05

日本初のピストクリテリウム、sfiDARE CRITに参加しました。

全体のレースの模様や主催者児玉さんへのインタビューをcyclowiredさんに寄稿しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。僕個人的には後方でヒーヒー言いながらレースを周回していたので、そんな位置からですが少し体感したことを。

09

前日のBikeLore白州から戻ってきての参戦、BMXのショーとレース2本で結構身体はボロボロだったのですが、とりあえず「やってみたい」という気持ちでスタートグリッドに並びました。直前の平田クリテを見ていても到底前を牽いたり、果敢なアタックも出来る余裕なさそうなので、とりあえずクラッシュだけないようにスルスル効率良いライン取りを心がけました。

07

バイクは普段トラックで使用している All-City Cycles Thunderdome。ギア比は50×16の3.125。周りは48×16が多かったので少し重め?でした。が、何ぶん初めてのことなので他には52×15とか、逆に2.8くらいのギア比だったりみんなバラバラ加減が面白い。自転車もアルミが多いものの、クロモリのメッセンジャー仕様だったり、児玉さんが作っているsfiDAREのカーボンだったり。国籍、出身競技もバラッバラ。

10

レースの展開的には、足があるのは当然ながら、コーナーを如何にすり抜けるかでかなり差が出たように思います。なにせ安全装置のブレーキが付いていないので、一度コーナーに侵入してしまったら、その速度から逃げようがありません。部長が試走でかなりタイトにコーナー攻めてて、メッチャクチャ速かった。

08

コーナー後の強風で見事に千切れてしまうのですが、12周もすると徐々に「慣れ」てきます。ブレーキが付いていないぞ、というルール上の脳内情報は薄れていき、握りしめているドロップバーとペダル、路面に接しているタイヤからの情報が段々研ぎ澄まされていき、自転車と自分が一体物になっていく感覚が楽しかったです。

例えばロードバイクで峠をハイスピードで降っている際、直線ではしっかりペダリングして加速、コーナー手前できっちり抜重してブレーキング、そしてタイヤをグリップさせてコーナリング、また加速・・・という各項目が独立して脳内処理されます。が、ピストクリテリウムでは全部の動作に区切りが無く、全て流れで作業をしていく感じです。

06

危険性に関してあーだこーだありそうですが、普通のクリテリウムとリスクについてはそう変わりないと思います。クリテリウムでの落車は結構な数目にしましたが、ペダル擦ったりハスったりが殆ど。これはピストでも同じことですが「ブレーキ付いていないから」という理由が必ずしも落車に直結するとは思いません。

というのも、コーナーをオーバースピードで侵入すれば間違いなく止まれず100%落車します。まず自分の技量を超えたスピードで突っ込んでみようという発想になりません。レースで熱くなっても一番優先される事項に思います。確かにブレーキが無い分、下手にコーナーでイン側付かれることもありませんし、キッチリみな同じラインを走るもんです。クロスだと、相手にブレーキングさせる前提でイン付いたりする人も居ますしね。

RedHookCritが徐々にメディアに取り上げられ出した数年前、正直僕も「なんて危ないレースだ!こりゃ長続きしないだろうなぁ」と感じました。日本でピストが流行った当時、ブレーキレスが社会的な問題に発展してしまった、そして以前からブレーキレスでも街に溶け込んでいたBMXライダーたちが巻き添え喰らったというネガティブな要因で、公道でピストを走らせることを良い目で見られませんでした。

ですが、昨今の盛り上がりを目にして、生半可な競技でないことを理解しました。人気が増すのと同時に、某メーカーが各ステージ毎新しいグラフィックのジャージとバイクを用意するなど、その熱狂ぶりを感じます。

05

イベントを仕掛ける側のスキルも大いにあるでしょうが、根源的にはピストクリテリウムが持つポテンシャルを多くの人が理解してきた故の出来事なのだと感じました。

sfiDARE CRIT:https://www.104cycle.com/race-info/sfidare-crit/

All picture taken by : Yoshihide Maekawa

04

2017年5月30日 Bicycle, other

17

王滝100kmは準備がカナメ。ということで、準備編はこちら。

当日出走まで

さて僕らは仕事の都合上、当日受付で出走でした。長丁場になると睡眠時間が顕著に体力へ影響を及ぼすので、前日夜早めに出発して日が変わるくらいに現場へ到着。満天の星空を眺めながら、車中泊。

13

4:00起床。

4:30に受付(SS-MTBは車検も)して、ゼッケン付けて自転車を並べます。この時点で、先頭から200mくらい後ろ。ズラーっと並べてあるMTB群は圧巻でした。

12

そう、この並べる順番ですが、正直何が良いのか決定打を述べることは難しいです。朝早く起きて、位置取りの為の位置取りまでするのはセルフディスカバリーというタイトルからは程遠い。けれど、後方スタートでタイムを失うのも微妙。

結果論を言えば、シクロクロスのスタートよろしく、隙をついて前に出ればある程度順当な位置までは自分の足を使ってブリッジ出来ると思います。今回は過去最大のエントリーだったそうですが、4:30に受付して、のんびりゼッケン付けて並べて・・・その位置でも序盤の舗装路だけ頑張れば集団のサイドから抜いて走れました。
ただ、足は使うし落車リスクが無いわけでも無いので、心配なら少し早めから並べて置いて、並べた場所でゼッケンつけるなり用意するのも手かも知れません。(ちなみにこの日の最大心拍はブリッジした直後の登り入り口でした)

あとは6:00までゆったりしているので、朝食を摂るなり、着替えて、トイレ渋滞に並んだり(ここは本当に深刻)して過ごしましょう。

05

それと自転車の準備で重要なのが “タイヤの空気圧”。体重やタイヤの種類によって前後はしますが、チューブレスならばあえて「いつもより少し低圧」をオススメします。
今回レース中、数え切れ無いほどパンクで止まっているライダーを見かけましたが、全体を見渡して、パンクした原因はほとんどが「ラインの選択ミス」だと思います。

正味、尖った石が原因でタイヤを傷つけるのは空気圧が低かろうが高かろうが関係ないと思うのです。リム打ちパンクするようなセクションも然程見当たりませんし、要になるのはラインの選択です。

このラインの選択を妨げるのが、下りの振動&両腕の疲労です。とにかく王滝の下りは凹凸が激しくどんどん腕が上がっていくので、狙ったラインへタイヤを持っていく、またはラインを見落とさ無いためにも、空気圧は少し低めにして楽に下り続けることが得策でしょう。

ちなみに、僕はあまりにライン取りに集中した挙句、自律神経がおかしくなり、疲労しているはずなのにその夜なかなか寝付け無いという症状に見舞われました(長時間運転しているとたまになる)

出走〜ゴール

18

たぶん走ったことない方で一番気になるのは、路面の状況や、一連の流れだと思うのですが、走行中の写真は一枚足りともありません・・・。

汗と砂埃でドロドロ、手はエナジージェルでベトベト。かつ永遠心拍数が160bpmを上回る中、携帯を取り出す気になれず、快晴で美しく鎮座していた御嶽もこの目で拝んだだけでした。ので、気になる方はASIMOこと筧太一選手の果敢なチャレンジブログをぜひご覧ください。かなりの枚数、王滝の走行写真が掲載されています。
http://taichi.bikejournal.jp/?m=201605&paged=3

何より言えることは、王滝というレースがMTBライドの中でもかなり特殊な状況下だと言うこと。その状況下でどう体が変化するかお伝えしたいと思います。

腰の爆発

シングルスピードで走る以上、当然ギア比を変えることは出来ません。普段でも勾配がキツくなれば、足で踏み込む + 腰を落として自転車を引き付けるようなペダリングで凌ぐのですが、それを保てるのは普段乗っている程度の時間まで。2〜3時間も経つとどんどん腰に違和感が出てきて、登りはおろか平地でも下りでも調子が悪くなってきます。
そうなると手の打ちようが無いので、なるべく必要箇所以外は足の筋力で踏み込む・引き上げるを繰り返してジワジワ走りきることが大事です。

登りより下りの方が辛い

想定外だったのは、王滝というレースでは登りと匹敵するほど下りがキツイのです。前述、凹凸がとにかく多く、ガレ場も多いため、腕に掛かる負荷が半端で無いです。特に僕は前後リジッド、もろに振動を身体が受けるので、挙句はブレーキレバーが握れなくなり、止まって回復を待つという動作を何度も繰り返す羽目になりました。登りで止まることは殆ど無かったので、これは堪えました。
サスペンション欲しいよ、というのが本音ですが、それでも果敢にリジッドで挑むのならば、タイヤの空気圧は低めで、腰と同じくなるべく始めの方に無理して手に負担がかかる動きをしないことです。

水分・カロリーの補給

水分もカロリーも、補給するタイミングは常に「身体からシグナルが出る前」です。ただそれだと判別つきにくいので、ざっくり水分は10分〜15分毎に口一杯分くらい飲むのと、エナジージェルなども30〜40分に一回、時計を見ながら摂取するのが一番安心です。

結局いずれも身体から非常信号を聞いてからアクションを起こしても時すでに遅し。そして悲鳴を上げ出すタイミングは、どれを取っても「いつものライド時間を超えて少ししたあたり」から。定期的にMTBに乗っている人であればあるほど、自分のライドスタイルに適応した身体になっていることが理解出来ます。手遅れになる前に気をつけたいのと、逆にこの100kmで変な癖がついていることを見抜くことも可能だと思います。

シングルスピードで対応出来るのか

11

走行中は必死にペダルを漕いでいること以外、割と退屈なので、景色が良ければみんな絶景に一喜一憂するし、近くで走っている人をジーっと目で追ったりしていました。それが理由なのか「おぉ、シングルスピード頑張れよ!」とか「リジッド凄いですね」など色々声かけて貰えてとても励みになりました。

また同じくシングルスピードの方を見つければ、生き別れた兄弟に出会ったような感覚になれるし、このギアたった2枚の共感覚というのは伊達じゃないようです。

ギア比さえ自分のペースに合えば、シングルスピードが正直それほど苦行だとは思いません。(リジッドははっきり言って地獄ですが)もし、ディレーラーの有無で参加を迷われている方がおられるとすれば、全く不安がらず、思い切って参加されると良いと思います。

SDA王滝 100km にシングルスピードのMTBで参加した話(準備編)

2017年5月22日 Bicycle, other

01
アマチュアの、それなりに歴を積み重ねたサイクリスト達が、自分たちの卓越度合いを大雑把に表現する為のチャレンジが日本にはいくつか存在しています。

ロードだと琵琶湖を一周するビワイチ・淡路島を一周するアワイチなど。下準備〜完走まで、達成した記憶がなんとなく自分たちのキャリアに組み込まれます。その場を走ったものにしかわからない共感覚が、その後の酒の席をうまく潤滑させるとかさせないとか。

MTBだと「あぁ、王滝?走ったことあるで」という言葉を幾度となく耳にします。

正式名称「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝クロスマウンテンバイク」20km、42km、100kmとカテゴリーがあり、いわゆる ”王滝走ったことあるで” が使用出来るのは100kmかららしいとか。

チームメイトに誘われ「走ったことあるで」の為に、とりあえずトライしてみることにしました。走り出す理由なんて、シンプルな方が良いと僕は考えるのです。

とは言え、使用した自転車はシングルスピードでフルリジッド。誰の役に立つかわかりませんが、少し特殊な仕様で走ったSDA王滝100kmをレポートしてみたいと思います。

準備編

シンプルな方がMTBはカッコイイ。ここ数年はそういう価値観で自転車に跨っていますが、それはバイクの仕様だけでなく、持ち運ぶ装備品にも同じく。機材トラブルなどのリスクが広くなるMTBであっても、僕はなるべく装備を少なめに工夫しています。なので、ここから説明する準備は割とミニマムな内容なので、ご注意を。

バイク

03

All-City Cycles / LogLady Sサイズ
いつも使っている All-City Cycles の LogLady です。シングルスピードのリジッドMTB。こんな見た目ですが、ジオメトリーはだいぶんXCに振ってあって、ちゃんとペダリングすればロスなく良く登ります。

06

普段は32 x 18で自走〜山中をこなしていますが、王滝仕様の32 x 20です。SS-MTBで100kmを6時間切る人たちはだいたいこのギア比みたいです。ざっくり想定時間が1時間増える毎リヤコグを1T大きくしても良いんじゃないかと思います。僕は6時間30分で走りきりましたが、後半結構辛かったです。

タイヤ

05

・Panaracer / DriverPro PR 27.5
どの径であっても、タイヤはTubeless一択だと思います。大きなサイドカットは仕方ないにしても、ピンホールのパンクはシーラントをたっぷり入れて防げます。後半パンク修理で止まると足の筋肉を硬直させてしまって余計調子悪くなります。

王滝の路面コンディションは、ガレた石が多いのですが、それと同時に凹凸もかなり多く、またコーナーの多くが砂、砂利が浮いています。タイヤのパターンに関して、一概に「これが決定版」というのはなく、選んだタイヤに合わせて走り方を変えるというのが正しい表現かと思います。

僕は長丁場で足への負荷を減らすべく、マラソン系である DriverPro PR を選びました。普段使っているノブが高いタイヤに比べると、走りの軽さが際立っていました。

ですが、いくつかある激坂で立ち漕ぎするときなど、丁寧にトルクを掛けないとトラクションを失ってしまったり、砂利コーナーでかなりフロントタイヤが流れていくので、いつもよりゆっくりコーナーを抜けることになりました(一回思いっきりこけた)

ノブの高いタイヤであれば、登坂でも下りでも安心して突っ込めると思います。走りがもっちゃりする分、SSならばギア比を軽くして挑むのも一つかもしれません。

ウェア

・All-City Cycles / WANGAAA Team Kit
・The Athletic / Team Wooly Mammoth Mitts
・Oakley / RadarEV Prizm Trail Lenz
この日は5月中旬ながら夏日。出走の時間は寒いという触れ込みもありましたが、結局半袖ジャージ、ショーツで出走しました。日焼けで結構体力を消耗するので、焼けたくない方は薄手のアームカバーか、日焼け止めをたくさん塗ることをお勧めします。
グローブはなるべく手の平が厚手のものを選んだのと、サングラスはRadarEV の Prizm Trailを使用しました。日向と日陰で随分明暗に差があることと、兎に角路面状況をしっかり把握することが要なので、ケチらず良いレンズを使うのが良いです。OakleyでもPrizm Roadだと日陰で見えなくなりそう。

工具

写真 2016-07-17 11 54 37

結局使わなかったんですが、用意したのは以下の通り
・RAL / EM LOADER
・チューブ2本
・タイヤブート
・ミニ六角レンチ
・空気入れ
・ボトル
上記 + 補給食をRALのフレームバッグに放り込んでいます。ボトルは、飲み水だけじゃなくて立派な工具だと考えています。後述しますが飲み水はハイドレーションで、ボトルの水は怪我したときに汚れを流したり、パンクしたときにシーラントを流したり、掛け水にして身体を冷やしたり、そういう使い方の為に分けた方が良いです。

補給

・ハイドレーション(1.5L)
・Mag-on エナジージェル
ハイドレーションは今回の為に購入して初めて使いました。見た目は好きではありませんが、便利で驚きました。何せ走り続けないとゴールにたどり着かないので、こういう手間なく補給出来るアイテムは重要です。王滝の路面では、ボトルケージだけだと水分補給が難しくなり、脱水になりかねません。
エナジージェルは特にこだわりがありません。基本的にお腹空く前に摂取するのが良いと思うのですが、僕の場合30〜40分ペースで一個ずつ摂取していました。

マップ&Garmin

04

・標高マップ
・Garmin 520J
王滝のコースは春・秋で周回方向が変わるだけで基本的に変更が無いようです。
マップは細かいシートを作っても正直振動で大して見ることが出来ないので、標高マップを印刷して貼り付けておくのが便利です。チームメイトの長谷川さんから以前作ったデータを貰ったのでこちらからどうぞ

スクリーンショット 2017-05-22 13.13.04

あとGarmin520なら・・・既に走ったことある方のStravaログから、各セグメントに★を入れておくと、ライブセグメントで山頂までの残り距離などが表示されて、精神衛生上とても良いです。ちなみに最後の下りは気が遠くなるほど長いので、最後だけは下りのセグメントを入れておくと気が楽です。

ちなみに僕のログはこちら

・・・あと今回は用意しなかったのですが、TOGSを付けて乗ると非常に良いと思います。グリップの内側に取り付けて親指を引っ掛けるアレですが、王滝の下りは突き上げが酷く握力がどんどんやられていくので「登りは手のひらを休める」「下りは足を休める」と割り切ることになります。ちょっとでも手に負荷のかからないポジションで乗れるアイテムは便利だと思います。登りでも多少なりハンドルが暴れるので、後半はブレーキレバーに指を引っ掛けて手を休めつつ登っていました。

ここまでを準備して、いざ王滝村へ。関西から約5時間ほど。中津川ICで降りて、下道を1時間ほど走ります。

 

当日編へ続く。

SDA王滝 100km にシングルスピードのMTBで参加した話(レース当日編)

2017年5月22日 Bicycle, other