Photo : KeiTsuji

今シーズン、既に8レース目。JCX戦、UCIレースでもある関西シクロクロス、マキノ高原。
去年は泥に翻弄され大幅にリザルトを落としてしまい、苦手意識が若干ある。のですが、イメージをどう克服するかもシクロクロスの楽しいところ。特に2週間後には全日本選手権、それもエリートのみならずSSCX選手権も同じコースで控えており、前哨戦としてもしっかり良いイメージを残しておきたいのでした。

マキノはアップダウンが激しく、1周の獲得標高が40mほど。全体的に急勾配なのでギア比は登りに合わせて下りはあまり漕がず、ブレーキを掛けない最速ラインで抜ける必要があります。


Photo : KeiTsuji

前日夜に会場入りして相変わらず(屋根の上の)テント泊。外気温4℃前後くらいだったものの、寝袋と暖かい洋服着込んで快適に睡眠。早朝起きてコーヒー飲んだら試走の時間。
全体的に結露していて湿っているが、ある程度乾く予測でラインをひとつずつ決める。悩ましいところは何回も何回も通って自分の中でベストなラインを決めておく。それでも時間が足りず、いくつか決め切らないラインを残して、レースへ。


Photo : KeiTsuji

Bibは56番。焦っても仕方ないので、序盤は集団に紛れて様子見。ちょっとずつ外側から捲るが、脚が非常に重い。序盤でこんなに踏み込めないのも久しぶりだなぁと、原因を振り返る。
1. 金曜にMTB乗ったのが残っているのか?
2. 試走で頑張りすぎたか?(いつもより長め、しかも登りが多いので結構脚を使った)
3. いつもより念入りにアップしたから?(強度は低いけど寒かったので温める意味で)

これはマズイなぁと思いつつ、なんとか集団で過ごして2周目。なんとなく脚が戻ったのか?それとも踏めてないこと自体がノーマライズされたのか、とりあえず平静を装って走る。途中、全日本SSCXのライバルになるであろう吉元さんに交わされる。明らかに追いつけるペースではなかったので見送って、自分のペースへ。


Photo : KeiTsuji

とは言え結構ここで集中力が切れてしまい、なんとなくレースへフォーカス出来ず仕舞いで中盤へ。こうなると逆に際どいコーナーをライン変えながら答え合わせ。正解が何回か見つけられたり、ダメだったり、そうこうしている間に時計は40分を越す。もうたぶん切られるかなぁと思ったら案の定。直後にトップの集団が猛烈な速度で周回していくのを見送ってコースを後にしました。

前哨戦ながら、なんとも言えないレースとなってしまった。が、データは嘘を付かないので早速STRAVAで毎ラップの推移を見ながら、タイムを落としているところをチェック。なるほど、ここで踏んでなかったかも、なるほど、このミスは○秒か・・・。色々分析することも出来たので、2週間後へ向けてイメージを膨らませたいと思います。

来週はAll-City Cyclesのジャパンツアーも兼ねてバイクロアへ遊びに行きます!レースもしっかり楽しみたいと思います、現地でお会いしましょう!

大会名: 関西シクロクロス #4 マキノ高原
開催日: 2018年11月25日
開催場所:滋賀県高島市
気温:   12℃
リザルト: C1 66位 / 70%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: FMB SSC Slalom 33 / F1.5 R1.55
ウェア: WAVEONE “デュアルスーツ”

2018年11月26日 Cyclocross, レースレポート

例年、コーナーワークと砂の走破で良い着順をゲットいているここマイアミ浜。数年前はここでC2から昇格したこともあって、いかに自分らしい良い走りが出来るかがポイント。

朝からキッチリ試走に出るが気になることが一点。

・・・以前から出ていた自転車のキシみ音。クランク付近から鳴っていたのですが、よく見るとクランクそのものの接着が外れかけている・・・・!ここのところ音も大きくなって来ていたし、手でクランクを動かしても明らかに壊れる寸前という様子。ぐはっ。

接着の外れを教えてくれたNEXT STAGE島本さんに相談したところ、代替え品があればレースまでに付け替えてくれるとのこと。会場でメカブースが出展されてるってのは本当に心強い。早速会場をウロウロして、誰かクランクを貸してくれる人が居ないか聞いて回る。幸い、深谷産業の霜ちゃんこと霜山さんが「友達が貸してくれると思うよ〜」と二つ返事で代替え品用意してくれる。上山さん、本当にありがとうございました。

で、2台の自転車持って島本さんの元へ。「やっておくからアップとか準備しておいで」お言葉に甘えていつものルーティンでストレッチして身体を温める。昼の試走には自転車も間に合わせてもらい、張り切って走る。直線は長いものの、自分なりに休みどころも見つけられてメリハリがあって良い。定刻で、スタートグリッドへ。

コースはと言えば、例年とスタートフィニッシュが変わっているものの、基本的には同じようなレイアウト。一番長い砂浜は晴天で乾いて轍が埋まってなかなか乗れない。此の期に及んでは「諦めが肝心」ということで乗らない選択をしてみました。各コーナーに掘れたバンクが多くて当てやすく、この辺が自分の得意を生かせるのかな、と。

スタートは3列目右端。京産の中井選手が前にいるので、付いていく。途中ギアが回りきって加速しなくなったので、とりあえず風除けで暫く凌いでオフロードが踏み直し。乗り降り駆使して集団が安定したころには7番手。トップ集団でも特定のコーナーは楽にこなせるので、今日の自分の頑張りところはココだなと心得ます。

中盤までは案の定直線とランで周りに離されて、コーナー付近で追いつくの繰り返し。砂浜は無理に乗らないと決めたモノの、あまりに周りに比べてペースが遅くて辛い。それなりに普段走っているつもりですが、周りはもっと走っているのか、もしくは心肺機能の違いなのか、、、意識が薄れつつも何とかこなして周回を重ねます。

途中Panasonicケーナカこと中西選手に追いつく。彼は踏めるしテクニックも安定しているので安心して後ろを走る。とは言えここのところずっと負け越しなので、今日こそと思いプッシュ。抜きつ抜かれつを繰り返したところで、インにヤバイ速度で突かれかける。当然ラインは潰したものの、そこからそれの繰り替えし、最後は砂場でライン潰して押さえたところでケーナカが根負け。なんとかそのままの位置でフィニッシュ。

正直ここのところはずっと思ったような走りが出来ずで、モヤモヤしながらでしたが、ようやく歯車があった走りが出来て気持ちよかったです。レース中も終始ニヤニヤしていて、京都車連矢野さんの奧さんにも「今日は楽しそうに走っていたね〜」と嬉しいこと言われる。ありがたや。

次は一週空いてマキノ。同会場の全日本ではSSCXのステージも用意していただいているので、前哨戦としてしっかり走り切りたいと思います。

Photo : Toru Tanabe

大会名: 関西シクロクロス #3 マイアミ浜
開催日: 2018年11月11日
開催場所:滋賀県野洲市
気温:   19℃
リザルト: C1 19位 / 37%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: FMB SSC Slalom 33 / F1.45 R1.45
ウェア: WAVEONE “デュアルスーツ”

2018年11月13日 Cyclocross, レースレポート


Photo by KeiTsuji

ここのところ、レース前後で「スタートの仕方」を尋ねられることが多いです。思えば1列目からなら概ねホールショットがいつも狙えてるし、今日(紀ノ川)も2列目から前に出てしまい、村田さんの横まで行ったものの照れてスッと後ろに下がるなんて状況でした。

さて、シクロクロスのスタートにはコツがあります。知ってるのと知っていないのでは雲泥の差なので、4つ紹介したいと思います。

1. モーション(最初からかがんでおく)
人によってスタートするときの動きが違います。ヨーロッパのトップ選手も、一度かがむ人やそのまま状態が起きたままの人、様々です。日本は割と一旦身体をかがめる人が多いように思います。一連の動作を分けると、1. 状態が起きたまま号砲を待つ 2. 号砲と同時に屈んで目一杯ペダルを踏む 3. クリートをハメる。だと思うのですが、、、、なら最初からかがんでおいてはどうでしょうか。スタートなんてホンの数秒で位置が変動します。余計な動きをしないためにも、自分のモーションを分析して、取れるギリギリのポーズで号砲を待ちましょう。

2. ギア比(重め)
今回のTIPSの5割はコレです。結論から言えば、ギアを重くしてスタートすべきです。幸い僕はシングルスピードで走っているので、周りが「カンカンッ」と変速している間もペダリングすることが出来、明らかに前へ出ることが出来ています。某トップ選手もスタートから100mくらいは変速しないらしく、最後の方はケイデンスが高い状態のようです。その方が明らかに初速〜巡航に移るまでが速いです。数値で言えば、前後で2.0くらいになるのが良いと感じています。ですが、出だしが遅いというリスクもあります。が、次の項で解決策を用意しています。

3. クリートがハマっていない方の足(地面を蹴る)
僕はグリッドで左足をクリートにハメて待機していますが、反対の右足にも重要な役目があります。それは、号砲と同時に地面を蹴っています。2. で書いた通り出だしは周りよりギア比が重いのですが、その分は右足で地面を蹴って、初速を補っています。これが案外簡単で、慣れればペダルをあまり踏み込まなくてもスッと前へ飛び出すことが出来ます。

4. クリートがハマっている方の足
とは言え、クリートがハマっている方の足も、初動でしっかり踏み込みが出来るに越したことはなく、意識していることが一点あります。それはクランクの角度。大抵みんなクランクが水平に対して+30°くらいの位置で待機していますが、クランクは間違いなくキッチリ水平に保った方が踏み込み易いです。3. の反対側の足と合わせれば、かなり重いギアでも初速が確保できるので、ぜひ一度試してみて欲しいです。

ということでマトめると、「ギア比は少し重め、身体をスタートのモーションに合わせて、クランクは水平。号砲と共に反対側の足で地面を蹴って自転車を前へ押し出す」こんな感じでしょうか。

あとは「クリートをあえてハメない」とか「前者の利き足によってタイヤを放り込む方向を決めておく」とか、色々裏技もあるのですが、面倒なのでその辺はまた直接聞いてみてください。

2018年11月5日 Cyclocross, テクニック