コロナウイルスの影響もあって、僕のシクロクロスシーズンは急な形で終了してしまいました。これは自分の周りの多くの人に当てはまることでもありますが、こんな悶々とした気持ちはトレーニングで晴らすしかない。

特に天候や自粛ムードにも左右されないオンラインシミュレーターであるZwiftを活用するのが良いのでは。以前から某Podcastなどでも自分がZwift愛用していることがちょくちょく話に出ていましたが、せっかくなので細かいガジェットも含めて、使用しているハード&ソフトを紹介してみようと思います。

本来トレーニングをすることが主題のはずが、ローラー生活のQOLを上げることが目的になっている感も否めないのですが、それはそれで誰かの役に立てば幸いです。

<ハード>

1. パワーメーター / ローラー台:Tacx Neo

言わずと知れたスマートローラーの定番アイテム。色々なサイトでレビューがありますが、確かに静かで負荷のかかり方がリニアで良い。特にiPad⇆Tacx NeoをBluetoothで接続した時の親和性が非常に高く、インターバルメニューの開始・終了も画面との全くズレが無く、練習に集中できます。(パワーメーター→iPad→スマートローラーだとワークアウトの開始にズレが生じて結構ストレスでした)

2. バイク:All-City Cycles Mr.Pink

普段乗っている ACのMr.Pinkをリヤホイル外して取り付けています。基本的なコンポはSHIMANOアルテグラ、ポジションはRideWorksさんにてRETÜLを受けました。
以前は取り付いているPioneerのペダリングモニターを使っていましたが、上記の理由からパワーメーターはTacxへ変更。ワークアウトメインなので変速することも殆どなく、インナーxミドルくらいにずっとチェーンが掛かっています。
外へ乗りに行く時の取り外しすら面倒になってきたので、先のCXシーズンで使っていたバイクをポジション出して使用するか検討中。

3. Zwift動作環境:iPad(第6世代 / 32GB Wifiモデル)

ZwiftはiPadで運用。ANT+は使わず、全てBluetoothで接続されています。ほぼローラー専用と化していて、電源は繋ぎっぱなし。高めのテーブルに ミノウラ TPH-1 と SWG-400 を組み合わせてハンドルバーから近い位置にマウントしています。なお、iPhoneは手元でコントローラー、MacBookAirはローラーのおかずになる動画を流しています(後述)

4. トレーニングマット:MINOURA トレーニングマット4

ローラー部屋は畳なので、床を傷つけないようにトレーイングマットを使用。汗も落ちるので必須。

5. 扇風機:工場扇 / Panasonic まごの手スイッチ / Dovewill ボトルホルダー

これは関西CXで活躍するskmz氏からの頂き物。おそらくホームセンターなどで購入出来るタイプのもの。家庭用扇風機で運用していた時期もありますが、暑くて集中出来ないのでこちらもかなり重要なアイテム。3段階風の強さを調整出来るが、練習中に手が届かないのでオンオフだけ、Panasonicのまごの手スイッチを使用中。あまりに暑い日には凍らしたペットボトル2本を、登山用のボトルホルダーで吊っています。かなり効果あり!ただし床に結露した水が落ちるのでバスタオルが必須。

6. 心拍計:POLAR(ポラール) OH1

腕につけるタイプの心拍計。光学式は正確じゃないという話も多いですが、ローラーでインターバルする程度ならスパイクなども出にくく、何せつけてるストレスがかなり低いのでとても良いです。以前別の光学式心拍計を使っていましたが、充電する部分が汗で錆びてダメになったので、注意が必要です。

7. Bluetoothイヤホン:PLANTRONICS BackBeat FIT 2100

ワイヤレスイヤホンはAirPodsも使っていますが、汗が気になるので防水タイプのこちらを。音質も良いし、耳のボタンで音量を変更することも出来ます。

8. ヨガマット:IRONMAN CLUB トレーニング & ヨガ マット 10mm厚

以前ローラー台の下に敷いていましたが、MINOURAの専用マットを買ったので、こちらはトレーニング前のストレッチや筋トレ用マットとして使っています。広めで特に不満もありません。

9. タオル:Rapha INDOOR TRAINING TOWEL

満を持して登場したRaphaの室内トレーニングアイテムのひとつ。黒のパイル生地、ピンクのゴムでブラケットに引っ掛けます。この手のアイテムって利便性というより「おーしトレーニングするぞ」というやる気を駆り立てるような意味合いも感じていて、仲間やパートナーへの贈り物としても悪く無い気がします。

www.rapha.cc
インドア トレーニン ...
https://www.rapha.cc/jp/ja/shop/indoor-training-towel/product/IDF01XXBLK
朝一でも深夜でも、いつでも室内トレーニングはハードなものです。...
10. iPhoneマウント

トレーニングの際、iPadでZwiftを、MacBookAirで映像を、iPhoneはMacBookAirのリモコンなどに使っている(後述)ので、iPhoneは必ず手元で見える場所に備えてあります。便利なのが、汎用のiPhoneスタンドの底にGarminのアダプターを貼り付けたもの。アダプターはREC-MOUNTから販売されている両面テープで固定するもので、貼り付ければそのまま普段のGarminマウントで使用出来ます。

11. PCスタンド:1homefurnit ノートパソコンスタンド PCスタンド

MacBookAir用。テーブル、iPadのマウントの位置との兼ね合いで、画面が見えやすくするために購入。

12. 除湿機:アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機

湿度が高いと汗の揮発しづらく、体温が下がらなかったり汗が滴りまくったりするので、こちらも購入。普段は部屋干しした時の除湿にも使える(いやむしろこれが正しい使い方)割と効果があって湿度の高い夏などは重宝しています。

13. 温湿度計:タニタ(Tanita) 温湿度計 デジタル ブルー TT-559 BL

気温・湿度に対する自分の快適指数のようなものを目で見て理解したかったのでゲット。確かに長時間ローラーをすれば、3〜4℃くらいは軽く上昇するし、湿度も結構上がるもんです。

14. サイクルパンツ:DABADA(ダバダ) サイクル インナーパンツ

僕は普段ローラーを2パターンに分けていて、早朝軽く足を回すものと、仕事から帰ってきてちゃんと追い込むものと。追い込むときは持っているビブショーツを履きますが、朝起きてすぐ漕ぐならサッと履けるショーツが良い。値段のわりにパッドも悪く無いのですが、パッドの付いている位置が割と後ろ目なので、前傾姿勢だとパッドの位置がサドルより後ろ側に来てしまうかもしれません。

 

ソフト

1. Zwiftアプリ/ Bluetooth

一番重要なZwiftのアプリはiPadの第6世代で動かしています。以前はMacで動かしていましたが、練習したい時にすぐ行えると言う意味でiPadは据置にして、ほとんどZwift専用と化しています。
パワーメーターがTacxになったことでBluetoothが使えるようになったのが大きいきっかけですが、そのほか心拍計もBluetoothで繋げています。今のところスパイクなど目立ったトラブルはなく、非常に快適。またiPad側も特に変な挙動もありません。おそらくグラフィックなどは処理能力に対してかなりカットされている部分もあると思いますが、とは言えそれが不満になるわけでもなく、正しく動いてくれるのでとても満足しています。

2. Remote Mouse

この環境だとiPad、手元のiPhoneはすぐにタッチできますが、奥のMacBookまでは手が届かず、動画再生などローラー中は何かと不便を感じます。ということでMacについては手元のiPhoneで操作しています。Remote Mouseというアプリは送信受信両方にアプリを入れておくことによって、Macで言うところのMagicTrackPadのような挙動を体験できます。タイピングも普段のiPhoneと変わらないのでストレスはありません。

3. Zwift Companion

Zwiftのアプリと連携する、こちらもいわゆるリモコンアプリです。通常のZwiftアプリよりUIが操作することに特化しているので使い勝手が良いです。ワークアウトで少し指定値を上げたり下げたりする時によく使っているのと、めちゃくちゃ追い込んでいる時はこのアプリの時間表示の方が見やすかったりします。

4. 各自転車レースのネット配信

季節によって見るレースは変わりますが、一年を通して概ね海外のレースネット配信を見ながらトレーニングしています。春先はクラシック、夏秋はMTB、冬はシクロクロス。
日本だとJsportsや、今は無きDAZNの自転車チャンネルが有名ですが、見れる数が少ないので海外系のストリーミングサービスにVPNで地域を誤魔化して使っています(ちなみに僕はFloBikes)
あとはYoutube上のGCNやRedBull TVが無料で映像を配信しているので、UCIの年間スケジュールを見ながらどれを観ようか吟味しています。UCIスケジュールも探せばGoogle Calendar上で公開されているものがあったりするので、オススメです。

5. Amazon Prime

言わずもがな。最近はdチャンネルに登録して、軽いトレーニングの時だけ旬のアニメをチェックしています。
今年から毎朝30分軽いリカバリー的なワークアウトを必ず行なっていまして、僕のモチベーションはほぼPrimeのアニメにかかっていると言っても過言ではありません。


ということでトレーニング内容に触れるでもなく、だらだらと買ったものを書いてみるブログでした。

ローラーに乗り始めたのは僕がCXを始めた7年ほど前のこと、そう考えるとノウハウというかハック的な知識も増えてきました。たぶんにこれからもローラー生活はトレーニングに切っても切れないでしょうし、また貯まった知識はここで紹介したいと思います。

2020年3月27日 Cyclocross, テクニック

さてCXシーズンが終わって、以前から検討していたBMXフレームの載せ換えをしました。

いまのフレームはSunday Bikesのアーロンロスシグネチャー。YETIカラーに自分で塗ってかれこれ4年以上、BB低くてリヤタイヤの操作感も良くたいへん気に入っていました。特に不満もないのですが、さすがに長く乗っているし、モチベーションアップも兼ねて新調することにしました。

FBMが生産を辞めたアナウンスもありましたが、2000年代にライダーオウンブランドとしてその地位を築いたブランドは多くて、S&M、FBM、METALなどなど、中でも “Terrible One” はスタイルを追求するメンバーで構成された独特なブランドでした。

長くBMXに携わる身としてT-1を選ぶのは最後の選択な気もしていまして。それこそいつかはクラウン的な。正直長年避けてきたところもありますが、一番乗りたいフレームを選ぼうと決めて、Terrible One の Ruben Alcantara シグネチャーを購入しました。

せっかくなのでメンテナンス台に乗せて、ゆっくり丁寧に組み上げていきます。仕事終わりに日に1時間弱ずつ進めて結局5日間ほど、ポジションからブレーキタッチまで全て納得行く状態にして組み上げました。

パーツは、フレームに合わせてハンドルもT-1のクラシック(8.25 / Raw)、フォークは自転車を長くしたかったので DemolitionのFOX Forkにしました。ベアリング類も新調して、意味あるかわかりませんがグリスも打ち替え。グリスってハウジングにたっぷり塗るもんだと思ってたんですが、NTNのサイトを見ると温度にもよりますが、大体ハウジングの3割程度満たしていれば良いんですね。

ちなみにチェーンはCXで使っていた和泉チエンの “V” を奢ってやりました。BMXのパークなんぞに必要ない性能ですが、見た目的にもブランド的にも大好きなので良いかなぁと。

デカールは「複数つけておくから好きなところに貼ってくれ」スタイル。僕はこういうの逆に困るんですが、Instagramでリサーチしまくって位置決めしました。

以前と近いポジションにしてあるので然程乗り味は変わってないのですが、フォークの突き出し伸びた&ヘッドも寝ているのでスピード出したときの直進安定性はかなり上がりました。特にバートでのエアはかなり楽になりました。

あと違いの分からない僕でも分かる程度にフレームが柔らかい。力が逃げる感じもありますが、それよりも腰や関節に優しいマイルドな乗り味がいかにもルーベンな感じです。

シクロクロスのシーズンを終え、これからはトレーニングに加えてBMXもとても楽しめそうです。
なお、以前アナウンスしていたスケートパークでのBMXスクールもおかげさまで好評で、続けて開催しています。詳しくはこちらをどうぞ。 http://www.goodskates.com/lesson.html

2020年3月19日 Bicycle, BMX


Photo by KeiTsuji

僕のレースシーズンも例に漏れず、拡大するウイルスの影響で突然に幕を下ろしてしまいました。
とは言え、参加者みなが絶賛したゴルフ場でのレースでシーズンを終えたこと。全日本SSCXのタイトルは惜しくも逃してしまいましたが、期間を通して体調を大きく崩すことなくレースに参加出来たことは、アマチュア選手としてとても感慨深く、とても誇らしいものです。

レースというのは常にトライ&エラーの繰り返しで、細かい走りの処理方法から機材の刷新まで色々な気づきがあるものです。過去のシーズンと比較して今年大きく変えたものや、実践してみたこと、使ってみた機材などを羅列してシーズンの締めとしたいと思います。

 

<フレーム&フォーク>


Photo by KeiTsuji

数年間使用した All-City Cycles “Natureboy853” というモデルが刷新され、同じくシングルスピードの “Natureboy ACE”というモデルで1シーズン走り切りました。スルーアクスル、フラットマウント、軽量化などなどアップデートはかなりあったんですが、ここでは全体的なフィーリングを。

最新機材になって「剛性が上がった」と言ってしまうのは簡単ですが、それによって僕の走りに何が起きたか。特に大きかったのはブレーキングの際の自転車の挙動でしょうか。ヘッド・ハブシャフト、ブレーキマウントなどなど、余計なところに力が逃げないのでブレーキを掛ければ掛けるだけタイヤがキッチリ制動されます。特に速度域の高いレースでは顕著にそれ分かるんですが、高速でコーナーでは慣れれば慣れるほどブレーキレバー握るタイミングが遅くなっていったように思います。(その分ちょっとでも惰性で速く走っていられる)

ただその弊害として、制動時の力が低圧のタイヤ前後2点へ集中して掛かることになるので、タイヤのトレッド・空気圧チョイスは今までと変える必要がありました。タイヤがヨレるほどは低圧にしづらいのと、その分設置面積よりもタイヤのトレッドで止まれるように、トレッドの高いタイヤを好むようになった気がします。

となると走り方もタイヤを滑らせて泳ぐように走るというより、きっちり止まってきっちり加速するイメージが大きくなりました。シーズン序盤はこの負荷に足が耐えきれず、後半ダラダラ垂れていくことが多かったのですが、レースを重ねるに連れて慣れて走りやすくなっていきました。

とは言えドリフトしながら走る感覚も好きなので、来シーズンはローターを小さくしたり、タイヤもトレッド低いものに変えたり、色々試してみたいなと思ったりです。

ちなみにジオメタリもややコンパクトになった印象があり、フィッティングでステム伸ばしたんですが、取り回しは以前よりも良くなったように感じています。特に今シーズンは関西も30cmのシケインが何度か登場し、全周回をバニーホップでクリア出来たのもこの自転車のおかげだと思っています。バニーホップ、飛ぶ直前ってかなり集中するし、体も自転車もブレないようにさせるのが難しいんです。

総括して僕にとってはありがたいモデルチェンジであり、レースでもハードに使う方にはオススメしたい一台だなと感じています。

・バイクポジション(RETUL FIT)

先のシーズンを終えた直後、まず取り組んだのが自転車のポジション変更でした。今回はお世話になっている芦屋RideWorksさんでSpecializedのRETUL FITをお願いしました。

関節などの可動域を測定しながら、身体全体が無理なく動くポジションを探っていきます。以前の窮屈なポジションから余裕のあるポジションになったことによってペダリングが楽になり、ケイデンスは意識すれば10RPMほどアップするようになりました(ワークアウト時 83RPM平均→93RPM平均)これに慣れてからはトルク出さなくてもワット出るようになったので、練習メニューは徐々にパワーが上がっていきました。

肝心のレースですが、ロードのポジションそのままでも(自転車に対する)身体の位置も悪くないし、操作感を失うこともありませんでしたし、対応できるケイデンスの幅が広がったので、速度が上がって惰性でペダルを回しても気持ち的には楽になったように思います(何せシングルスピードなので)唯一路面からの突き上げが大きいコースでは、身体を上下に動かす幅が狭くなったのでお尻をサドルに擦ってしまうことが増えましたが、その時くらいは少しサドルを下げて対処しても良いなと思います。

何よりポジションに対して迷いもなくなったし、気を散らさずペダルを綺麗に回すことに集中できやすくなったと思っています。

<身体の使い方、考え方>

さてそうなると気になるのが、自転車の上での身体の位置や支え方です。こちらも以前からお世話になっている “Trainer’s Salon Okada” の岡田先生にお願いし、実際のレースを見て指導してもらいました。先生には普段、身体のケア、コンディショニングの施術をお願いしています。
以前FBにも書きましたが、先生曰く自分は体幹が1時間走る上ではそこまで強くなく、後半疲れてくると肩が上がって体重が前へ前へ移動していくような状態になっている、ということでした。言われてみればレース中の写真を見ても、それが前半なのか後半なのか、自分の身体の状態を見ればわかるほど差があります(速い選手は序盤から最後までポジションが崩れない)こういうことがレース中の細かなミスを増やしますし、大きなクラッシュも元を辿ればこの姿勢が崩れていることに起因するものが多いと感じました。

なかなか無意識に体の状態を維持するのは難しいので、最初は意識をかなりして。徐々に慣れて来て無意識でも保てるように気をつけます。特に砂のマイアミでは後半姿勢が崩れると乗車できなくなる区間もあるので、あのコースでしっかり最後まで轍にタイヤをハメて走れたのは、結果が出たからだと認識しています。

 

<ウェア>


Photo by Satoshi Oda

レースで着用するウェアはこの3シーズン、WAVEONEさんにサポートしていただいています。All-City Cyclesには半袖のジャージ・ビブ様々なデザインが用意されていますが、レースで使うワンピースなどはなかったため、オーダーで制作をお願いしています。
デザインは当然アメリカで作られ、そのイラストレーターのデータを本国から取り寄せて、もう一度スーツに合うようにWAVEONEさんで作り直して貰っています。肩周りやセパレート部分など修正する部分も多いのですが、デザイナーの方がメール越しとは言えとても親身に説明&提案してくださいます。オーダージャージと言えば製品の品質もさることながら、初めて注文を入れる人にとってはこの辺の気遣い・ケアがとても安心出来るんじゃないかと思っています。

今季使用させてもらったのは、2アイテム。気温が高い日用の “デュアルスーツ” と 今回満を侍して発売された “シクロクロス用デュアルスーツ” です。

上下一体型の両スーツですが、デュアルスーツはとにかく薄くて汗抜けが良いです。気温が高い日用とは言え、結局12月越えても日によってはこのジャージを使っていて、今シーズンのような暖冬だとまさに重宝する一着だと思います。袖が割と長いので、下着の厚さによって割と幅広い気温に対応できます。

それと今回登場したシクロクロス用のデュアルスーツ。中に起毛が入っている長袖のセパレートワンピースですが、何せこれは着脱がしやすいです。以前普通のワンピースも使っていましたが、肩がキツくて着るが大変でしたが(汗で脱ぐ方が大変かも)セパレートになってからかなり改善されました。
そしてビブの生地もサンプルの時点から何度かアップデートがあり、泥が付いてサドルで擦れても生地が削れにくい=破れにくいものになっています。この辺は自分も含めてサポートライダーに対して小まめなフィードバックを求めるWAVEONEさんらしい商品だと思います。自分の意見が商品になるのも嬉しいことですし。

あとは雨水が浸透しにくい性質があるので、個人的には冬だけでなく大雨だったGrinduroでも大活躍でした。(特に撥水加工などはなく、WAVEONEも公式に雨に強いというアナウンスはしていないのですが、個人的に使っていて寒い日に雨に濡れる=低体温症の可能性を著しく下げてくれたので、これは声を大にして伝えておきたいポイントだったりします)


Photo by KeiTsuji

という感じで、毎年色々な気づき学びがあって、なかなかこの場で全てを伝えることは難しいですが、同じくシクロクロスを楽しむみなさんに少しでも伝われば幸いです。