33087495606_455b6f64ab_k

東海シクロクロス最終戦、または僕にとってのシーズン最終戦でもある、ワイルドネイチャープラザ、通称WNPへ参加してきました。

天気は、風がなければ暑いほど。試走からしっかり汗を流してラインのトレースを繰り返します。午前中の試走では湿っていて割と乗れたラインも、午後には日差しで乾いて乗れなくなっていく。ますますライントレースしなければすぐ深みにハマってしまうので、いつもより遥かに集中してタイヤを走らせます。

13:20にレーススタート。東海ランキングなのか、最後尾スタートで序盤はどんどん周りの隙をつく。半周ほどで10番手くらい、川村選手ことスク水氏も一応見えるところにいるし、最大のライバルCLTのハッチィさんも射程圏内。

32313424943_5ea85c32df_k

安定した集団が出来たものの森のセクションでペースは上がらない、先頭を走るハッチィさんも明らかに息も荒げていないので、先を急いで一気に巻き上げる。前に誰かいると、砂は明らかに不利。
本当は砂も前走者のライントレースした方が楽ですが、じわじわ走られるとギアが合わなくて逆に辛いので。

33087401416_b25a31e785_k

いいペースで走るものの、CX東京での悪夢再び。ランで周りとペースが合わず翻弄される。心拍は上がらないが酸素は足りない、これ以上ペース上げると筋肉が攣るので、とにかくギリギリで耐える。苦手意識という以前にやっていないことは出来ませんし、自分の場合明らかにランとペダリングに出力差がありすぎるので今後の課題です。

中盤までは良い位置で過ごせたものの、結局足が使い物にならず後退してしまい、少し悔しい結果でレースを終えました。

33128992475_58acb92249_k

しかし、、、シーズンもほぼ終盤であるにも関わらず、終始コース全体を囲う観客。もちろんエントリー数もずば抜けて多い。「アクセスが良い」という理由で参加者が増えるケースは聞きますが、コース自体がコンテンツとして多くの人を魅了しているというのは割と珍しいと思います。

WNPは正式名を祖父江砂丘、つまり「砂のコース」としてしっかりブランディングが出来ていて、「このシクロクロスらしいコースにトライしてみたい」と言うハナシを良く聞きます。あまり知られていませんが、実は砂エリア以外のセクションも路面状況がいい為、砂に対応して空気圧を低くしても機材トラブルが少ないのです。ラインをじっくり見ると木の根っこを上手く交わすようにコーステープが這わしてあったり、主催者の工夫が感じ取れます。

32313291543_19f8bd04aa_k

機材壊して走れなくなってしまうと、一生懸命やってるだけに自然とそのコースへの印象が悪くなりますし、WNPで何度も何度もレースが開催され、どう考えても砂でシンドイはずですが多くの人に対して好印象となっているのも、それが理由のひとつじゃないでしょうか。実際乗車しやすかったり、あえて降りるように仕向けたり、そういう砂の上の工夫もたくさん見受けられました。

またはランニングが必須のコースだけに、自転車に乗ることのみが勝敗を分ける訳ではないというところも、参加者を魅了するポイントと言えます。

シーズン中は20近くの会場で自転車に乗りますが、地域や作っているスタッフの方々によって印象が色々変わるので、そういう面でレースを捉えるのも楽しいもんです。

Photo : Yoshihide Maekawa

大会名: 東海シクロクロス 第7戦 WNP
開催日: 2017年2月26日
開催場所:愛知県稲沢市 ワイルドネイチャープラザ
気温:  11℃
リザルト: C-1 / 19位 / 52%
路面状況: ドライ、サンド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Panaracer “Gravel King SK” 32 / F 1.4bar R 1.4bar(https://panaracer.co.jp )
リム:  H PLUS SON “THE HYDRA” 28H ( http://hplusson.com
心拍数: Avg 168bpm / Max 181bpm

2017年2月28日 Cyclocross, レースレポート

 

1236510_10201396489708446_2079581593_n
Hideo Watanabe by Yuta Yoshida

テレビCM、SNS、街角など、さまざまな場面でその姿を見る機会が増えてきた “BMX”。
BMXに20年近く跨ってきた筆者から見ても、特にここ数年で認知度がグンと上がっていることを感じます。(昔はBMXと伝えてもトライアルと区別つかないし、自動車メーカーのBMWと良く勘違いされたもんです)伴って競技を始める環境も年々良くなってきている一方、今までアンダーグラウンドだった名残なのか正しい情報が露出しにくいようにも思います。

「僕もBMXを始めたい」そう思った時にぜひ知っておいた方が良いことをまとめてみようと思います。

5701075533_be15498f6e_o

1. 自分の始めたいBMXのジャンルを知ろう

BMXを知るきっかけは様々で、エナジードリンク系サイトから発信される映像だったり、オリンピックでの選手の活躍であったり。あなたが目にしたタイヤ径の小さな自転車はBMXに違いないのですが、実は細かく分けるとBMXには6〜7種類のジャンルが存在します。あなたのアンテナに引っかかったBMXがどのジャンルなのか把握しておかなければ、訪ねるべきショップも変わってきますし、そぐわない自転車を手にしてしまう可能性もあります。

大きくは3つに分けてみましょう。
・レース
・ストリート(ストリート、スケートパーク、ダートジャンプ、トレイルを含む)
・フラットランド

BMX

<レース> は、土で出来たコースを複数名で走り抜けて順位を争う競技です。フルフェイスを被って、スタートの号令でいっきにコブを駆け抜けます。オリンピック競技にも指定されていて、リオでは長迫選手が活躍しました。

<ストリート> は、バニーホップで自らジャンプしたり、またはランプと呼ばれるセクションでジャンプしたり、技の難易度や完成度などが評価基準となるジャンルです。フリースタイルと呼んだりもします。実はこの中で更にいろんなジャンルに枝分かれしてしまうのですが、ある程度同じ自転車で競技を楽しむことが出来るのでひとまとめにしました。

<フラットランド> は、平坦な場所で自らクルクルと回ってルーティーンを魅せるジャンル。タイヤの横に付いたペグと呼ばれるパーツに乗ったりしてバランスを取りながらトリックを繰り出していきます。ストリートに比べてサイズ感の小さい自転車を選びます。

11502397935_4ec23d5294_b

この3つのジャンルではそれぞれ異なる種類の自転車を使用するので、初めにどの競技にトライしてみたいのか把握しておかないと、自転車を再度用意したり少し遠回りすることとなります。

筆者はこの中でもBMXストリートに長く携わってきました。

2. 初めて買うBMXの選び方

986b9f7a066f11e3aeda22000a1f973b_7

自分の欲しいジャンルのBMXがわかれば、次はどのような自転車を選べばいいのか掘り下げていく楽しさがあります。ですがどのような素材、どのようなグレードにすべきか、基準が無いので選択しにくいとも思います。

ストリートに関して言えば、最近のBMXはどんどんスケートボード化していると思います。パーツなどはある程度進化しきってしまった感があり、スケートボードのようにフレームサイズとグラフィックで選ぶのが主流だと思います。

例えば、フレーム自体はほぼ全てがクロモリ。一時期アルミやチタンも出ましたが、強度やコストの問題もあって姿を消してしまいました(2HipのPorkとか好きだったのにな・・・)クロモリも焼き入れで硬くして極端に軽いモノもありましたが、やはり強度的な問題があったので各社平均的な重量になっています。ジオメタリもサイズ以外では初心者に理解出来るほど違いはないので、身体に合えばなんでも良いと思うのです。

サイズは例えば身長が 170cm の僕でトップチューブが20.5inchのものを良く選んでいます。好みにもよりますが、だいたいは180cmだったら21inchくらい、160cm以下だったら20inchくらいを目安で良いかな、と。

パーツも、いわゆるロードのコンポのようにグレードがあったりするわけでもないので、例えばスプロケひとつにしても市場のほとんどが同じ性能で、削り出しなどで各社美しいビジュアルが売りになっています。

完成車も、値段相応。下は32,000円くらいから、10万円くらいまで。個人的には5万円そこそこの完成車がカラーバリエーションも多く、パーツも長く壊れにくいものが付いているイメージです。ちなみに、Sunday Bikesというブランドに15.8万円の完成車もあり完全にプロが乗っている仕様が最初から手に入るようです。

ということで、こだわりの1台を時間かけて探すのも良いのですが、正直特別に安いモデルというのはなく、それよりも色や見た目の感覚で、長く付き合えそうな一台を探すのが良いと思います。

a

写真 2015-08-16 12 47 31

ちなみに、購入した自転車の色に飽きてしまっても、さっと缶スプレーで塗ってしまえる潔さがBMXの良いところであったりもします。

tone up from Yusuke Yamamura on Vimeo.

3. 良いショップに出会うことがポイント

自分の欲しいジャンルのBMXがわかれば、次は購入する場所がトピックにあがってきます。

このご時勢、インターネットで自転車のパーツを買うのは当たり前。完成車であっても丁寧に梱包されて、翌日には自宅に届いているものです。しかしながら個人的には、長年BMXに携わってきて「ショップで直接自転車を買う」ことを僕は強くオススメしたいです。

割と色んな自転車競技でも、実はその自転車やパーツを手にするまでが楽しくて、所有欲が満たされれば納得してしまうケースや、独りでまだ見ぬ地へ出かけることが楽しかったりすることもありますが、、、BMXストリートにおいては買ってからテクニックを身につけることが勘所、または練習する場所に悩むこともしばしば。

dsc_1470

だいたい老若男女、アマチュアからプロまで皆それぞれ自分の「ローカル」というものがあって仲間がいて、それぞれが懇意にしているショップがあります。ショップでは商品だけでなく、技の練習方法から場所、または若いライダーにとっては先輩から人と接するイロハを教えてもらえる貴重な場所であったりもします。

以前、名古屋の街中をスーツ姿で歩いていたら熱心にBMXの練習をする若人を見つけ、頑張ってるなぁとジーっと眺めてたんですが、僕に気付いた彼らが突然「こんにちわ!」と爽やかに挨拶してきたんですね。本当に驚いて驚いて。後で聞いたら名古屋の地元ショップの店長が凄くローカルを大切にしていて、お店を訪れる彼らにもそうやって教えているそうな。素晴らしいですね。

そんなお店情報ですが、個人的にはBMXの老舗問屋 ZEN Distributionさんのサイト を参考にされるといいかもしれません。BMXのみを生業にしている彼らが選ぶショップさんは、どこを訪れても個性と活気がある楽しいお店ばかりです。

4. スマートフォンがあればどんどん世界が広がる

昔はですね、どこぞのローカルかもよく分からない海外のビデオテープをショップでゲット。テープ伸びるほどテレビデオのスイッチ押して、どんどん偏ったトリックを盗んではトライして、それが次第にローカル独自のスタイルになっていた、みたいなことがよくありまして。だいたい各地方に数名真っ赤なラットボーイがいましたよね。

それはともかく、今時はBMXの映像と言えど無料のコンテンツがほとんどですし、リアルタイムなトリックをプロ本人が自分のInstagramで日々投稿していたりします。見てて飽きないですし、携帯片手に新しいトリックを練習するなんて当然のこと。

または、これだけ簡単に撮影して自分から情報を発信出来るとなれば、自ら使わない手はない。日本だとKINK BMXのケンとか、ほりえぐみというクルーなどがコンスタントに自分の映像を投稿していて、それがきっかけで日本を飛び越えて世界で注目される、なんてこともあります。

Quick 2 🐝🐝 🎥 @kuripnkt #横浜観光大使 #クイクックがお好きでしょ

Yumi Tsukuda ゆうみさん(@yumingrow)がシェアした投稿 –


速さやスピードで語られる凄さも面白いのですが、技の難易度、スタイル、または映像の見せ方ひとつで世界から注目されることだって可能な競技だということを、スマートフォンを通じて改めて感じます。

5. 具体的な目標が見える

以前ここにも記載しましたが、BMXパークは現在UCI(国際自転車競技連合)の正式競技に指定されており、ワールドカップや世界選手権が今まさに執り行われようとしています。これによって社会的な地位が確立されていきますし、オリンピックの正式競技に指定される日も近いでしょう。
もちろんUCI競技となれば、国内でもJCFとしても国内競技を充実することに動き出すでしょうし、実際プレイベントとして「全日本フリースタイルBMX連盟」がシリーズ戦を開催しています。

1231691_10201396481828249_34130251_n
Toshio Takagi by Yuta Yoshida

今までアンダーグランドだった僕たちの競技は日の目を見出していて、既に国内でストリート/パークのRedBullライダーが誕生したり、未来のオリンピアンを育てる動きが各所で見られています。

スケートボードは一足お先に2020年からオリンピック正式競技になっていますが、日本では女子の選手がXgamesで優勝をし世間を騒がしています。神戸ローカルの彼女を以前から知っているのですが、テレビ取材やスポンサーなど、一気に競技環境が変わったんじゃないかと思います。

世の中色んなジャンルのスポーツや競技があります。僕らが競技を始めたあの頃、BMXを知っている人が少なくて、一生懸命やっていたにも関わらず「遊んでるだけ」というような印象を持たれていたことも多々ありました。それだけじゃない、反社会的な印象を勝手に持たれたり、ショップが認知の低いBMXだけで維持できず閉店に追い込まれる悲しい一幕も見てきました。

1230042_10201396492188508_1124356767_n
Kozo by Yuta Yoshida

社会的認知があがって、賛否両論あるかもですが、僕は、僕たちの愛するBMXが社会から必要とされ、より多くの人を楽しませる競技として進化していくことに期待していますし、その過程で日本からも世界で活躍する選手がたくさん出てくるのが楽しみでなりません。

と、ちと熱くなってしまいましたが、これからが非常に楽しみなBMX!今から始めるなら知っておきたい5つのこと、を、お送りしました。

追記 2017.6.13

30519786636_09e5d66e42_k-1

2017年6月9日深夜、IOCが正式に「BMXフリースタイル パーク」をオリンピック正式種目として採用し、プレスリリースを発表しました。合わせてJCFの橋下会長もコメントを出し、業界はバタバタと動き出しました。

このポストでは BMX ストリート / スケートパーク という表現で競技を説明していますが、IOC、UCI、JCF統一の呼称は 「BMXフリースタイル パーク」となっています。

これは既にオリンピック競技である BMXレース との区別をする為とは思いますが、厳密には、先述のストリートや、ダート、フラットランドなど今後余地のある競技との住み分けの意図も感じています。

何れにせよ、本格的にBMXという競技の認知度が上がる一方、インフラはまだまだ整っていません。このポストがそれまでの架け橋にでもなれば幸いです。

2017年2月16日 Bicycle, BMX

16586627_10209111813527545_1257512021_o

京都市内からもアクセスの良い桂川、関西では最終戦としてお馴染みで、ブース出展、参加者ともに毎年大賑わいになるこのステージ。

初めて参加したシクロクロスが3年前の桂川、ということで自分史上4回目を数えるコースです。とは言え、毎回カテゴリーも違えばコンディションも別物、今回は朝から降り続く雨に水はけの悪い路面で泥&水溜り。初めて参加したときとも似た状況に、自分の成長を感じながら走ります。

16491244_10209111815007582_1535552353_o

今回はAll-City Cyclesの代理店であるモトクロスインターナショナルさんのブース出展があり、雨とは言え途切れることなく誰かと会話をしているような状況でした。なんとなく、2年前にブース出展していただいたときより誰かしらに声かけて貰える機会が増えて、やっぱり現場に足を運び続けることって大事なんだなと理解しまいた。

16492175_10209111812127510_927572966_o

試走は朝に済ませてお昼はキャンセル。レース45分前からローラーを20分ほどでアップ完了。この「ウォーミングアップ」なにを何分間どのタイミングでするのか悩ましいのですが、参考に「スポーツコンディショニングの基礎理論」という本を読み返してみました。

アップをすると、、、中枢神経の興奮 → 運動に対する神経系の反応が向上、交感神経からアドレナリンが分泌 → 筋系・循環器系が活性化&他の器官系を抑制。筋系は毛細血管が拡張することで筋温が上昇、代謝が増加し、さらに細胞間質やたんぱく質の粘性が下がり、弾性が高まる。など。

まぁ分からんでもないのですが、具体的にそれがどのくらいの時間軸かが重要なのです。どうやら筋温自体は45〜90分ほど持続するようですが、循環器系への効果は5〜10分間の休息で消失してしまうとされているので、筋温をしっかり上げて、スタート後身体が即反応するように準備します。

何分間ほどで身体が適応するかは人によって違いますが、普段のライドで乗り始め寒い時に足をグイグイ回して、カチカチになった身体が何分間でほぐれるかストップウォッチとにらめっこです。僕はFTPの80%くらいで漕いで、概ね20分ほどで足に違和感がなくなり、スプリントも出来る程度になりましたので、それを目安にしました。

16522125_10209111810407467_907333200_o

グリッドではなるべくレーススタートへフォーカスして、アドレナリンが分泌されるイメージだけ持って挑みました。雨は止んだものの、泥と溜まった水との一騎打ち。スタートは3列目、TOYO FRAMEの竹之内選手の後ろで動きを勉強します。

一瞬で離されると思いきや、あんまり踏んでいない。今日は彼を脅かすライバルはいないし、たぶん周りに迷惑が掛からないように狙いを定めてるのかなーと思った瞬間、ピューっとライン変更して芝の残ったコース端へ。あの瞬間の「先に身体を入れ込んでから自転車が付いてくる」曲がり方、すごく好き。カッコイイ。

午後試走していないので、1周目は少しパワーを使ってでもセクション毎乗れるか乗れないか判断する。泥となればどんどんギア比が重く感じるので、なるべく轍をトレースしまくり、ありとあらゆる足の筋肉を使ってみてジワジワペダルに力を伝える。
ホームストレートの泥は異常に重く辛いのですが、前の走行者ビタビタでライントレースすると新しい轍が出来て本当に休める。ドラフティングはなくとも、こういうパワーの休め方もあるのかと理解する。

16492118_10209111812727525_1336227278_o

先行していたヤンボーに追いつき、彼のペースでレースを運ぶ。しばらくすると前方にTeamZenko 辻さんを発見。宮島で敗れて悔しい思いをしていたので、ジワジワ追い詰めてかわすことに成功。そのまま離して、あとは竹之内選手にラップされないようにペダルを踏むだけ。

16492124_10209111814207562_1691531009_o

なんとか最終ラップに入ってほぼ力尽き、あとはイナーメ井上くんに引っ張ってもらいフィニッシュ。試走でテクニカルと思って挑んだものの、結果を見れば足がある選手が残っていて、持続パワーの必要性を感じる結果でもありました。

ということで関西シクロクロスへの参加はこれにて終了。
表彰でも皆さん語られていましたが、主催されている京都車連の矢野夫妻を始め、全てのスタッフのみなさんに感謝です。

次はシクロクロス東京!エリートと分かれているので、表彰台を狙って頑張ってきます。
Photo : Kei Tsuji

大会名: 関西シクロクロス #10 桂川
開催日: 2017年2月5日
開催場所:京都府京都市 桂川緑地久我橋東詰公園
気温:  3℃
リザルト: C-1 / 16位 / 28%
路面状況: マッド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Panaracer “REGACROSS” 33 / F 1.4bar R 1.4bar
リム:  H PLUS SON “THE HYDRA” 28H ( http://hplusson.com )
心拍数: Avg 169bpm / Max 177bpm