Team-Dream-All-City-Macho-King-22-1335x892

The Radavist という人気自転車カルトサイトで、毎日新しい(そして美しい)バイクが紹介されてて、その中で目に止まった一台。

グラベルグラインダーっぽいというテンプレートはあるものの、特に目新しいパーツもない、All-CityのMachoKing。吊るしフレームを手描きでペイントしただけ。何故「だけ」かと言うと、複雑な塗り分けやデカールが用意されている訳でもなく、単色で筆を走らせただけ、だから。

Team-Dream-Emilio-All-City-1-1335x890

しかしこの一台には、カスタムバイクの真意が隠れていると思うのです。
近年はNAHBSなどの情報も、アンテナ高い人たちが現地の情報を(それも日本語で)随時発信していたり、買う買わない別にいわゆる「バッキバキ」のフレームが身近になっています。いやぁ、どれもカッコイイ。しかしそこまで辿り着くと、もうこのカスタムバイクが誰のものなのか分からない。

カスタムバイク、というのは誰の為ものか。

Team-Dream-Emilio-All-City-4-1335x890

カスタムバイクとは誰のものか。それは紛れもなく僕らユーザーのカスタムであり、ユーザーのイメージを具現化する為のモノ。ひとつの手段として誰かに頼むのも良いのだけれども、基本的には今持っている自転車を、より自分らしく、自分の手でやってみたいというのが基本じゃないのかと。

キャブレター分かってないとインジェクション触れない、みたいなもので、ここら辺がおろそかになるとカッコイイカスタムバイクは作れないと思うのです。

for_bmx_museum_2_lg

僕の自転車偏愛はもう彼此20年近く前に遡るのですが、当時BMXと言えば全部が全部ダウンチューブど真ん中にシンメトリーでブランド名のロゴ。これは絶対だったんですね。それを仲間の一人がトップチューブ側に張り替えた・・・だけ。ただそれだけだったんですが、本当にカッコよろしかった。確かSTANDARD BYKE COMPANYのLENGTHYだったんですが、僕もすぐデカール探して真似したし、、、懐かしいな。

ステッカーはカスタムの基礎基本。その後、アシンメトリーだったり、ダウンチューブと違った場所にステッカー貼るのが流行りましたね。

2724566355_440e310849

CannondaleのBadBoyも、マットブラックのボディにCodaのシンプルな油圧ディスク。ロゴまでマットブラックというイキきったメーカーの姿勢に憧れて、その後3〜4本くらいはわざわざマットブラックにして乗っていたくらい。今のSLATEには明らかその流れを感じるし、源流はいつまで経っても廃れない。

※ あとで画像を探して気づいたけど、Codaが使われていたのは確かサンプルモデルで、実際のモデルは廉価版だった気も。しかしBadBoyは年々シルエットがカッコよくなってる。

写真 2015-08-08 22 09 11

写真 2015-08-16 12 47 31

写真-2015-08-19-17-38-57

 

今のBMXには、DIYでYETIのカラーリングをあしらっていまして。どうせやるならということで、Sliding Yeti Man=雪男のステッカーもBMXブランドに合わせて作り変えてます。

a

今回の話の元ネタは、吊るしフレームに手描きペイントカスタム。それも黒に黄色のペイントなんて古ぼけた、使い古された感たっぷりですが、どこか懐かしい。
何せカスタムバイク、というのは自分のイメージが具現化されるまでのディティールが大事で、今時の最先端ビスポークも目の保養に良いですが、元ネタやルーツを探る旅もたまには良いと思うのです。

Team-Dream-Emilio-All-City-3-1335x890

Do It Yourself!

2016年4月22日 Bicycle, BMX, other

やや旧聞となりますが、大阪は堺市大泉で開催された “Oizumi Pump Track Fighters” というイベントに行ってきました。

そもそも大泉緑地は古くからBMXレースコースを有していて、今年は全日本選手権もここで7月に開催されます。パンプトラックが設置されたスケートパークも、随分昔から有志が手作りでランプを設営し、市との協議も経て常設のパークとして現存しています。

12967289_1559451457687442_9126402871578991631_o
Ryohey Photography

イベントは朝早くから試走で沢山のライダーが並び、BMX、MTB、ランバイク、ピストまでセクションを楽しんでいました。後半は1on1でトーナメント。決勝は、共にCREDIT RACINGの吉村 樹希敢が増田優一を下して勝利。3位は個人的に期待を寄せていた浦上太郎。

12983308_1559452304354024_197280623504878844_o
Ryohey Photography

パンプトラック、というと土、または人工的な素材で作られたコブで構成されるセクションのこと。自転車ではあってもペダルを漕がずにブランコを漕ぐような要領で車体を前に進める競技なのです。僕らにとっては非常に基礎的な動きですが、ダートジャンプと比べると宙に浮くことがあまり無いので初心者でも安全に縦の動きを体験出来るのです。

あるいは玄人にとっても、いかに無駄なく自転車を前に進めることが出来るのか、実力がハッキリするコロッセオ。そんな奥深いトラックでバトルは開催されたのです。

https://www.instagram.com/p/BEARTCpu6Om/

特筆すべきは、この企画の趣旨。このパンプトラックをボーダレスに楽しんで貰おうということで、あらかじめ設定されたクラスも、BMXだったりMTBだったりごちゃ混ぜ。ランバイクのカテゴリーも用意されていました。そして日が近くなるごとに紹介される招待選手も、BMXレース、ダートジャンプ、パーク、ストリート、MTB DHなど。異種格闘技戦を楽しもう、というニュアンスを理解する為の準備がなされていました。

BMXとシクロクロスに跨ってみて、様々なジャンルの人たちがコミュニケーションを取るこういう企画がとても大好きになっていて、ぜひ次回も参加したいと思うのです。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=W_AnAHjVSpY[/youtube]
映像の撮影編集は、同じMXチームメイトのTaka。僕も少し登場しています。

2016年4月19日 Bicycle, BMX, other