待ちに待った関西シクロクロスが開幕。

ここまでJCX3戦、80%ルールでフルラップすらさせてもらえなかったレースが続き、60分きっちり追い込むのが最低限の課題。

コースは、昨年と位置関係が変わり、スタートフィニッシュが東西で逆転していて、全く新しい場所と言っても語弊がないイメージ。長いストレートは多いが、関西らしいタイトなコーナーが多く入り混じっている印象。途中凹凸がある路面は体に結構響くので、空気圧もシビア目に調整。

スタートグリッドは去年のランキング順ということで2列目で、岩井藤川さん(この人、昨日CJ新潟走ってんだよな・・・)の後ろ。号砲を待っていると左前の選手がフライング。よろよろ戻っている間に全員スタートし、間を抜けるべくコース中央へ紛れることに。

基本的に他人を信用していないので、マジで落車だけしないように全神経を研ぎ澄ませて第一コーナーまで抜けて、10番手ちょいくらいで序盤を走ります。コース幅とラインの選択もあって、序盤はなかなかペースが合わない。

中盤にかけて徐々に足並みが揃うメンツで集団が形成されてきて、たぶん僕は3グループ目くらいの後方。コーナーで追いついて、直線で離されるを繰り返して、それでもここまでJCXでは良い結果が出せなかったことを思い返して、なんとか集団には食らいつきます。声援や、コースのタイトな感じが、これぞ関クロって感じ。

 

みんなちょっとずつミスがあって、抜きつ抜かれつ。そうこうしている間に662チームメイトのヤンボーが追いついてきて、一緒にGIANT湯浅さんも連れてきて、終盤に向けてパックがバラけていきます。

残り2〜3周。いつもここでダレてしまうところ、なんとか気持ちを奮い立たせて、使ってない筋肉を身体中で探して自転車を進めます。耐えて耐えて何とかラスト1周のジャンが鳴る、申し訳なくも直線は湯浅さんの背後で力を貯めて、自分の得意なセクション=シケインとタイトなコーナーの手前でグッと加速。そのまま引き千切って、前の選手まで追いつきます。

どこか交わせないか、どこか交わせないか、、、、隙を狙っていると前の選手がコーナーでアウトに膨らんだので、イン着いて前に出る。そこからは限界まで踏み続ける。が、走行音がずっと後方で続くので、ライン塞ぎつつコーナーは超スローで曲がる、そして一気に加速。相手のリズムを崩してギリギリ引き千切ってフィニッシュ。あとで確認したら終盤でも都度1000w近く出ていたようです。

このところ自分の力を生かせないレースを繰り返していたものの、レース後ぶっ倒れる程度には出し切れて満足。

去年が20位 /39%、今年が19位 / 44%。結果だけ見れば代わり映えしないものの、パワーを見ると進化しているのが理解出来ます。クロスでも特に使う時間の長いパワーが去年よりグッと上がっている。コースプロフィールが違うとは言え、これは紛れもなく夏の練習の成果だと実感が出来ます。ローラー練ながらSST(スイートスポット=FTPより少し低いパワーの維持)をずっとやってきて、ちょうど持ち上がったパワー域がその部分でした。

そういえば去年はステップがあって自分にかなりアドバンテージがあったし、そう思うとこの結果でも充分喜んで良いのかも知れません。

逆に連続するコーナーでは、後半に掛けて上半身が上手く使えず、狙ったラインにタイヤが乗せられないことが多々。勿体無いライン取りも多くあったので、この辺は至極冷静に、次回改善するとします。

来週も同じコースなので、しっかり回復させて張り切ってレースに挑みたいと思います。

Photo by KeiTsuji

大会名: 関西シクロクロス #1 紀ノ川
開催日: 2018年10月28日
開催場所:和歌山県紀の川市
気温:   20℃
リザルト: C1 19位 / 44%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: FMB SSC Slalom 33 / F1.45 R1.5
ウェア: WAVEONE “デュアルスーツ”

2018年10月29日 Cyclocross, Diary, レースレポート

All-City Cycles のジャパンツアーがアナウンスされています。

アメリカは ミネソタ州 / ミネアポリスのバイクブランド、All-City Cycles のジャパンツアーが開催されます。
今回の日程は 11月26日(月)〜 12月2日(日)の7日間、大阪から京都、名古屋などを巡り、秋ヶ瀬バイクロアを目指します。

ジャパンツアーは過去2回開催されていますが、いずれもブランドを作り上げる Jeff Frane やマーケットマネージャーが来日し、日本のAll-Cityユーザーやまたは未来のユーザーとなる方とのコミュニケーションの場として盛り上がりました。

バイクロアでは Jeff 自らレースへ参加し、ナイトレースで優勝を果たしていたり(彼はレーサーとしてもかなり速い)。また彼らが日本で受けたインスピレーションそのものが All-City Cycles の製品へと繋がっていることも想像に容易いと思います。

前回はイロイロあったカタカナキャップ(詳しくはこちら http://vh-lg.com/?p=2550 )を本国で用意してくれましたが、今回は 日本側で用意したイラストで、また新たなアイテムを持ってきてくれるとのことです。で、どの今回デザインは、Heroin Skateboards でのアートワークや Rolling Stones とのコラボアイテムでも知られる “Hirotton” 氏にお願いしました。( https://hardestmagazine.com/archives/140

彼とは、僕が大阪はアメ村・三角公園でBMX / スケートボードを楽しんでいた時に知り合った仲で、Osaka Daggersのクルーのひとりでした。いまでは著名な絵描きとして活躍していて、個人的にも物凄く大好きアーティストのひとりです。スケートボードや音楽、ストリートシーンをバックボーンにし、DIYでアイテムを作るスタイルも、思えば All-City Cycles が大事にしている部分に近い存在だと感じています。

ということで、近々ツアーの詳細もローンチされると思いますが、個人的にも今年一番楽しみなひと時がやってきます。詳細は国内代理店、モトクロスインターナショナルさんのサイトにて!

“All-City Cycles Japan Tour 2018”
日程:11月26日(月)〜 12月2日(日)
訪問予定地:大阪、京都、名古屋、東京、秋ヶ瀬バイクロア など
Instagramハッシュタグ : https://www.instagram.com/explore/tags/allcityjapan/
詳細:http://ride2rock.jp/blog/106993/

2018年10月25日 All-City Japan Tour

JCX #3、僕にとっても今シーズン3戦目のシクロクロスミーティング / 富士山ステージ。
ひときわ美しくたたずむ富士山を目の前に、標高900m地点の朝霧高原でレースは行われました。


Photo : Makoto Kawamura

今シーズン手に入れたルーフテントでの車中泊も小慣れてきて、サクッと前日入りから富士山の日の出をおがみます。朝はしっかり冷えて路面は湿っている感じ。何れにしても前日の雨で、コース全体を覆う芝は湿り気味でした。

小刻みなアップダウンと、ややスピードの乗る芝コーナー、なんというか関西マキノをもう少しなだらかにしたようなコースプロフィール。試走〜各カテゴリーレースでヌカルんだコーナーに轍が形成され、そのまま日が照って固まって行く。お昼の試走ではコーナーも轍に当てれば滑らず、マッドとは程遠いコンディションにまでなっていました。

しかしその試走が鬼門で、長く伸びた試走の隊列(ほとんどが次のレース=C1選手、それも100人強)は速度が遅く、レーススピードとは到底言えない徐行でラインを探すことに。「これなぁ・・・」と思いつつ時間になりコールアップでグリッドへ。

スタートから、砂利のストレートを抜けそこそこ良い位置(30番手くらい?)で序盤を過ごします。例の轍ではみんな仲良く試走で走った轍にトレース。案の定、速度域が合わずに破綻して飛び出す選手が続出、隊列が崩れだします。

要するに、、、僕らが試走で走った轍は、手前のカテゴリーが作って固めた轍で、C1だと速度域が速すぎて合わないんですよね。ほとんどのコーナーをアウト側から入って、ススっと2〜3名追い越して抜ける感じ。めちゃくちゃ気持ち良かった。いつもだったら随分前を走っている松戸さんと抜きつ抜かれつ。3戦目にして今日はええ感じかなぁとレースを進めます。


Photo : Satoshi Oda

が、そんなこともつかの間、呼吸がどんどんおかしくなる。あれ?あれ?と思っている間に視界が狭くなり、横隔膜が上手く動いていない。徐々に踏めなくなり、ズルズル位置を下げます。途中後方から追いついてきたボナペティ 堂野前さんにしがみつくも、ラインをミスしてコーナーで転倒。そのまま80%でカットされる始末でした。

特定のパワーは上がっているものの、まだ心肺機能が高負荷に慣れていない感じ。焦っても仕方ないので、オフシーズンにやってきたことを信じつつ、回復とワークアウトに努めたいと思います。

次は関西シクロクロス開幕戦!今シーズンはこの関西シクロクロスのランキングに標準を絞ってるので、がっちり走りたいと思います。

大会名: シクロクロスミーティング 富士山 / JCX#3
開催日: 2018年10月21日
開催場所:静岡県富士宮市
気温:   21℃
リザルト: C1 75位 / 77%
路面状況: ドライ / 一部ウェット
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: FMB SSC Slalom 33 / F1.55 R1.55
ウェア: WAVEONE “デュアルスーツ”

https://www.strava.com/activities/1917575343/analysis

2018年10月23日 Cyclocross, レースレポート


Photo : Satoshi Oda

“コースディレクターのイノシシくんが今年も頑張ってくれて・・・” そんな文言を公式WEBで読み取って、コースのプロフィールを思い出すシーズン2戦目。低空で轟音を鳴らす飛行機、凸凹の路面、中国シクロクロス、広島へ行ってきました。

快晴の広島中央森林公園、猪が掘り返した路面はいたるところがボコボコで、上手に突き上げをイナして走るのが勘所。正式にTLC(チューブレスコンパーチブル)化したグラベルキングSKをテストすることもひとつ目的であり、ノブの低いタイヤを低圧で路面に押し付けてトラクションを感じながらの試走〜レースでした。

シクロクロスもかれこれ5シーズン目?かな。ようやく、テンションを抑えて自分のペースでレースに挑み、身体の調子や高負荷への順応を確認することが出来ているように思います。


Photo : Satoshi Oda

序盤はゼッケン(=16)と同じくらいの位置で抜けて、終始ボコボコのフィールドで。路面からの突き上げに反発しないように引き脚を意識してペダリング。序盤から心拍をガツンと上げながらレースを進めます。

「レース中も前との車間距離を確認して最善のラインに修正していく」「試走で出来なかったことは当然レースでは出来ない」「辛い顔しない」・・・レースでしか思い出せない感覚がたくさんあったなぁとボンヤリ考えつつ、薄れる意識を路面へと向けます。


Photo : Satoshi Oda

初戦の茨城に比べて、顔見知りがコース内に多くて、お互いに意識したり励ましあったりしながら走ること40分、今年U23になった村上功太郎の影を感じ、80%カット。コース脇でクールダウンしつつ、去年同じような位置で走っていた仲間がフルラップへ向けひた走るのを応援、今日ここに来るまでにみながどういう準備をしてきたのか何となく想像しながらフィニッシュを見守りました。

結果はさておき、体感的にはジムで積極的に鍛えた上半身のおかげで随分楽に走れたのと、レース前のストレッチ〜アップもルーティンでしっかりやるようにしているので、序盤からちゃんと身体が動いてくれて満足なレースでした。


Photo : Satoshi Oda

次戦は、昨日思いつきでエントリーした富士山CX!みんな行くなら自分も・・・とテンションあげて挑みたいと思います。

大会名: 中国シクロクロス 広島 / JCX#2
開催日: 2018年10月14日
開催場所:広島県三原市
気温:   21℃
リザルト: C1 30位 / 63%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Panaracer “Gravel King SK” / F 1.6 R1.6
ホイル: H PLUS SON “THE HYDRA”
ウェア: WAVEONE “デュアルスーツ”
https://www.strava.com/activities/1903298131/analysis/27/2433

2018年10月16日 Cyclocross, レースレポート


Photo : Satoshi Oda

ここ4年ほどの恒例となった、シーズン初戦の遠征。
BMXのコンテストを経て、UCIのシクロクロスレースという連日。今年も個人的な目標は関西シクロクロスランキングの上位入賞なので、序盤は様子見とレース勘を取り戻すのが主目的。

日曜日のペルージャカップでは、例年MC担当だったんですが今年は若手が頑張ってくれて、僕はコンテストで楽しんで乗るだけ。よく考えたらBMX歴もいよいよ20年目の大台に近づいてきていて、年齢別に振り分けられたカテゴリーだと後ろから2番目のグループで出走。

いつもは出来ないなりにルーティン組むんですが、思いついた順番で好き勝手やろうと決めて、気持ち良く2ラン。ヘンテコな技ばっかりですが、精一杯できて大満足でした。

ワールドカップ出場組ともゆっくり話が出来て、現場の雰囲気を教えてもらえてとても高まりました。やっぱBMXええなと、実感でした。


Photo : Kei Tsuji

で、月曜祭日はシクロクロス。
小貝川のコースは普段からMTBが走れる場所だけあってタイトなコーナーやバームなどが揃っており、対してセクションを繋ぐ直線は長く、脚があればそこで挽回できるような設定。
例年SSCXだと直線で足が回りきってどうしようもなくなり、今回はギア比上げたものの最大167rpmで翻弄されっぱなしでした。

ゼッケンは42で4列目。
序盤の直線でガチャガチャ落車もあって30番手ほどでタイトなセクションへ。レースの雰囲気をたっぷり味わいながら、足を使わないように丁寧にライントレース。ミスなく直線まで辿り着いたところで、バンバン後ろから交わされて順位を落としていきます(どうしようもない)
中盤でポストのクランプが緩んでしまい、サドルからお尻を動かせなくなり、更に順位を落として80%カット。

とはいえ、序盤はなんとなく周りに合わせて走ることも出来たし、タイヤの感触、ペダルと足の位置、身体の可動域も良い感じで気持ち良く走ることが出来ました。


Photo : Kei Tsuji

何よりこの序盤の小貝川は、参加されるメンバーも雰囲気もとても大好きで、特に今年は関西からの遠征組も多くて、互いに「遠いところ遥々来たな」と労う感じもとても良かったです。(なんだったらコミッセールも関西勢多数)

レースの優勝はロードで調子上げている聖。コーナーからの立ち上がり、ケモノのようなポジションでダンシングする姿はヨーロッパから来日していた勢の雰囲気と遜色ないし、ホンマにこの先期待です。

ということで大満足の遠征を終え、来週もJCX広島。調子を整えて挑みたいと思います!


Photo : Kei Tsuji

大会名: 茨城シクロクロス第2戦 小貝川 JCX#1 / UCI-2
開催日: 2018年10月9日
開催場所:茨城県取手市
気温:  22℃
リザルト: C-1 73位 / 90%
路面状況: ドライ
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 18 = 2.11111
タイヤ: FMB SSC Slalom 33 / F1.75 R1.75

2018年10月9日 Cyclocross, レースレポート