いていました。当然標高の高い山の中には雪が沢山残っていて、贅沢にもスノーライドを満喫することが出来ました。プラス規格のタイヤにはうってつけのコンディションとも言えます。(ちなみにFは1.0bar / Rは0.9bar)

いつもの馴染みのアプローチをジワジワ登り、トレイルヘッドまで。驚くほどのリヤ荷重で、舗装路ですら若干ハンドルをフラつかせながら、良いポジションを探ります。いつもの乗り物とは随分異なることを思い知らされます。

完成車に組み込まれているSRAM GXの変速は快適そのもので、無駄にシフトしながら山頂まで向かいます。道中、それなりに登りの段差があるんですが、いつもだと乗れない箇所も余裕でトラクションが掛かる。ギアがあるからというのもあるんですが、あまり軽すぎてもフロントが抑えられないので、適度なギア比でジワジワ掛けつつ乗車率を更新していきました。下りをメインに考えていたのでサドル低めにしたのですが、このあたり今後ドロッパーポストで解決出来そうですね。ワイヤーを内側から通すラインも用意されているので、取り付けが楽しみです。

登りを楽しんだあとは比較的フラットなシングルトラック。予想通り縦の動きに余裕があり、ちょっとしたバンクでジャンプしてみたり、ラインを外して側壁を走ってみたり、、、タイヤなのかサスなのか、かなり横柄に扱ってもほぼギャップなど去なしてくれることを徐々に理解していきます。

但しプラス規格のこのタイヤについてはかなり特性が異なる印象を受けました。通常MTBのコーナリングというと、トレッドの角を路面に突き刺して曲がっていく印象があります。ですが、このサイズのタイヤになると突き刺せるほどのトレッドも無ければ、空気圧のせいかどの辺が角に当たるのか、振動に寄る情報が凄く少ないです。どちらかと言うとタイヤそのものの面圧でグッとトラクションを掛けて、それこそシクロクロスのような感覚でコーナーをクリアする方が適しているように感じました。

これはデメリットなのか、それとも慣れなのか判別難しいですが、プラスの恩恵を受けるべく空気圧を下げれば下げる程乗り方は変わっていくはずです。

その分直進安定性は抜群で、それは長く続く下りで大いに発揮されました。とにかくハンドルのフラつきが少なく、どのタイミングからでも狙ったラインにタイヤを運ぶことが出来ました。合わせて角度のついたフロントフォークはかなりのギャップもモノともせずタイヤを転がせるし、結果乗り手に心理的&身体的な余裕を持たせてくれます。

正直、マシンがハイスペックになって速度域が上がってしまうのは、転けた時のリスクを度外視している感じがしてあまり良い気がしていませんでした。ある時下りで置いてけぼりを食らっても、それこそLogLadyのリジッド・SS・XCジオメタリが怖がりの僕には合っているなぁと、言い聞かせていました。

ですが、Electric Queenはそういう話でも無さそうです。結果的に下りのスピードは上がったのですが、それでも身体全体には次のアクションを取る余裕が常に確保されていますし、スピードが遅くてもギリギリで身体を硬直させながら下るのとは全く別物です。出そうと思えばもっとスピードも出せますが、ある程度の余裕を残しながら充分心地いい速度域でトレイルライディングを楽しむことが出来る新しいMTBと言えます。

冒頭「トレイルで走らせる」という言葉は、乗り手と乗り物が分かれている感覚を表しています。後ろ乗りで全体を見ながら操るという感覚を連想させましたが、これこそがElectric Queenのアイデンティティではないかと思います。

※本国の方でも在庫が完売しているとかで、お求めの場合は全国のショップへお問い合わせくださいませ。
http://ride2rock.jp/shop/deal/all-city/

All-City Cycles / Electric Queen

Distributed by Motocross International

Build by RideWorks Ashiya

 

外観プレビュー編はこちらから。

2018年1月29日 Bike Check

 

ライドインプレッション編はこちら。

All-City Cycles が満を持してリリースした新型MTB、Electric Queenが我が家にやってきました。先ずは外観&ジオメタリについてレビューしてみたいと思います。

同ブランドとしては3車種目のMTBになりますが、JYD / LogLady とは全く違った個性を持つこのバイク、実は僕、1年以上首を長くして待っていました。というのも、構想自体は相当前から Jeff = All-Cityのボスの頭の中にあったようで、前回のジャパンツアーの際、こっそりとジオメタリや特徴について話を聞いていました。

正直MTBのトレンドについては全くと言っていいほど追っておらず、その時話を聞いても「へぇ〜そんなのあるのね」なんて聞き流していた程度だったのですが、その後徐々にウェブなどでヘッドアングルやホイルベースなどMTBの流行り話を聞くと「あぁJeffが言ってたの、そのまんまやな」と理解を深めていくことになります。

ということで、見た目から良き時代のオマージュを連想させるこのモデルが、実は羊の皮を被った狼、あるいは KPGC10にRB26を載せてしまった、ロッキーオートのようなバイクだということをご説明したいと思います。

さて、All-Cityの各モデルには過去の名作からサンプリング的技法が盛り込まれていますが、今回のモデルはどこから来てるのでしょうか。たぶんにA社のMF?緑色が無くなって引き締まった印象を受けます。Jeff自身日本のMTBも大好きで、当然のようにBridgestoneの古いモデルを所有していたりするんですが。1台1台仕上げが異なるスプラッターペイントも、僕ら世代には斬新で、もう少し上の世代には懐かしく感じさせます。

 

新旧が混在しているといえば、このフレームはFフォークが110mm & 15mmスルー / Rエンドが148mm & 12mmスルーのブースト規格となっています。が、エンドの造形は従来のAll-Cityらしい装飾が施され、ある意味新規格と思えない見た目となっています。

そしてタイヤは27.5プラス、2.8とか3.0とか太めのサイズで29inchと同等の外径というのが特徴です。乗り味については後ほど述べますが、ハイカーのおじさんおばさんにも「やっぱりマウンテンバイクのタイヤは太いんやね〜」と言わしめる程度には風格があります。

そして何よりも特徴的なのがヘッドアングル&ホイルベース。Sサイズで67.7度。LogLadyの70.5度、Natureboyの71.5度と比較しても相当寝ていることがわかります。その分高めのFフォークが入って、全長は驚くほど長く設定されています。実際クルマに積むのも若干不安になる程度には車体が大きいです。当然長いだけで良いというものでもなく、その分ステムが短くなり、ライダーにとっては適切なポジションが用意されています。

で、それがどう作用するかという話ですが、それぞれ真横からの写真をLogLadyと重ねてみるとよくわかります。BBの位置で合わせてみましたが、前に突出した全長に対してハンドルの位置はLogLadyより手前気味。サドルの場所も変わらないので、自転車に対して物凄くリア荷重で乗っていることになります。更にフォークが寝ていることで、より前からの大きい入力にサスペンションが対応出来るので走破性が高くなる、というメリットがあります。

ただしフロントにトラクションが掛かりにくい、ハンドルを切っても曲がりにくいというデメリットも発生するはずなので、それがどれくらいライディングに影響するのか、気になるところ。

何れにしても、パッケージ的にも、ビジュアル的にも、かなりのインパクトを持って登場したElectric Queen。発表直後はレース会場でもこの自転車に関する話題が飛び交っていて、ようやく自分の手で触れて、乗り味を確かめる機会に恵まれた訳です。

また後ほど、ライディングしたレポートをご紹介したいと思います。

 

All-City Cycles / Electric Queen

Distributed by Motocross International

Build by RideWorks Ashiya

 

ライドインプレッション編はこちら。

2018年1月29日 Bike Check


年が明けて畳み掛けるようにレースが続きます。
少し仕事が忙しく、思ったようにリカバリー&トレーニングが出来なかった週。ですが開催地である日吉は、数年前C3で独走のまま優勝を飾り、イメージが良い場所。不安と(安易な)期待が入り混じりつつ、会場へ。

今回は所属する662CCCが主管を務めていて、前日のコース設営〜最後の片付けまでをライダーたちで手伝います。僕の役割はコースマーシャル。コース脇でレースに異変が無いか見届けるのですが、あてがわれた場所が恐ろしく寒い!着込んでも意味無いので、終始ストレッチ&小走りして自分のレースまで身体を温めます。

試走もその関係でいつもより短め、なるべくハイペースでコースを見極めます。基本的に登りが多く、微妙にギア比が噛み合わないので、かなり耐えるレースになりそうな予測。

日を同じくして愛知県ではJCXに当たるレースが開催されていて、エントリーはいつもより少なめ。スタートグリッドへは47名が並び、僕もなんと最前列でスタート。やるしかない、、、ホールショットへ気合いが入ります。(少し前にFBで「SSCXは変速しないからスタート速い」という理論を展開したので、結果出すべく)

号砲でスタート、クリートキャッチも完璧で言うことなし、ひたすらペダルを回して周りを引き離したところでホールショットを確信。やったりました。しかし直後にNakagawa FD氏の姿が。あの人の抜け出し方、半端じゃない。

徐々にレースが落ち着いてきて、普段の居場所を探すも、なんとなくペースが維持出来ない。確かに登りが多いレースはリザルトが良くないものの、あまりにも調子が良くない。一旦俯瞰してみて、とにかくベストラインのトレースに努める。確かレースは40分が回ったところで、なんとなく周りも疲れてきたのか順位は変動せず、付かず離れずでそのままフィニッシュ。18位38%。もっと頑張れたなと思う一方、この成績でも満足出来ない自分に驚いてみたり。

次回は 2月4日の桂川。All-City Cyclesとしてブース出展があります!待望の新しいモデル、Electric Queenも展示しますので、ぜひブースへ遊びに来てください。

 

大会名: 関西シクロクロス第9戦 日吉
開催日: 2018年1月21日
開催場所:京都府南丹市
気温:  4℃
リザルト: C-1 18位 / 38%
路面状況: マッド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.6 R1.6
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com )

2018年1月23日 Cyclocross, レースレポート

僕のシクロクロスシーズン 2017-2018 も残す所、数戦。
大阪府堺市、みなと堺グリーン広場。自宅から30分掛からずたどり着ける一番近い会場です。

かなりフラットでコーナリングが重要になるコースで、個人的に得意なコース。ただ去年はディスクローターを曲げてしまい、途中でブレーキ引きずって散々な結果でして、なんとか今年は持てるパワーを出し切って挑みたいなと思ったのです。

風も無く若干暖かい?ウェアは悩んで Waveone のクロススーツ + メッシュインナーでグリッドへ。のいい加減総合ポイントもだいぶ稼いだので、2列目スタートが定位置です。

スタートはそこそこ上手くいき、1周目は5番手で進める。正直スタートだけに関しては変速出来ないSSCXの方が速いのです、周りが「カンカンッ」とギアを変えてペダリングを弱めている間にスルスル抜けていけるのが理由、上手な選手はあえて重めのギアに入れておいて、結構長い間変速しないみたいですし。この位置にいるとインパクトが大きいらしく、SSCXマジか・・・という声もチラホラ。

とは言え脚もそんな持つ訳もなく、すーっと順位を下げて定位置。RingoRoad樹、岩井商会 統威くん、ボナペティ川辺さんとパック。後ろに下がるとコーナリングのアドバンテージを活かせないので、なんとか集団のトップで堪える。

そして堺と言えばサンドセクション。ここは元々砂地ではなく、設営時に路面を掘り起こして人工的に3つのセクションをこしらえているとか、本当ありがたや。轍にハメれば速いこの砂地で徐々に後ろを離しにかかります。終盤、安心出来るマージンを稼いだな、と、よく見ると背後に樹・・・しぶとい。最終ラップはとにかく速めに千切らないと、僕も脚が無いしスプリントは・・・ということでプッシュしまくるも、気がつけばやはり背後に影。

ラスト2コーナーは限界までハラんでラインを塞ぐも、そこは彼のテクニック。しっかり刺されて13位。悔しい。

とは言え、よく考えれば関西CXで22%という成績、上出来。

しっかり回復して次のレースへと繋げたいと思います。

Photo by Yoko Yamano

大会名: 関西シクロクロス第8戦 堺
開催日: 2018年1月14日
開催場所:大阪府堺市西区築港新町
気温:  6℃
リザルト: C-1 13位 / 22%
路面状況: ドライ、サンド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.55 R1.55
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com
心拍数: Avg 174bpm / Max 181bpm

2018年1月15日 Cyclocross, レースレポート

新年あけまして第一戦目のここ、希望ヶ丘。JCXでもなくUCIでもなく、一応ローカルレース的な位置付けで少し気を落ち着かせての参戦です。年末年始はただのマウンテンバイクおじさんになって自然と一体化していたので、こう人と競うイメージがすっかり頭から離れていて、慌てて会場で「負けへんで!」と息巻いている次第でした。

そういえば召集の時にNakagawa福田さんが賑やかにしていて、「今日はね〜分母になるよ」といわゆるシクロクロス語録を耳にしたのですが、この「分母になる」っていう言葉、シクロクロスでは人の優しさも感じさせる好きな言葉です。ただ期待して破綻することも多いのですが・・・。

さて、例年から少しコースが変更となり、よりストップ&ゴーが減って(SSCXの)僕にはありがたい。ですが、大きな登りが2箇所、もうここは慌てず、どうせギア比合わないから気にせずマイペースを意識します。

2列目のスタートから、ペダルキャッチはミスしたものの気にせず前へ。序盤5番手でレースを進めます。こんな位置でええのかなぁと思いつつ、テクニカルセクションは遅れることなくキープペース。先述の登りでズバズバ抜かれまくり、気付けば15〜6番手。

中盤はITさんや岩井商会の統威くんなど5人のパックで走る、、、も、登りで離れて入り組んだセクションで追いつくを繰り返して、なかなかペースが作りにくい。集中力も切れてきて、仕方ないので階段横の乗車や下りのライン取りを楽しむ。よく考えると、年末年始にMTBばかり乗っていたことが生きてきてることも感じつつ(僕のMTBはフルリジット&シングルなので、結局乗り味は同じような感じ)終盤へ。

最後ラップ、階段乗車で2人抜かすものの、その後の登りは脚が固まってなかなか踏めない。困ったなぁとモガいていると、背後に力強いペダリングの気配。あぁ、ITさんこと藤田さん。

この数レース、このバトルを繰り返しているもののナカナカ勝てず仕舞い。今回もギリギリで抜かされて、そのままフィニッシュ。悔しい、、、けれど出し切れた&登りの多いここ希望ヶ丘で納得が行くリザルトを残せたので良しとしました。

さて次は堺ステージ。ここは大好きなコースなので、気合い入れて臨みたいと思います。

Photo by KeiTsuji

大会名: 関西シクロクロス第7戦 希望ヶ丘
開催日: 2018年1月7日
開催場所:滋賀県蒲生郡竜王町
気温:  5℃
リザルト: C-1 15位 / 25%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: A.Dugast Typhoon 33 / F1.7 R1.7
ウェア: WAVE ONE “クロススーツ”( http://www.wave-one.com
心拍数: Avg 171bpm / Max 177bpm