Brake System

BMXなどのイベントに出向いた際、自分の自転車のブレーキについて質問されることが多かったので、ちょっと映像にしてみました。って言ってもInstagram。本当動画が超身近になりましたね。

986b9f7a066f11e3aeda22000a1f973b_7

フレームはZAI、フロントホイルはSKYWAYの当時の物でベアリングはルーズボールになっています。ハブはかなり丁寧にセッティングしたので、そんじょそこらのシールドベアリングより良く回ります。

ブレーキですが、彼此10年以上ずっとジャイロを使っています。最近ではテイルウィップもすること少なくなったし、つけてる意味あんまりないようにも思いますが、この格好が大好きなのです。

レバーはDiaTechのGold Finger、山口のCUSTOMMANIA奥田さんに削って貰った物を使っています。人差し指一本仕様です。
ジャイロのロア側からアーチに伸びるワイヤーが味噌。ここのワイヤーでだいぶタッチにロスがあるんですが、この部分はシフトワイヤーを使うことによってタッチを軽くしています。細ければ良いのかどうかは分かりませんが、以前普通のブレーキワイヤーを使っていた時より格段にタッチが良いです。二本引きなのでワイヤーが千切れることも至って少ないです。
それによって、ヘッド部分に滑車を使うことが出来ます。これは元々MTBのリアディレーラーにつける滑車ですね。普通にアウターワイヤーを這わすより非常に取り回しを小さく出来るのと、Banana型アダプターより負荷が少ないです。

途中アウターワイヤーを止めるロンドンナッツですが、ここはマウントを少し斜めに削ってストレスなくワイヤーが通るようにしています。ノーマルの角度だとインナーがボルトの端に擦れて削れてしまうんですね。

アーチは以前リベンジにアルミのブースターを付けていましたが、今はFLYBIKESのノーマル品。アルミ削り出しなのでタワみも少ないし気に入っています。アーチが薄いので、ややブレーキの音鳴りが気になりますが・・・。セッティングさえ正しく出せば、柔らかいシューを使わなくても充分な効きを出すことが出来ます。

最近はBMXもブレーキレスが多くて、ブレーキのタッチについて談義する機会も減りましたが、メカ好きな人は拘ってブレーキ調整していることが多いので、結構面白いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA