31611433034_cecdfd3630_k

シーズン後半、中国シクロクロス “宮島ステージ” に参じてきました。
島へはフェリーで渡る、鹿がコースに出没するなど、予てからエンターテイメントに富んだ内容に期待していて、今回はチームの遠征も兼ねてマイクロバスに18名 / 15台で広島県廿日市から宮島へ渡りました。僕に至っては All-City Fun Meeting のロケハンも含めてこの1年で3度目の宮島。あのとき出会ったローカルの方々とも再会出来て、親近感の湧く地方レースと言った印象でした。

32303501652_b9e0786216_k

砂&芝をメインとしたコースは、予想を大幅に上回る楽しい内容。砂直線、砂コブ、キャンバー、高速ステップなどなどなど、セクションのバリエーションが非常に豊富で、その都度スキルの経験値を試されるような内容になっていました。とは言えキッチリ踏んで前に出る直線も多く含まれているので、断続的なパワーを使わなければ前に出ることは難しい印象でした。

ありがたいことに、JCXポイントが優先されてゼッケンは1番。コールアップも最初に呼ばれてホクホクしながらグリッドへ。意気込んでいたホールショットは662ボスにもぎ取られるも、序盤は心拍を上げながらペースを掴む。途中浅いコーナーが連続するところにシカが仁王立ちでラインを塞いでいて翻弄される。これがシカインか・・・と妙に納得しながら前へ進む。

31642914913_b17c0d1e10_k

やはりTEAM ZENKO 辻さんが飛び出して、ライバルの進藤くん(Grumpy CX team)とパック。追い抜いて腰ポンして追い抜かれてを繰り返してチョケてみるものの、正直彼の足の状況が分からずとても恐い。気が付いたら後ろと少し距離が出来たので協調して回し出す。このまま行けばAll-Cityに乗った2人で2,3位表彰台、なくはないな・・・と思った直後にUKYOの選手に追いつかれて悲壮感が漂い出します。

32414721246_0cfc5cbe2e_k

なんとか表彰台を、、、と思い再度パック形成して終盤まで耐えるも、更に後ろの選手に交わされて差が開く。ヤバイなと思いふと後ろを確認したら進藤くん千切れてる・・・・。僕もギリギリだったのでペース維持を彼に委ねていたのですが、その間にジワジワ遅れてきていたようです。

31642880993_2fc45b5cfd_k

今更気付いたのですが、この期に及んではパワー・テクニックの差を見せ合うというより、相手の残り具合を確認しながら自分の持ってる札を出していくギャンブルのような展開になっています。自分の札(足の残り具合や、得意な箇所)は自分で見えてますが、相手の札は最後まで見えないので、あまり先入観や印象に惑わされず、しっかり相手のペダルの踏み方などを観察した方が早めの対応が出来ると思いましたし、観戦するにもその方が駆け引きに参加しやすいと思ったのでした。

32454593395_9a46c96a08_k

ということで、最後は3位の選手と差が詰められずそのまま4位でフィニッシュ。ミスもあったので改善点たくさん見つけることが出来ましたが、ひとまず今期最高の成績を残せたので満足です。

今回、中国シクロクロスとしても過去最高の159名参加。アクセスの難易度をはるかに上回るコンテンツ力と、実際に参加した僕たちへのおもてなしにとても愛情があって、主催者の情熱を感じ取りました。中国シクロクロスはこれが今期最終戦でしたが、また来季もぜひ参加したいと思います。

Photo : Yuki Onari

大会名: 中国シクロクロス 宮島ステージ
開催日: 2017年1月22日
開催場所:広島県廿日市市宮島 包ヶ浦
気温:  4℃
リザルト: C-1 / 4位 / 20%
路面状況: ドライ、サンド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Specialized “Trigger” 33mm F1.4bar R1.5bar
心拍数: Avg 170bpm / Max 183bpm

2017年1月23日 Cyclocross, レースレポート

16010513_1331306343579905_1946227879_o
Photo : Soh Hasegawa

関西シクロクロス 堺ステージへ参戦してきました。

勾配ほぼ無し、コーナー多数、砂、かなりのテクニックを要するこのコース。関西のシリーズの中でも、特に自分の得意とするステージです。

気温が急激に下がることが予測される中、同じく極寒だった全米選手権の録画を見ながらウェアチョイス。ポイントは耳と手先を温めること。ヘッドギアはRaphaのWinterCapに、ProTeamのグローブにメリノのライナーで保温を心がけました。

・・・レースの結論から言えば 38位 / 60%。今の自分のコンディションだと非常に残念なリザルトに意気消沈しているのですが、、、実は1周回目のクラッシュに巻き込まれ、前後のディスクローターを大いにひん曲げてしまったのでした。レース中は気にも止めていなかったのですが、フィニッシュ後自転車の挙動に大変驚きました。

体感40wくらいはパワー吸われていたと思うのですが、誰も慰めてくれるわけでもなく、転んでタダで起き上がるのも勿体無いので盛大に分析を。

特にフロントが酷く進まない状態だったようで、今思えば低速からの加速で酷くロスをしていました。シケインの立ち上がり、砂場の脱出で周りについていけない、、、特に砂場はフロントを急に取られるので思ったように進まず、情けない動きを晒していました。

16122344_1331306370246569_89634321_o
Photo : Soh Hasegawa

スクリーンショット 2017-01-16 10.09.33

データ的には、、、平均心拍が169bpm。過去平均値が170bpmを下回ることなんて無かったので驚きです。確かにクラッシュする直前183bpmまで上がってそこからみるみる心拍が下がっています。今のギア比2.0だと、急な勾配がない限り心肺機能と筋力が1時間でちょうど売り切れるくらいだったのですが、負荷が掛かっている分、心肺より筋力が削られていったという感じですね。ある意味、凄く良い筋トレでした。

そういえば心拍数が下がってたからと言って、必ずしも冷静で居られるかは別みたいです。要は酸欠状態か否か、一般的には酸素の欠乏に比例して心拍数も上がると思いますが、例外もありそうです。今回は酸欠状態なのに心拍が下がったままでした。確かに心拍数が上がっていたとしても脳みそに酸素が供給されていればそんな状態になりにくいでしょうし、ひとつギア比を軽くすればケイデンスを上げつつ(つまり心拍数を上げつつ)筋肉を休ませることが出来るので、勇気を振り絞ってギア比を落とすのも必要かもしれません(いや、ギア付いてい無い僕には関係ないか・・・)

スクリーンショット 2017-01-16 10.21.33

対して、Garminの自動ラップは非常に良いペース配分を刻んでいます。後半徐々にペースが落ちてはいますが、酷い時は10秒以上ラップ差がつく場合もあるので、僕にすれば上出来です。これで何が言えるかと言えば、周回のペース配分に関しては、足の疲労具合や心肺機能のしんどさとは別の自分の中の基準でコントロールしていると言うこと。シングルスピードだということを考えれば、ケイデンスや体感スピードなどを覚えているのかも知れません。

正直、今シーズンの目標にしている「トッキー(沢田時選手)が走っているレースでフルラップ」「関西シクロクロスで25%以上フィニッシュ」を得意コースで逃すことになってしまいましたが、千秋楽桂川では確実に2つとも仕留めていきます。

そうそう、Garmin(520J)をレースで使っていて、ちょっとしたノウハウを書きまとめてみましたので、そちらもどうぞ。

大会名: 関西シクロクロス #9 堺
開催日: 2017年1月15日
開催場所:大阪府堺市みなと堺グリーンひろば
気温:  6℃
リザルト: C-1 / 38位 / 60% -1Lap
路面状況: ドライ、サンド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Specialized “Trigger” 33mm F1.4bar R1.5bar
心拍数: Avg 169bpm / Max 183bpm

 
追記:心拍数と酸欠状態の関係性ですが、やっぱり当たってそうな感じ。今回ディスクローター擦って負荷がかかっていましたが、いつもより重いギアを踏んでいるような状態だったのだと思います。故に体感スピードに対してパワーが上がりすぎて、またはケイデンスも稼げず頭が真っ白になっていたのかも知れません。
「自転車競技のためのフィロソフィー」的に言えば、通常平坦な場所だと有酸素運動に切り替えて走っているところが、体感スピードをベースに踏み込むのでATPの再合成が間に合わず、どんどん無酸素運動が増えてしまい心拍低いのに脳みそに酸素が回らなかったのだと思います。
シクロクロスは有酸素と無酸素の切り替え、バランスが肝ですが、競技強度にも慣れてきたところでこうやって負荷が上がった結果、バランスが崩れたと考えます。う〜む、深い。

2017年1月17日 Cyclocross, レースレポート

16122344_1331306370246569_89634321_o
Photo : Soh Hasegawa

走行データの収集がちょっとした趣味になっている僕ですが、シクロクロスも例に洩れず。特にレースのデータは練習よりも過激な情報がゲット出来るので、非常に参考になります。またはシンプルな情報であればレース中に見て手助けにもなるので、蓄積したノウハウを少し公開してみたいと思います。

先ず僕がシクロクロスで使っているのは、Garmin 520Jと心拍計。パワーメーターは使っていません。

心拍計は CATEYE HR-11。胸に巻いて使うタイプ、電池も長持ちするので良いのですが、唯一は厚みがあるのでジャージの上から装着しているのが分かります。もう少し薄い方がいいかも。ant+仕様ですが、いまどきiPhoneもGarminもBluetooth対応ですし、次買うならBluetooth仕様にすると思います。

腕に巻くMIO LINKという心拍計もありますが、胸囲タイプに比べ若干データが不安定なのと、レース中はもろ腕につけてるのが分かるのであまり使っていません。シンプルで便利は便利なのですが・・・。

2

さて、Garminです。僕は代車が無いので1台でレースを回していて、なので520Jは車体に取り付けています。タッチパネルではなく物理スイッチになった、などメリット様々ですが、他にも沢山レビューがあるので、ここではシクロクロスに特化した内容を。

< 表示画面 >

3
僕の表示画面はこんな感じ。
・タイム(総時間)
・ラップ数
・ラップタイム
・前回のラップタイム
ここに「心拍のアラート」を加えています。

はっきり言ってこれ以上の情報はあのシンドイ状況で読めないし、理解出来ないです。心拍数やスピードなども入れてみたことあるんですが、結局見たところで何の足しにもならないです。上記4項目+1項目の設定方法や詳細は下に書いてみました。

< 設定&使用方法 >

・タイム(総時間)
これはGarminのスタートボタンを押した瞬間からの時間です。いつもスタート10秒前くらいに押しています。自動スタートやオートストップもありますが、あれやるとトラブルで止まったりした時にGarmin止まってしまうので、あえて手動にしています。

・ラップ数
4

これが一番便利な機能です。以前は自分でラップボタンを押すか、あとでStravaセグメント作るなりしていましたが非常に面倒。Garmin520Jには自動ラップなる機能があって、あらかじめラップ地点を設定しておくとGPS拾って自動でラップしてくれます。これが結構正確で、確実に毎周ほぼ同じ位置でラップします。

ラップ数自体はトップの周回数次第なので毎回変化しますが、今自分が(レース全体の)どこにいるのかというのは抑えて置きたいポイントですし、周回地点で残り数カウントされてるので、一度分かれば次から見逃しても手元で把握出来ます。

6 7 8 10 11 12 13

羅列してみましたが、設定 → アクティビティプロフィール → 特定のアクティビティ → 自動オプション → 自動ラップ という順番で進みます。自動ラップを「位置」に設定し、ラップを「登録点とラップ」にします。当然ながら位置登録は毎会場で必要です。スタートして直ぐぐらいの場所を、試走のときに設定しておきます。

・ラップタイム / 前回のラップタイム
自動ラップさせると、ラップタイムも拾うことが出来ます。正直そんなに見ませんが、余裕がある時は確認してラップタイムが落ちてないか把握するようにしています。

・心拍のアラート
5

結構便利なのがこれ。特定の心拍数より下がるとアラートしてくれる機能。1時間走ってると途中で集中力が切れたり、わざとペースを安定させて回復に充てる場合があります。が、それが仇となって気がつけば思った以上にペースを下げたり、休みすぎたりしていることがあります。
あとでログを見ると心拍が下がりすぎていることが多々あったので、そこをカバーするためにこの機能を利用しています。

14 15 16 17 18 19

設定 → アクティビティプロフィール → 特定のアクティビティ→ アラート → 心拍アラート → 下限心拍 です。

唯一は、設定方法が数字ではなくてZONEになっているので、一旦自分の最大心拍数を設定し、その後ZONEで調整する必要があります。僕は189bpmを最大心拍数にしていて、その場合ZONE5の下限が167bpmだったので、そのまま採用しています。

< レース後の分析 >

スクリーンショット 2017-01-16 10.21.33

Garmin Connectに繋ぐと、こんな感じでラップデータが出ます。僕はiPhoneとGarminをBluetoothで接続させ、そのままStravaにもデータをアップしています。

細かい分析に関しては回収したデータによって内容が随分変わりますが、正直パワーデータを正確に取らない限り次のレースに直結する内容を得るのは難しいように思います。

ただ心拍データとラップタイムだけでも、疲労度や、追い込めたかどうかの進捗、またはどの部分でタイムロスをしていたか確認することも可能に思います。

ということで、シクロクロスシーズンも折り返して残すところ1ヶ月強。僕もガンガン楽しんで行こうと思います。

15942168_10202606251273456_715559929_n

下関シクロクロスへ参戦しました。

自転車競技を長く好きでいるひとつの理由として、”遠征” というものがあります。

ローカルからすこし離れた、普段とはすこし違った場所へ足を運んでレースをするということですが、僕自身の中ではいわゆる “旅行” というものよりも優れたものだと認識しています。

真面目の悪い癖なのか、パック旅行の決められたスケジュールや、自分探しの旅と言った目的のはっきりしない旅路は、うまくその時々に適応しきれず不完全燃焼に終わるケースが少なくないのです。

その点 遠征 と言うものは、目的地で無事にレースを楽しむことが出来ればひとまず任務完了、それ以上の出会いや発見はプラスアルファと認識出来て、なんとなくお得感がそう思わさせるのかもしれません。
遠征であっても用意する荷物はあまり変わらないですし、ひとまずウェブでエントリーさえ済ませば、のんびり遠征の流れを考えるのみです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-16-37-30

目的地は山口県下関。今回いちばん楽しみにしていたのが、フェリーを利用すること。
総トン数15,897t、出力17,400 kW、関西と九州を結ぶ大型フェリーで12時間掛けて門司港を目指します。電波もあまり届かないので、本読んだりテレビ見たりノンビリ旅路を過ごします。

もしかしたら同じ発想で下関へ向かっているシクロクロスライダーがいるかも?ということで乗り込んで直ぐさま第一村人発見。なんと今回レースで優勝することとなる窪田博英さんことヒロさん(Speedvagen Family Racing)カップルと遭遇。時間を気にすることなく、ご飯食べてビール飲んでダラダラ喋って、、、これぞ船旅でした。

朝6:00に到着した門司港から会場までは車で40分ほど。日が沈んだ田舎道はとにかく暗い。暗闇の中、こんな僻地に正月明けゾロゾロ集まってくるライダーとは、絶対仲良くなれるんだろうなぁ・・・と妄想しつつ、会場に到着。あたりを見渡した感じ、馴染みの顔がたくさん。もう既にそういう熱い方々とは仲良くなれていたようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-7-41-11

試走から雨、ちょうど止んで来たくらいで僕らのレース。事前情報から直線が多いと思っていたのですが、テクニカルで非常に満喫出来ました。地形を利用した登りも下りも非常にハード。コーナーと言うコーナーは全て雨でグチャグチャ。直線のほとんどは深い泥で前に進まない。コンディション良い唯一の直線に助けられていたようなものでした。

15935282_10154775725167457_155263243_o

油圧ディスクですら効きが甘くなる。あとで確認したら2ピストンのはずが片側固着しているのか動かなくて、パッドが片減りしていました・・・。

60分間(正確には70分間ほど)だいたい同じようなパック。泥のストレートでギア比が合わず、僕だけ終始ランに徹していましたが、前半は乗車してる人の方が明らかに速くて、後半僕のランの方が速くなっていく不思議な現象が。轍はどんどん深くなり、または全身の疲労で上手くその轍にハメることが出来なくなっていくのでしょうね。微妙なコンディションの変化によって選択すべき方法の変化がこの目で見れて楽しかったです。

15943036_10154775727652457_1617712686_o

結果は14位 53%、いつものJCX戦からだと順位%を落としてしまいました。泥を無理に走り抜こうとして逆に遅かったり、轍が読めなかったり、久しぶりの泥コンディションで翻弄されました。

帰りは、恒例の瓦そば。2年前の下関で色んな楽しい人たちと仲良くなったキッカケでもある地元の名物料理。今回もYatsugatakeCCの皆々様の集まりに混ぜて貰い、楽しい一時を過ごさせてもらいました。

次は関西シクロクロス、堺ステージ。比較的相性が良いコース、頑張りたいと思います。

Photo : Mari Nakano Yano / Takahito Anchor Ishibashi

大会名: 中国シクロクロス 下関ステージ (JCX#10)
開催日: 2017年1月8日
開催場所:山口県下関市リフレッシュパーク豊浦
気温:  8℃
リザルト: C-1 / 14位 / 53%
路面状況: マッド
使用機材:All-City Cycles “Natureboy853”( http://allcitycycles.com )
ギア比: 38 x 19 = 2.0
タイヤ: Specialized “Trigger” 33mm F1.5bar R1.5bar
心拍数: Avg 170bpm / Max 180bpm

2017年1月10日 Cyclocross, レースレポート

1

岐阜県は上石津に行って来ました。

なかなかの田舎に何しに行ったかと言えば、 Toshio Takagi がこしらえた “レジージャンプ” なるものを体験しに。

要は、ジャンプ台にスポンジを敷き、その上に適度な強度のマットを被せたクッション性の高いセクション、です。

3

BMXという競技で正に基本とも言えるランプでのジャンプ。初心者からベテランまで色んな技にトライするのですが、技の難易度と比例して怪我のリスクが上がります。

骨折、脱臼、脳震盪、靭帯の損傷、僕も過去に色々やらかして来ましたが、それらをなるべく回避してチャレンジ出来るとあって注目度は高いです。

ただ何せセクションを作るのに費用が凄く掛かる。スポンジもバカにならないですし、あのマットも1枚もので無ければ意味がない。それを2枚重ねしてて、たぶん総工費100万以上はくだらない。トシオの情熱に脱帽です。

2

実際に乗ってみて、、確かにコケても衝撃がかなり軽減されます。普通のランプでコケて転がったのが10だとすれば、レジーなら2くらい。自転車に絡むクラッシュは仕方ないですが、ある程度はパッドなどで回避できるはず。

先入観で最初は怖いですが、どうやら上手なコケ方みたいなものがあるみたいで、最後の方は割と何も考えず突っ込んでトライ出来ました。

ちゃんとメイクしてランディングした時の感覚も慣れれば違和感なく、適切に路面はグリップするし、このマットの素材がナカナカ凄いようです。

5

で、このセクション1番の恩恵は、何と言っても普通のジャンプでの衝撃自体が凄く少ないこと。あまりに楽しいので何回も何回もトライしてたんですが、身体への負担が非常に少なく、気付けば汗だくで次の技にトライしてました。
大きい怪我だけでなく、慢性的な疲労は集中力を欠く原因になりますし、この点が1番画期的に感じました。

関西から2時間。またみんなで集まって遠征したい場所が増えました。

< 大垣市かみいしづ緑の村公園 >
http://www.ogaki-tv.ne.jp/~midorinomura/

4

2017年1月5日 Bicycle, BMX